トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » 患者様の声

内田 梨花様

タバタデンタルクリニック様
                           
私が初めてお世話になったのは、約8年前。
クリニックから歩いて数歩に引越して来て以来のこと・・・
スポーツ選手の方等が来られているという事は何となく知っていて、少し敷居が高く思いましたので、予約の時に「普通の虫歯でも良いですか?」ってお聞きしたことを覚えています。
数日後、快く迎えて頂きました。

結婚した頃、母が歯の治療をしっかりとしておきなさいと言われ治療した歯が20年を過ぎそろそろ傷み出し最近お世話になる事が多くなりました。

怖いもののBest5に歯医者さんが入るほどの私・・・
でも治療室の扉が開いてスタッフの方の笑顔を見た瞬間、何故だか心が軽くなる・・・
治療室に入るともう安心・・・
いつもお世話になっても変わらない空間があります。
その変わらなさは先生方やスタッフの皆さんの日々の努力があればこそだと思います。
努力が無ければ上質な空間を維持するのは難しいと思うのです。

最近の治療では昔に詰物をしていた歯が派手に欠け、何とか根本を残して治療する事が出来、ジルコニアのセラミックを被せて頂きました。
私の口の中で、美しく快適に輝いています。
綺麗に作って頂きありがとうございます~の気持ちは勿論のこと、なんだか大切なジュエリーを頂いた気分にもなりました。
今では、2本のセラミックの被せをして頂きましたが、昔の金の詰物が有るものの少しずつ口の中が美しくなっていくのが楽しみでもあり、大事にケアしなければと自分に言い聞かせています。

これから年を重ねて行くともっと色々な治療を必要とすることがあると思うのですが、お医者様ではあるけれど私はお気に入りの美容師さんがいるように、いつもお世話になっている楽しいネイリストさんがいるようにタバタデンタルクリニックさんともお付き合い出来れば良いなと思っています。

先生方やスタッフの皆さんに怖がりの私を変わらず迎えて頂けたら嬉しいです。

先日、いつも楽しそうにタバタさんに通う息子が小さな虫歯で治療に行った時のこと。
「藤井先生すごいよ!! 30秒で抜けた!! 全然痛くない!!」
そう言って少し頬を赤くしながら嬉しそうに帰って来ました。
「え!今日抜いたの!?」
大学生の息子の生えたての親知らずのお話。
初めての親知らず・・・親バカですが、真っすぐに素直に育った息子の親知らずはさぞかし素直に生えてたんだろうなぁ(笑)
実は私・・・親知らずの抜歯には苦い思い出しかなく・・・
レントゲンには真横に生えた最後の一本が埋まっていて、今か今かと出番を待っているのです。
そんなこんなで・・・私はまだ・・・タバタさんに行くのは・・・
「嬉しい!! 楽しい!! 大好き!! 」
まるでドリカムのようになるには少し時間がかかりそうですが、親子共々これからもよろしくお願いいたします。

今回、この様な機会を与えて下さりありがとうございました。
先生方、スタッフの皆様へ感謝と共にこれからの御繁栄をお祈り申し上げます。

I・M様49歳女性

いつもお世話になっております。
田畑院長先生始め、クリニックの皆様には感謝の気持ちでいっぱいで、この気持ちをどう表現すればいいかわからず、今になってしまいました。

「歯科難民」という言葉がありますが、私は正にそうでした。
この二十年余り、歯のトラブルが解決せず、何軒もの歯医者さんに通いました。
自分の思いが理解されなかったり、意思疎通がうまくいかなかったり、対応や処置に悩まされたり、逆ギレされて悲しかったこともありました。

「歯科難民」の人の中には、本来味方であるべき家族にも理解されず、孤独感に悩む人もいます。
私は、食べ物をまともに噛めないのが普通になっていましたし、私の歯は、どこの歯医者さんでも嫌がられていたので、不安でした。

自分の歯の状態、良い歯医者さんに巡り会う事の難しさに途方に暮れていた時、こちらのホームページに辿り着き、「これが最後」と、すがる思いで、カウンセリングに伺いました。
あちこちトラブルがあると、うまく伝えられないのですが、時間をゆっくり取り、カウンセリングの先生は、優しい笑顔で、私の話をじっくり聞いてくださいました。

受付の方々も、実に丁寧で、予約の際も、電話口で、私の話をしっかり聞いてくださいました。
受付の方も、しっかり勉強されているのだなと、心強く感じました。
そして、田畑院長先生が治療してくださる事になりました。
院長先生には、言葉で言い尽くせないほど感謝しております。
当初、左下4本を、義歯にしようか悩んでいましたが、院長先生のアドバイスもあり、インプラント手術をお願いすることにしました。
そして、上の歯11本を、ジルコニアオールセラミックの治療をしていただきました。

私は長年、口の中が悪い状態だったこともあり、段々と上の歯が、下の歯を覆い被さるように、出っ張ってきていましたし、特に前歯2本が大きく出っ歯で、コンプレックスでした。
また、そういう歯列だと、食べカスが詰まりやすく、外食も楽しめません。
しかし、院長先生が治療してくださると、本当に綺麗な歯列になり、驚いたことに、食べカスも詰まらなくなりました。
その場限りの、見た目だけでなく、長いスタンスで、口と歯の健康を考えての治療をされているのだなと感じました。

噛みあわせの機能面は勿論のこと、美しさも兼ね備えた、別人のような歯になりました。
技工士の小林先生も、本当にありがとうございました。
最初に、私の希望も聞いてくださり、仮歯の段階から、とても美しく、丁寧に作ってくださいました。
このような綺麗な歯列は、どこの歯医者さんでも無理だと言われてきました。
不安だったインプラント手術も、あっという間に終了したので、びっくりしました。

院長先生の、技術の素晴らしさには、驚くばかりなのです。
手術中も、先生方や衛生士の方々が、常にお声掛けくださり、励ましてくださいました。
本当に、心強く思いました。
そして、精密な機械の画像をもとに説明してくださり、安心できました。
以前、かかっていた歯医者さんでは、処置の際、いつも麻酔で眠っているので、目覚めてもうつろで、話もできませんでしたし、画像もあまり見せていただけなかったので、不安でした。

田畑院長先生は、上下の噛みあわせも入念にしてくださいます。
おかげさまで、二十年ぶりに、しっかり噛めるようになりました。
健康的な生活を送るのに、歯は本当に大切。
物を食べるだけでなく、力を入れたり、何をするにも歯が必要。
だから、歯のトラブルの不快感は、精神面にも影響すると思います。
思い切って、インプラントにしてよかったと思います。
それも、田畑院長先生だからこそよかったのだと思っています。

技術面、設備面、環境面、すべてにおいて、超一流のタバタデンタルクリニックさんですが、治療は勿論、嬉しかったのは、心のケアとでも申しましょうか。
院長先生は、どんな時も「大丈夫!大丈夫!」と、私の思いを大切に、優しく明るく接してくださり、私は何度も、その力強い安心感に救われました。
何軒もの歯医者さんの治療後の治療ですから、院長先生も、さぞ大変だったと思うのです。
でも、嫌な顔ひとつなさらず、「大丈夫!大丈夫!」と引き受けてくださいました。
そして、何か伝えたり、尋ねたりすると、決して軽くあしらったり嫌がったりせず、必ず真摯に話して、親身になって取り組んでくださいました。

院長先生だけでなく、他の先生方、技工士の先生方、篁チーフさん始め、歯科衛生士・歯科助手の方々、受付の方々...皆様、本当に素晴らしいです。
プロ意識のもと、常に優しく明るく接していただき、親身になってくださり...
いつも感謝感謝です。
おかげさまで、帰り道はいつも、ポジティブに、颯爽とした気持ちになっていました。
そして、個室で治療していただけるのも、安心でき、落ち着けて、助かりました。
何軒もの歯医者さんで、色々な思いをしてきた立場にとって、本当にありがたい配慮でした。
あらゆる面で、本当に感謝しております。

今、実家に帰ってきていますが、長年の私の歯の苦しみや経験を見守ってきた母は、私の歯を見て、びっくりしています。
「別人みたいに綺麗になったなあ。よかったなあ...」と、自分のことのように、喜んでくれています。

今、明るい気持ちでいられるのは、院長先生始め、タバタデンタルクリニックの皆様のおかげです。
ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

皆様、お忙しい毎日でしょうが、どうぞお疲れが出ませんように...

宝塚在住 馬場佐公子様

田畑院長 スタッフの皆様 

宝塚在住の馬場佐公子です。
この度は大変お世話になりありがとうございました。

知人の紹介でお世話になる事になりましたが、院内がとても清潔で気持ちがよく、
受付の方の優しく丁寧なご対応、篁先生のご親切なアドバイス、
その他関わって下さった衛生士の方などスタッフの皆様の対応が、
人によって変わる事無く、いつ伺っても同じ対応をして下さった事が大変心地よかったです。

そして何より院長の温かいお言葉と笑顔、そして情熱のお陰で
通常ならなるべく行きたくない歯科という場所にも
何の不安も心配も無く、電車を乗り継いで行く事の苦痛も感じずに
通院する事が出来ました。

治療の途中では、
私以上に先生方の方が真剣に取り組んで下さっているお気持ちが伝わって来て
本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
綺麗になっていく歯を見て、先生が喜んで下さる事が嬉しくなっていました♪

先生方のご尽力のお陰で、こんなに美しい歯にしていただき
院長のおっしゃった通り、自信が持てる様になれた気がしています。

個人的な事ですが、私は人の心を癒し、そしてその方が本来望む様な生き方へと導く
お仕事をしております(エッセンシャルオイル等を使用しながら)
その中で「自信がない」という言葉を多く耳にします。
様々な要因がありますが、その1つにコンプレックスを取り除くという事が
こんなに自分を好きになれて、自信が持てる様になる事なのだと、みなさんにも伝えて行きたいと思いました!

多大なるご尽力と、温かいお心遣いを

宮本裕之様

本日は、ご丁寧な診察ありがとうございました。
診察前のモニター説明からの流れも良く理解できて、なにより院長の丁寧かつ的確なご説明は、
すごいと思います。

具体的な事例をいろんな角度からご説明いただき、数々のご経験により自信に満ちあふれ、また患者の立場に立って考え、現状と将来を見据えて最良の治療法はこうですから、こうしましょうと自信をもってご提案いただき、さらに今後の将来も、いかようにも治療し対処できるという技術力と自信は、まさに一流だと思いました。

また、店舗内も美しいレイアウトで、最新の設備や個室治療室もあり、スタッフさんたちも一流の仕事場にいるという雰囲気を持っていて、すごいなと思います。
今後とも宜しくお願い致します。

芦屋市在住 89歳母の長女

私の母は、現在89歳で老人ホームに入居中です。
80歳前くらいの時、いろいろな歯の治療をあちこちでしたものの、結局うまくいかず悩んでいた時に田畑先生を紹介されました。

田畑先生に診断して頂いた結果、インプラント治療にするか?でなければ、その後そうなるであろう義歯にするか?どちらを選ぶかについて説明を受け、悩みました。
熟慮の末、インプラント治療を選択しました。(下部全体の治療)
母が高齢なので、田畑先生は、超スピード(1年弱)で歯茎の手術とインプラント治療を綺麗に仕上げてくださいました。
それ以後、母は、食事をするたびに喜んでおりました。

それ以降、田畑先生に定期的に検診をしていただいておりました。
ところが、母のかなり以前に治療した上部の歯7本のブリッジが外れそうになってきたのと同時に心臓に問題があることが判明しました。
そのため、芦屋市民病院内の山内歯科口腔外科を紹介されて、心臓への補助装置をつけながら、上部の歯の治療をしなければならなくなりました。

その時、田畑先生で治療していただいたインプラントに被せていた歯が外れていたため、田畑先生に連絡したところ、すぐに歯科技工士たちと共に来て下さり、外れた歯を作り直して、無償で治してくださいました。山内先生と田畑先生の連携治療により、母の歯は、本当に綺麗になりました。

美味しい物を自分の歯で食べられる幸せは、何物にも代えがたいものだと思います。
車や物の買い替えは出来ても、歯の買い替えは出来ない、心からそう思いました。
田畑先生に心から感謝しております。

森川友子様 翻訳家

田畑先生、美しい歯にして頂き、本当にありがとうございました。他の歯科医院では手に負えなかった前歯4本と、神経の無い、瀕死状態で放置されていた右八重歯、そして以前から気になっていた銀色の臼歯、と、わずか3ヶ月程の間に、全ての治療を丁寧にして下さり、最終的に、綺麗なセラミックの歯にして頂けたこと、心から感謝、感謝の思いでいっぱいです。

早くお礼を申し上げたかったのですが、白く透明な歯になった喜びがとても大きく、治療が終わった日は、「早速お出かけ!」とばかりにあちこち寄り道をしてしまい、お礼を申し上げるのが1日遅れになってしまいました。誠に申し訳ございません。

ちなみに、審美歯科で治療をして頂くのは今回が初めてでしたので、正直なところ、最初は恐る恐るの心境でおりましたが、笑顔で応対して下さった受付の方々や、副院長先生の丁寧なカウンセリング、綺麗でピッタリ(!)な歯を作って下さった歯科技工士さん、また、優しく気品を持って接して下さったアシスタントの方々、そして何より、患者の話に熱心に耳を傾け、最良のアドバイスを下さった院長先生の迅速な治療と、何もかもが一流で、感動の連続でした。

田畑先生のように、患者目線で話を聞いて下さる真摯な姿勢、そして患者側の無理とも思える希望でさえ極力叶えようと、最高の技術でもって迅速に治療を進めて下さる努力―――

このような、患者が歯科のお医者様に望むものを全て兼ね備えた先生は、日本中探しても、他にはいらっしゃらないのではないでしょうか。「田畑先生にお会いできて本当に良かった!」という思いと、「もっと早くに田畑先生に治療を受けたかった!」という思いと、今はそんな思いが重なった心境でいます。

田畑先生のところに伺う前は、歯のことで随分悩み、不眠気味にさえなっておりましたが、見事なほど美しい歯にして頂き、悩みも払拭され、これで毎日ゆっくり眠ることができそうです。噛み合わせも良くなったおかげで、お食事も美味しく頂けるようになりました。日々の生活のクオリティまで上がったと実感しています。定期管理にもしっかり通院させて頂きますので、今後も末永くメンテナンスをよろしくお願い致します。

長くなってしまいましたが・・・
心から、ありがとうございました!

アレックス・カブレラ様 プロ野球選手  

"I have a friend who is the number one dentist in my country.Dr.Tabata is the best dentist I have ever met and he is better than my friend.I am sure if Dr.Tabata comes to Venezuela and open dental clinic there,

he will have a long line of the patients who really want to have beautiful teeth."

-Alex Cabrera-

日本語訳:

僕は、自国に最高の腕をもつ歯医者の友人がいます。田畑先生はその友人を越えるほど、僕が出会った中で一番の歯医者の先生です。

田畑先生がもし僕の自国:ベネズエラで開業したら、彼は本当に美しい歯を求める患者にとって、ずっと信頼され慕われる先生になることは間違いありません。

広島県呉市 松葉秋水様 税理士

いつもお世話になっております。先月、親不知の抜歯でお世話になりました。別に痛みはなかったのですが、15年も前から抜いたほうが良いと言われ続けていた親不知を自分としては一大決心で抜くことにしました。

前述の通り、痛みもなく、日常生活にも全く支障はなかったのと、歯を抜くという恐怖感があって15年もずーっと抜かないで逃げていたのですが、ふとしたことがきっかけで今年の5月くらいから親不知が気になり始めた時に、以前母から『タバタデンタルクリニック』のことを聞いていたのを思い出して相談してみたところ、母も昨年、田畑院長に親不知の抜歯をしてもらっていたこともあり、母の強い勧めで田畑院長にお願いすることにしました。

それで、いよいよ覚悟を決めて、9月の下旬に予約を取って『タバタデンタルクリニック』を訪れました。田畑院長に診療していただいたところ、親不知の抜歯はやはりした方が良いとの診断を受け、私の場合、親不知は見事に4本あり、その中で一番気になっていた右下の歯は自分が思っていた以上に悪いらしく、口腔外科的処置で抜歯するという説明を受けてさらに恐怖感が増してしまいました。

自分では1本ずつ抜いていこうと思っていたのですが、上下2本一度に抜いたほうが効果的だということを田畑院長に説明してもらって、そうすることにしました。ただ、実際に抜歯するのは仕事と距離的な問題もあってまた日を改めてからということにしてもらいました。

抜歯を経験したことのある人からは「結構痛いよ」とか「なかなか血が止まらない」とか聞いていたので、抜歯するまでの約2週間はとても不安で抜歯前日はよく眠れませんでした。

そしていよいよ当日、予約時間の少し前に到着して覚悟を決めて扉を開けました。待合室で少し待ってると名前を呼ばれて中に入り、診察台に乗ってからは、ここまで来たらもう逃げられないし、ここからは逆に開き直ってあとはすべて田畑院長にお任せしようと思い治療に臨みました。

いざ、治療が始まると、痛みもほとんどなく、あんなにビビッてた自分が馬鹿らしく思えてきました。抜歯の前の麻酔注射も全く痛みもなく、田畑院長の迅速な治療と一流の技術に感動の連続でした。

さすがに麻酔が切れてからは少しは痛みましたが、翌日には血も止まってて、田畑院長にまったく
問題ありませんというお言葉を頂き、神戸での1泊2日の治療を無事終えて呉まで帰宅することができました。

お陰で歯も磨きやすくなり、もの凄く楽になりました。田畑院長には本当にお世話になり感謝しています。あと、私を担当してくださったチーフの篁さん、治療中いろいろと声をかけて気を使ってくださり有難う御座いました。他の先生、衛生士さんはじめスタッフのみなさんはいつも爽やかに声をかけて下さいますし、とても気持ちの良い丁寧な対応に感謝しています。

少し長くなってしまいましたが、本当に有難う御座いました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

北海道札幌 井戸恵子様

昨年の2月から、私は札幌のある歯医者さんに通い、インプラントの治療を受けておりました。知人からの紹介ということもあり、安心して通っておりました。(実際院長先生にはとても良くしていただき今でも感謝しております)

その後、順調に治療が進み、手術も進み、手術も無事に終わり、やっと仮歯が入るという時でした・・・。『はーい、井戸さん。とてもよくできていますよー。後で鏡を見てくださいネー』と先生・・・。『わかりました』と、私は急いで洗面所に入り自分の顔を鏡で見た途端、あまりのショックにその場に立ちすくんでしまいました。

なんと表現していいのか・・・分かりませんがとにかく"今までの自分の口元とは全く変わってしまっていた"ということでしょうか・・・。なんで?うそ?本当に?これが私なの?そう思いながら泣き出したい気持ちを必死に抑え自宅に帰ったのを今でも鮮明に覚えています。その後家族や友人に会うたび『私の口って、前と変わっていない?』と聞くと皆は何となく歯切れの悪い口調で『でも、仮歯だから仕方ないんじゃないの?』なんて言ってくれました。

でも、これは後で聞いた話ですが『はっきり言って、アヒルみたいな口だったよ!!』ですって!!(やっぱりね...。)そういう訳で私はどうしてもこの"アヒル口"を『何とかせにゃイカン!!』と思い、日本のどこかに必ずいるはずの"名医"を、自分の手で探しだす決心をしたのでございます。

そう決心してからの私の行動は自分でも関心するほど早く、なぜか、札幌や東京の歯医者さんではなく神戸のタバタデンタルクリニックの田畑院長先生に予約を入れていたのです。

えっ?なんで神戸なの?と思われるかもしれませんが...実は以前、私は、田畑院長先生が書かれた『今いる場所で、一流になれ』という本を読み、とても感動しておりました。こういう"志"の高い歯医者さんだったら必ず一流の仕事をなさる方に違いないと、自分なりに確信していたのです。

もちろん、札幌から神戸まで、月二回のペースといえ通うのは大変なことだと思います。でも、大きな不安を抱え、先の見通しもないままの私にとって、神戸の田畑院長先生は『最後の砦』だったのです。診療室で始めてお会いした先生は、とても若々しく品格のある素敵な方でした。

やがて、一通り私の話しを聞いた後で、先生はこう言って下さいました。『わかりました。まったく以前と同じというのは無理かもしれませんが、出来る限り井戸さんの納得いくようにやってみます。』と...。

その言葉を聞いた途端、今までこらえていた私の中の何かが音をたてて溢れだし、とめどなくながれ落ちる大粒の涙をとめることが出来ませんでした。『やっぱり神戸に来てよかった!!』としみじみ感じた瞬間でした。

あれから月日が流れ、もう4ヶ月が経とうとしております。今はどなたにお会いしても『とても綺麗な歯ですね』と言われるくらい見違えるような口元になり、まだ仮歯とはいえ、改めて、インプラントの素晴らしさを実感している毎日です。

"技工士の小林さん"

私には、もったいないくらいのとびっきりの輝く美しい仮歯を作ってくださり、本当に感謝しております。鏡を見るのがとても楽しいですよ。

"私を担当してくださったチーフの篁さん"

あなたが居てくださった、私は治療中、どんなに心強かったでしょう...。いつも温かく見守り、励ましてくださったこと、ずっと忘れません。

それからいつお会いしても礼儀正しく、明るく笑顔で接してくださった、スタッフの皆様、大変お世話になりました。

最後になりますが、

"田畑院長先生"

私はとてもラッキーだったと思っております。以前観た『幸せの力』という映画の中で主人公が幼い息子に言った言葉があります。"ほしいものは自分の手でつかみ取れ"と...。私は今、自分の手でこの幸せをつかみ取ることができました。でも、もし、そこに先生がいてくださらなかったら掴み取ることは出来なかったと思います...きっと...。

本当にありがとうございます。

奈良県桜井市 津田浩隆様(37) 歯科医師

5年ばかり前から食事中にたびたび左上の歯に違和感を覚えていました。しかし、日々の診療の忙しさにかまかけて、何ら処置を施さなかったのです。

そんな9月のある日の食事中、不意に口の中に異物感があり、ついにかぶせ物がはずれてしまったことを悟りました。もちろん私もプロですから、残った歯の状態は手に取るようにわかります。そう、抜歯です。
私はそれを確かめ、すぐに田畑先生のクリニックに連絡を入れました。

田畑院長先生との出会いは、田畑院長先生主催のインプラントセミナーでのことでした。その手技・手法に感銘を受けた私は、自分自身もこのインプラントを受けたい!!と思い立ったのです。

手術当日は10時前にクリニックに入り、12時過ぎにはクリニックを出ていたのです。局所麻酔のため手術を受けた実感はありませんが、手術中何度も声をかけていただき、『これだけのことなのに、本当に勇気付けられるものなんだな~』としみじみに感じた記憶があります。

麻酔がとれると口腔内を縫合された違和感がありましたが、傷が痛むこともなく楽な術後でした。

2日目からは私自身も診療へと戻り、日々の生活を取り戻したのです。

オペ前に説明を受けますので、手術から最終補綴(かぶせ物)までの経過を予測する事ができます。

かつてインプラントの手術といえばむずかしい、良くなるかどうかわからない、 手術後の長期の予後が保証されていない、というイメージでした。

ところが、今回受けたインプラント埋入術は田畑院長先生の低侵襲、 つまり傷はできるだけ小さく上皮や他の歯周組織を傷つけないように、というポリシーと最先端の設備により手術成績は安定し、術後も考えられないくらい楽でした。

医学は日進月歩ですが、私はこの時期に歯を喪失したことと、田畑院長先生に巡り会えたことが幸いであったと感じています。

神奈川県海老名市 某歯科医療機器・材料メーカー社長様(65)

私は、歯科医療材料を販売する会社で指揮をとり、長く製品開発・販売の道を歩んでおります。仕事柄全国の医療機関に数多く出入りし、そしていろんな分野の医療従事者の方と接する機会が多く、いい意味でも悪い意味でも日本医療の裏事情を知っているつもりです。

ですから、病気や怪我になっても(自分であっても、家族や知人であっても)安易な医療機関や治療法の選択ができません。 ある意味自分自身が納得した情報を得られなかったり、医師や歯科医師、看護師との充分なコミュニケーションが取れないと、不安でなりません。

そんな自分でありながら、15年以上噛み合わせ・歯の痛みに悩まされていました。

仕事などで過労気味になると、あまりの痛みに日常生活もままならない状態になるのです。

何度か専門的診療の機会がありましたが、いずれも根治策はおろか、起因の特定すら得られませんでした。その後、たまたま歯科某一流メーカーの社長さんがインプラントのカリスマ的存在である田畑先生とお知り合いということもあり、紹介していただいたのです。

田畑先生とのビジネス上のお付き合いの中で、先生のポリシーや卓越した術式が業者である自分であっても十分理解でき、"この先生なら"と自分の悩みを打ち明ける決心がつきました。

先生も、大変快くというか気軽に応じていただき、まずはパノラマX線・CT検査を行うことになりました。

一連の検査は程なく終わり、後は田畑先生による画像診断。診断の結果、痛みの原因や噛み合わせの問題の原因がはっきりとしました。(また、後から打ち明けていただきましたが、まさかこんなに状態が悪いとは思わなかったようです)。

この状態を根治的に改善するためにも、先生が多数手がけられている歯周外科手術も勧められました。今まで悩んでいた原因がクリアになったことと、反面このままでは総入れ歯の可能性があることが、ない混ぜになり、正直なところ多少なりとも精神的な混乱を来たしてしまいました。

でも、第三者的に考えれば、田畑先生に私のような症例を手掛けていただければ、生涯的に根治できると判断しました。それは、現在までに500を超えるまでの症例への対応と、他に類を見ないほどの術後成績が後押ししたのです。

そうは言ってもやはり、手術までの間、いかに田畑先生を信頼しているとはいえ、観血的なインプラント処置に対し大きな抵抗感があったのは事実です。

その間先生のインプラント手術を自分なりに客観分析をしました。その結果、

 ・ 歯周組織を最大限温存させる (周囲筋の機能に殆どダメージを与えない)
 ・ 術式そのものが極めて低侵襲であること
 ・ 術後の社会復帰が他の術式に比べ、極めて早期であること
  (これは勤め人にとって大きな問題です)

大きくこの3点が私を決断させたポイントでした。

手術当日はほんの1、2時間の間にすべての処置が終了いたしました。手術時間が短いということは、それだけでも肉体的なダメージが低減された証です。手術スタッフの熟練された技術に感謝するばかりです。手術の考え方(ただインプラントを埋入すればいいのではなく、長期に機能し、かつ見た目にも最大限配慮するというもの)、縫合、使用機材・材料(ここは私の専門ですのでよくわかります)についても特筆すべき点がありました。

また縫合も吸収糸による内部縫合をするまではごく一般的なのですが、上皮表層部も"痛々しい"感じがしません。知人によれば、口唇をめくりあげて見てもらっても傷がわからないそうです。うがった見方をすれば、知らない人がわたしの傷を見ても、"簡単な手術"としか感じさせないのです。

当人にとっては、長年のつらさから解放されるための"大手術"だったのですが、他でお悩みの方に申し訳ないぐらい目立たないのです。

治療期間中、田畑先生とゆっくりお話をさせていただく機会がありました。その中で感銘を受けたいくつかを紹介させていただきます。

私自身医療業界に接しているがゆえに感じるのが、医療の提供はいわゆる究極のサービス業だと思っておりました。

田畑先生も同感とのことです。しかしながらいくら設備や患者への接遇が良くても、根本たる医療技術のレベルが高くないことには見せかけのサービスになってしまいます。

技術的なところは、既に記させていただきましたが、総合的な癒し空間の提供に、こだわっていらっしゃいました。あらゆるところに医療サービスとして適切な配慮がなされていました。

それは、スタッフ、設備、物品、情報管理など、総合的なレベルを指します。もっと平たく言えば、大変心地よい通院環境だったのです。癒されて治るから、治癒なのです。

また、今回の術式に関しても、既に多くの歯科専門誌でいわゆるレシピが公開されているのです。
それらの文献をいくつか読む機会がありましたが、惜しげもなく"ノウハウ"たる部分をだしているのです。

でも、如何にレシピを公開し、関係者に伝承すれども本当の意味で伝わりきれないことに、 ジレンマを感じてらっしゃったようです。まさに職人の領域です。

幸運なことに、私は以上のような機会で手術を受けることができ、噛み合わせ・歯の痛みの問題を根治できたと確信しております。

是非先生のホームページをご活用頂き、1人でも多くの方が歯の悩みで一筋の光明を見出していただければ幸いです。

兵庫県芦屋市 猪子森明様(44) 北野病院 循環器科副部長

10年以上も前から、しばらく仕事を休まなければ根本的治療は難しいだろうと思っていました。ところが、その私の歯の悩みを、一日も仕事を休む必要なく解決して頂きました。

これも、田畑先生と、それをサポートされているスタッフの方々の高い技術のおかげだと感謝致しております。現在は家族そろってお世話になっている次第です。今後ともよろしくお願いします。

兵庫県加古郡 竹中芳子様

歯医者さんが怖い!!○○年間ずーっとそう思ってきました。避けてきました。『歯』という字を見るのも嫌でした。・・・なぜ?・・・心が傷ついていたからです。若いときに病気をしたせいもあるのでしょうか?20歳を過ぎるまでは虫歯もなかったのに...

「歯が悪い」これが私のコンプレックスでした。三十数年間いろんな歯医者さんに行きました。言われること?『悪いなー』『この次は抜かんとあかんなー』『痛い?我慢して!』『合わない(治療終わったとこと)?そんなはずないやろ!』等々...。

人間扱いされていないような(これは自分のコンプレックスがあるからよけいにそう感じるのでしょう)、先が見えないような真っ暗な気持ちになりました。『この先どうなってしまうのか』『40歳で前歯がなくなってしまったらどうするの?』という不安で眠れなかったり夢を見たりという毎日でした。

そのうち前歯が色素沈着をおこして、だんだん黒ずんできました。『ホワイトニングしたいけど、歯医者さんに行ったら前歯を抜かなければならないと思って行けませんでした。

ここ2・3年は口をあけて笑ったこともなく、話すときも口を開けないでいました。ところが、最近何人かの友人が見かねたのでしょう、「ホワイトニングしたら?」「その黒いのがなくなれば素敵になるのに!」「不潔感のある人とは仕事したくないって思われるよ!」と、きつ~い言葉。崖っぷちに立たされた私。どうしよう!!!!入れ歯か~!!

そのときに奇跡の出会いがありました。『求めよ!さらば与えられん』ですね!インターネットで本を買おうと思ったパソコンのブックサービスの一角にある本の紹介がありました。

田畑先生の書かれた『今いる場所で、一流になれ』です。帯には真っ白い歯で笑っている2人(田畑先生と新庄さん)の写真がありました。面白そうだなと思ってすぐ注文しました。

『信頼』『ゴールから考える(イメージして)』『相手を思いやる(喜ばせる)こと』『ありがとう』等々(ぜひ!ご一読をお勧めします)、読んでいくうちに、まず先生のファンになりました。すぐにインターネットでTABATA DENTAL CLINICを訪問し、技術的にも信頼できると確信しました。

そのまま(ドキドキしながら)予約しました。清水の舞台から飛び降りる気分(オーバー?)でした。すぐに医院のほうから連絡いただき、爆発しそうな心臓を抱えながらTABATA DENTAL CLINICのドアを押しました。

本当に『ありがとう』の飛び交う医院でした。皆さんが人間扱いしてくださることが嬉しいと思いました。問診も丁寧で安心しました。そのときの『うちの院長はすごいですよ。安心してください』の言葉通り、先生にお会いして『すべてお任せできる!!』と思ったのは言うまでもありません。

その日のうちに前歯のホワイトニング。嬉しくて嬉しくて。あまりの嬉しさに、その日からコーヒーをやめました(もうすぐ3ヶ月になります!)。歯茎もピンク色になりました。「次回までにゴールを考えた治療のプログラムを作ります。パーフェクトにします。一番いい治療法を考えます。」

絶対に怖いから嫌だと思ったインプラントにも挑戦しました。不安はありませんでした。『自分の歯が帰ってくるんだと思いました』。今、堂々と笑えます。自身を持って話せます。なにより相手に不快な思いをさせません。

毎回毎回がサプライズ!感動の連続です。この次はどうなるんだろう!?毎回わくわくします。だから今、『歯医者さんに行くのが楽しみ!?』なんです。

1・2345678910次のページ »


トップへ » 当院が選ばれる8つの理由 » 患者様の声


コールバック予約

PAGE TOP