2011年6月21日 « トップへ » 2012年6月28日

2012年6月25日

ジルコニアオールセラミックによる審美歯科治療

ジルコニアオールセラミック

以前は、虫歯などの治療には金属製の「銀歯」などを用いるのが一般的でした。 銀歯は保険適用範囲内で治療することができるため、現在でもほとんどの歯科医院で選ばれている治療法の1つです。

しかし、銀歯は口を開けたときにどうしても目立ってしまうことや、金属アレルギーのある人は使用できない、虫歯の再発率も高いなど大きなデメリットもあります。

そこで、金属を使用せず、金属と同等の強度をもつジルコニアを使用した「ジルコニアオールセラミック」による審美歯科治療をおすすめしています。

セラミックは丈夫な上に、本物の歯と見分けが付かない質感や美しい白さが特徴の素材です。周りの歯に合わせて微妙な色の調節もできるため、どんなに近くから見ても、人工物が入っているとは思えないほど美しい口腔内が実現します。

もちろん、噛み合わせなどの機能面も本物の歯と変わりません。

金属を使用したかぶせ物
金属を使用したかぶせ物
時間が経つと金属が露出し
境目が黒く見えている。
⇒ ジルコニアセラミックで修復
ジルコニアセラミックで修復
金属を一切使用しないため
明るく境目も黒くなる心配がない。

歯の美しさにこだわる人にこそ、ジルコニアオールセラミックを

ジルコニアオールセラミックは、外見の美しさや歯の美しさにこだわる人にこそ選んできいただきたい治療法です。

ジルコニアオールセラミック

ジルコニアオールセラミック

ジルコニアオールセラミック●天然の歯と変わらない自然な美しさ
●金属アレルギーの方でも安心

セラミックだけを使用したオールセラミックは自然な美しさを持ち、硬すぎて他の歯を傷つけることもない、 強さとしなやかさまでも兼ね備えた理想的な治療法のひとつです。

ジルコニアオールセラミックは、オールセラミックの中でも最新の素材であり、金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという利点もあります。

前歯の治療にも、奥歯の治療にも利用でき、お口の中の歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できます。

ラミネートベニア

ラミネートベニア●前歯の隙間を目立たなくできる
●歯の変色や着色がほとんどない

ラミネートベニアは、いわば歯の「付け爪」です。薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作ります。

もちろん、歯へのダメージは最小限で仕上がりもごく自然です。ホワイトニングと比較して、治療後の変色や着色もほとんどないのがメリットです。

・前歯1本のラミネートべニア
ラミネートベニア

・歯の色の悩みを改善した症例(上下16本のラミネートべニア)
ラミネートベニア

メタルボンド(従来の素材)

メタルボンド金属にセラミックを被せた「メタルボンド=メタルセラミック」と呼ばれる治療もあります。しかし、金属を含むために光を透過せず、透明感のない歯になってしまうことや、金属が溶けて歯茎が変色するという問題があります。

オールセラミックインレー

オールセラミックインレー●天然の歯と変わらない自然な美しさ
●金属アレルギーの方でも安心

強度に優れたセラミック「ジルコニア」で強度を補った「オールセラミック」によるインレーがオールセラミックインレーです。

インレーとはいわゆる歯の「詰め物」のことで、従来は強度を重視して金属が用いられていました。しかし、金属が抱える問題もまた多く、金属アレルギーによる健康被害に不安を感じる方も多く、目立ちやすいというデメリットがあります。

そういった問題点を解決する治療法が、オールセラミックインレーなのです。


2011年6月21日 « トップへ » 2012年6月28日


コールバック予約

PAGE TOP