«  2017年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年9月20日

親知らずの虫歯や歯ぐきの腫れのせいで苦労されている方も多いと思います。
またその親知らずのせいで手前の歯まで虫歯や歯周病が進んでしまうことがあります。
とくに親知らずがまっすぐ生えないで横向きに生えている場合は、親知らずと手前の歯に、汚れが溜まりやすく清掃状態も悪くなります。
手前の歯(第二大臼歯)まで抜歯しなくてはいけない状況になりかねません。

そこで親知らずの抜歯は少しでも早く行うことをお勧めします。「ベスト時期は17歳~25歳」です。

親知らずの生える時期は個人差がありますが17歳~21歳の頃に生えだし18歳~25歳で歯根が完成します。ベスト時期に抜くと、歯根が未完成だったり、骨が柔らかいため抜歯する時の負担が軽減できるのがメリットです。
また、若いうちに抜歯すると代謝が高く組織の再生が活発です。治りが早いという事です。

もちろん親知らずの形成が完了した25歳を過ぎても抜歯は可能です。抜歯するのはなかなか勇気がいることだと思います。しかし虫歯や歯周病になってからでは手遅れです。
強い痛みが出てからではすぐに抜歯することができません。なるべく早い決断をお願いします。

親知らずの痛みや抜歯に関してご気軽にご相談下さい。
http:/www.tdc.gr.jp/

2017年9月13日

理想の白い歯を手に入れるためホワイトニングに対し多くの関心が寄せられています。
その期待に応えホワイトニングも進化し続け、安全で優秀なシステムを確立しています。しかしそんなホワイトニングでも残念ながら効果が望めない場合があります。

1、着色の度合いが強い
一般的な歯の黄ばみは問題ないのですが、加齢による変色の度合いが高い場合は白くなるまでに時間がかかる場合があります。

2、歯の表面が凹凸や小さな傷のせいで滑らかではない。
3、歯の表面が部分的に白い(初期虫歯やエナメル質形成不全の歯)。
4、テトラサイクリン歯
5、神経がない歯
6、被せ物や詰め物が多い。

ホワイトニングは天然歯にのみに効果があります。
例えばレジンで補修してある前歯をホワイトニングした場合レジン部分は白くなりません。
そのため色の違いが目立ってしまう場合もあります。被せ物のような人工の歯には全く効果がありません。

お口の中は人によって違いますので、ホワイトニングの効果が望めるのかどうか?着色の度合いや口腔内を把握し患者様に合わせた最善の方法をアドバイスさせていただきます。

当院の紹介はこちら
http:/www.tdc.gr.jp/

2017年9月 6日

ホワイトニングで白くなった歯は、永久的なものではなく時間が経つと色が後戻りしてしまいます。しかしちょっとした努力でせっかく白くした歯を長持ちさせる方法があります。今回はアフターケアのコツを伝授します。

ホワイトニング直後は、エナメル質を覆っているタンパク質の保護膜(ぺリクル)が剝がれた状態です。一時的に剥がれたぺリクルは12時間から24時間で再生されます。それまでは、再着色を起こしやすいので厳重な注意が必要です。特に色素の強い飲食物や喫煙は避けましょう。

<ホワイトニング後に避けたい飲食物>
赤ワイン・ぶどう・ココア・ブルーベリー・コーヒー・お茶類・カレー・醤油・ケチャップ・ソース。
<ホワイトニング後おすすめの飲食物>
牛乳・白みそ・水・白ワイン・ごはん・パン・ホワイトソース料理・白身魚・大根などの白い食べ物や色の薄い食べ物。

歯の着色を防ぐために歯のコーティング剤やトリートメント剤の使用をおすすめします。とくに、歯と同じ成分ハイドロキシナノアパタイト配合の歯磨き粉。

ホームホワイトニングの併用により後戻りの期間を遅らせることができます。

ホワイトニング効果の持続は、歯質や食生活などによって個人差があります。ご自身にあった最善のアフターケア法を当院でも指導させていただきます。

当院の紹介はこちら
http:/www.tdc.gr.jp/

2017年8月30日

歯科医院で行うオフィスホワイトニングの種類はたくさんあり、ホワイトニングに使われる薬剤(過酸化水素)の濃度や特徴が違います。
今回はホワイトニング先進国アメリカで生まれたZoom(ズーム)という製品についてお話します。

Zoom(ズーム)は、メタルハライド(プラズマ光)をあてることにより、ホワイトニング剤を活性化させるのが特徴で、かなりのホワイトニング効果を期待できます。
1回の施術で3段階~6段階程度明るくすることが可能なため治療回数が少ないのがメリットです。(個人差もあり)。
メタルハライド(プラズマ光)による皮膚の損傷やメラニン色素の沈着の心配はありません。

<ホワイトニングシステム Zoom(ズーム)の治療の流れ>
1、お口の周りや歯肉を保護する器具や材料をセットし歯の表面に専用ジェルを塗る。
2、目を保護する特別なサングラスを装着。
3、メタルハライド(プラズマ光) を20分間照射してジェルをふき取る。
4、もう一度ジェルを塗布して光を20分間照射する。
5、もう一度繰り返す。(合計3回 60分間)
6、うがい後、歯の状態をチェックしフッ素塗布して終了。

<効果を持続するために>
Zoom(ズーム)ホワイトニングの効果を持続させるためには、治療後48時間のケアがポイントになってきます。
とくに食事には注意が必要です。カレー・チョコレート・コーヒー・お茶類・赤ワイン他色素の強い食べ物全般は避けましょう。

ホワイトニングの効果は永久ではありません。徐々に色が元に戻ってしまいますが、再着色を遅らすためにも定期的なメンテナンスが必要です。

ホワイトニングについてお悩みの方は当院へご気軽にご相談ください。

当院の紹介はこちら
/http:/www.tdc.gr.jp/

2017年8月23日

タバコの有害物質が体に悪影響を及ぼすことは有名ですが、お口の健康も奪っていくことはご存知でしょうか?タバコによる口腔内の悪影響についてお話します。

1、味覚感覚を麻痺する。
ニコチンやタールが味覚感覚を麻痺させ味の感覚を感じにくくします。そのせいで喫煙者は濃い味を好むのです。

2、ひどい口臭に。
喫煙者の口腔内は、歯磨きでは取れない独有な口臭があります。ニコチンが口腔内の血管を収縮し唾液量が減少します。唾液量が減少すると自浄作用が低下し口腔内の細菌が繁殖。その細菌が口臭の原因になるのです。

3、歯周病の進行。
タバコに含まれるニコチンのせいで、口腔内の細菌が増殖するため、歯を支えている周辺組織(歯ぐき・骨)を破壊する歯周病の進行を早めてしまいます。

4、口腔がんの危険性
口腔がんの中でも舌癌が最も多く、非喫煙者の6倍もリスクが高まると言われています。初期症状は口内炎のようなものなので、見落としがちですが放置すると身体中に転移している場合もあります。

5、歯の黄ばみの原因に。
タバコのヤニは、きれいな白い歯を黄ばんだ歯にしてしまいます。一度付着したヤニは歯ブラシでなかなか落とすのが難しいです。ヤニとり用の歯磨き粉を使用しても一時的に落とせる場合もありますがすぐに付着してしまいます。また、黄ばんだ歯はその人の印象を変えてしまいます。


健康面だけでなく美容面にまで影響を及ぼす喫煙。上記の中でお心当たりのある方はまず禁煙を決断してください。その後は歯科医院へご相談いただきお口の中の健康を取り戻していきましょう。

当院の紹介はこちら
/http:/www.tdc.gr.jp/

2017年8月16日

最近では、インプラント治療に多くの関心が寄せられています。
インプラント治療を実施している医院も増えてきています。安全で満足のいくインプラント治療を受けるためのポイントをお伝えします。

1.術前の十分な検査の実施
CT撮影により通常のレントゲンでは確認できない部分まで正確なデータを入手しインプラント手術のシュミレーションを行います。

2.歯科医院(ドクター)の経験や知識の豊富さと技術
ドクターの技術がインプラントの成功のカギを握るのは確かです。沢山の診療実績があり、患者様の口腔内に合わせたインプラントの説明を、納得いくまでしっかりとしてくれる、信頼のできるドクターに出会うのが重要です。

3.適切な衛生管理
インプラント手術において衛生管理は必須です。インプラントに細菌の感染があると術後のトラブルにつながるからです。治療器具の滅菌や院内感染対策をしっかり行っているか確認してみてください。

4.メンテナンス体制がしっかりしている
お口の中は常に変化しています。その変化によりインプランとに問題が起きないように定期的なメンテナンスがとても重要になります。
術後のメンテナンス体制が整っているかを確認するのもポイントです。

5.使用するインプラントは、シェアの高いものを。
各メーカー優秀な製品が開発されています。種類も100種類を超えメーカーによって特徴や機能が異なります。
専門的なことまで把握するのは難しいですが、シェアの高いものを使用することがポイントです。転勤や引っ越しなどの理由で他の医院に通わなくてはいけなくなった場合でも、対応がスムーズに行く可能性が高まります。

快適で安心のインプラント治療を受けるために、ご自身できちんと情報を入手し、実際に聞いて見て確認することがとても大切です。

当院でも高いインプラント実績を誇り、患者様に満足いただける治療を心がけております。

当院の紹介はこちら
/http:/www.tdc.gr.jp/

2017年8月 9日

せっかく埋め込んだインプラントを長い間、トラブルなく快適に使うためには、メンテナンスがとても重要です。歯科医院で行われるメンテナンス内容をお話します。

1.口腔内を見る
口腔内の清掃状態・歯肉の状態・インプラント動揺の有無・インプラント周辺の歯肉や不具合をチェックします。

2.かみ合わせのチェック。
かみ合わせのバランスが原因でインプラントのねじが緩んでしまうことがあります。お口の中は常に変化しているため定期的なチェックが必要です。

3.レントゲン撮影。
インプランと周囲の骨の状態や周囲の歯の歯石や虫歯の有無をチェックします。

4.ブラッシング指導
磨き残しがあると歯垢が溜まり、インプラントの周囲組織が細菌に感染するインプラント周囲炎を引き起こします。効果的なブラッシングができるようにご指導させていただきます。

5.PMTC(プロによる歯のクリーニング)
歯磨きでは落としきれない細かい部分のクリーニングを行います。汚れがひどい場合はインプラントの人工歯を外してクリーニングする場合もあります。

お口の中は常に変化しています。問題がないからとご自身で判断されるのはとても危険です。
メンテナンスの頻度は個人差によって異なりますが何年もほったらかしにならないように、大ごとになる前に必ずメンテナンスを受けるようにして下さい。

当院の紹介はこちら
/http:/www.tdc.gr.jp/

2017年8月 2日

インプラントは世界中で100種類以上存在します。
メーカーによって形状や構造も異なりそれぞれ特徴も違います。
今回は世界屈指の工業先進国ドイツで作り出されたカムログインプラントシステムについてご説明します。

インプラントは、人工歯根(フィクスチャー)と人工歯、その二つをつなぐアバットメントから成り立っています。しかし、時間の経過と嚙む力によってアバットメントに緩みがでるという難点がありました。
その緩みにより、人工歯が動揺したり、インプラントのパーツが破損したり、最悪の場合インプラントを撤去しなくてはいけないというトラブルに繋がっていたのです。

その問題を解決してくれたのが「カムログインプラントシステム」です。

カムログインプラントは、人工歯根(フィクスチャー)の内面とアバットメントの内面に3か所の凹凸を作り二つを一体化。
噛む力による緩みを防ぎインプラントを長持ちさせることができるようになりました。そのおかげでインプラント治療後のトラブルを防いでいます。

さらに、機能性・審美性にこだわるだけではなく術者(歯科医)の操作性・安全性にこだわったカムログインプラントは、治療時間の短縮やストレス軽減にもこだわっています。

当院はカムログインプラントシステムも採用しています。

当院の紹介はこちら
/http:/www.tdc.gr.jp/

2017年7月26日

口内炎とは、口の中の粘膜にできる炎症のことです。
ちょっと当たっただけでも痛いので食べ物を食べるときなど苦労しますよね?
通常では1・2週間で自然と治りますが、口内炎の原因を知って口内炎対策に心がけてください。

<口内炎の原因>
1.ストレスや疲れ、免疫力の低下
2.食べ物の火傷や矯正装置で粘膜を傷つけたり、補綴物が合ってないない。
3.入れ歯や口腔内が不潔なため。
4.ウイルスや細菌
5.金属アレルギーによるもの
6.唾液の減少
7.食生活の乱れによるビタミンB2不足

<口内炎の対処法>
1.イソジンや殺菌成分の入った洗口剤で口をゆすぎ、口腔内の清潔に。
2.塗り薬や貼り薬を使用。(薬局でも購入可能)
3.充分な睡眠と栄養をとって体調を整える。
4.歯科医院に受診。

2週間以上口内炎が治らなかったり、口内炎が繰り返しできるようであれば歯科医院への受診をおすすめします。
全身的な病気が引き金になって口内炎になることもありますが、規則正しい生活・栄養バランスのとれた食生活・清潔な口腔内を保つことが口内炎の予防になります。

当院では炭酸ガスレーザーによる口内炎治療も行っております。

当院の紹介はこちら
/http:/www.tdc.gr.jp/

2017年7月19日

虫歯の治療も嫌だけど、スケーリング(歯石除去)も痛いし怖いしで先延ばしにしている方が多いと思います。
しかし歯周病予防のために定期的に歯石をとることはとても重要です。そこで少しでも痛みを和げる方法をお伝えします。


1.毎日のブラッシングをしっかりと。
歯石が付着しているところはブラッシングが不十分のところです。
歯石が多く付着していると歯ぐきが腫れて歯ブラシが当たっただけでも痛みを伴います。特に下の前歯の裏側。

2.歯石を溜めない。
時間が経った歯石は歯面に固くこびりつき機械でも落とすのに時間がかかります。当然痛みも伴い患者様に負担がかかってしまいます。
個人差がありますが3か月~6か月に1回定期的に除去することをおすすめいたします。

3.リラックスして力を抜く。
緊張して力が入ってしまうとどうしても除去する側も力が入ってしまいます。

4.スケーリングをする歯科医師や歯科衛生士に相談してみる。
痛みの感じ方は人によって違います。不安な気持ちが少しでも和らぐよう遠慮なくご相談下さい。患者様との信頼関係も大事です。

5.麻酔の使用。
あまりに痛みがひどい場合は麻酔を使用する場合もあります。


歯石は一度除去してもまた付着します。歯石がつきにくくるなるための正しいブラッシングと定期的なスケーリングが歯周病予防につながります。
そのためにも信頼のおける歯科医院で定期的なメンテナンスをしてもらいましょう。
当院では、担当制で、患者様のお口の管理を一人の歯科衛生士が担当させていただきます。歯周病でお悩みの方は安心してご相談ください。

当院の紹介はこちら
/http:/www.tdc.gr.jp/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/