トップへ » 院長あいさつ

患者様を、一生涯に渡ってサポートし続ける。それがTDCです

院長あいさつ

歯科治療だけでなく、どんなことでも、ゴールや目標を設定することは大切だと思います。

「治療の質を大事にしたい」「患者様に満足していただける治療を提供したい」と考えていた私は、「患者様を、一生涯に渡ってサポートし続ける歯科医院をつくる」という目標を掲げ、1999年に開院いたしました。

院長あいさつ

高い技術力。透明性のあるご説明
そして開院以来、「高い技術力」を提供することはもちろん、「オープンで透明性のあるご説明」や、「VIPの方でもご満足頂けるような接遇」で患者様を支え続けてきました。

「オープンで透明性のある説明」というのは嘘や偽りが無いという事です。つまり、私たち専門家が受けたい治療を、わかりやすく患者様に理解していただく事を大切に考えてきました。

これに関しては、多くの患者様に評価頂き、「自分の口の状態がよく分かった」「歯の大切さを身にしみて痛感するようになった」と言った声をいただくなど、患者様自身のデンタルIQ向上にも帰依できているように思います。

TDCの患者様の中には、「他の歯科医院で治療は困難だ」と断られた経験を持つ方が多くいらっしゃいます。TDCには、難しい症例であっても治療ができるだけの高い技術力と経験があります。

少し大げさかもしれませんが、我がTDCは、「当院で無理な治療は、どこの歯科医院でも無理」と言えるようなクオリティと高い技術力を目指しています。

時には治療をお断りをすることがあります
ただ最高レベルの治療を提供するために、ひとつだけお話をさせてください。当院でも、時には治療をお断りする事があります。

例えば、複数回に渡る無断キャンセルや自己健康管理が出来ない方、治療に対して非協力的な患者様です。治療を成功というゴールに導くには、患者様の協力が必要不可欠です。
ですので、当院の治療方針にご理解いただけない方は、時にお断りする事もございます。

日本全国から患者様が訪れます
こうした姿勢が少しずつ評価されて来たのでしょうか。今では日本全国から多くの患者様、時には海外からも来ていただけるようになり、楽しくやりがいを持って治療に専念できていることは、とてもありがたいことだと感謝しております。このような経緯もあり、2008年、青山に医療法人社団TDCルネス青山デンタルクリニックを開院いたしました。

「一流の思いやり」のある歯科医院

院長あいさつタバタデンタルクリニックには、経済界、スポーツ界、芸能界などの著名人も多数ご来院いただいています。そのため、各界の「一流の仕事人」の方々と接する機会も自然と多くなります。彼らに共通して感じる事は「思いやり」の精神です。

以前、ドイツ人の名医アクセル・キルッシュ氏の治療をご一緒させていただいたことがありました。その日の手術は朝から夕方までかかるほどの、歯科医師も患者様も体力・気力共に消耗するハードなものでした。私は彼の真剣な眼差しと息遣いに、終始圧倒をされながら治療を見学をしていました。

そして長時間にわたるハードな手術は終了。長い長い緊張がとけ、その張り詰めた緊張感から開放されたのか、患者様は涙を流してしまったのです。するとDr.キルッシュは、すかさずグローブをはずし、タオルを取り出して、患者様の涙をさっとぬぐいました。

通常、こうした治療後のことはスタッフが行う事が多いです。しかし、彼は治療を終えた手で、患者様を自ら、しかも、とても自然に気遣ってあげていたのです。そして、患者様を気づかって、我々に席をはずすよう促しました。

私は同じ歯科医師として、彼の高いプロ意識と思いやりの精神を目の当たりにし、即座に治療室を後にしました。

治療技術が一流なだけでは、一流の歯科医師にはなれない
当たり前ですが、治療技術が一流なだけでは、一流の歯科医師にはなれません。相手への温かい思いやりを持つ人が、一流の医師なのだと実感した出来事でした。

それ以来、私達もご来院いただける方の気持ちを考える「一流の思いやり」のある歯科医院であり続けようと考えています。

院長プロフィール

院長院長 田畑勝彦

<略歴>
平成 5年 神奈川歯科大学歯学部卒業
平成 5年 伊丹市上り口歯科医院 勤務
平成11年 タバタデンタルクリニック開院(平成17年~医療法人TDC)
平成17年 大阪歯科大学 歯学博士号 取得
平成21年 米国インディアナ大学歯学部(JIP-IU)客員講師
平成28年 米国インディアナ大学歯学部(JIP-IU)客員教授

<所属>
Japan(国内)
日本補綴学会
日本歯周病学会 
日本歯周外科学会
日本口腔インプラント学会

InternationalI(海外)
AAP (American Academy of Periodontology)
AO (Academy of osseointegration)
ICOI (International Congress of Oral Implantologists) 20015年現在

<資格>
Japan(国内)
日本補綴学会 指導医
日本歯周外科学会 評議委員
社団法人日本歯科先端技術研究所 指導医
厚生労働省指定歯科医師臨床研修指定診療所認定
大阪歯科大学 臨床講師(平成26年)

InternationalI(海外)
米国インディアナ大学歯学部 客員講師
ICOI Fellow (International Congress of Oral Implantologists)
カムログ社公認 インプラントインストラクター
Straumann承認:USAエレクセレントメンバー

<主な著書>
・インプラントジャーナル2004 - 16.17.18.19 (ゼニス出版)
・インプラント YEAR BOOK 2006 (クインテッセンス社出版)
・今いる場所で、一流になれ! (サンマーク出版)
・歯科医療2008冬号【特集】インプラントを成功させるエビデンス (第一歯科出版)


トップへ » 院長あいさつ


コールバック予約

PAGE TOP