«  2018年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年4月25日

歯周病と煙草は深い関わりがあります。煙草が歯ぐきに及ぼす悪影響は大きく「煙草を吸っている限り、歯周病は治らない」と言われるほどです。
煙草は、歯ぐきにどんな悪影響があるのか、詳しく説明したいと思います。

1. ニコチンの血管収縮作用
煙草に含まれるニコチンの血管収縮作用で、歯ぐきに栄養が行き渡りにくくなり、歯ぐきの老廃物は除去されにくくなります。
また、歯周病が進行していても、歯ぐきの腫れや出血が見た目上抑えられるため、患者さん自身が歯周病に気がつきにくくなります。
気がついた時には、手遅れになるほど歯周病が進行している場合もあります。

2. 白血球機能の抑制
喫煙により、白血球の防御機能が抑制され、歯周病菌が繁殖しやすくなります。
また傷を治そうとする細胞の働きも抑えてしまうため、治療を受けても、歯周病が治りにくくなります。

3. 歯ぐきの繊維化
歯ぐきが硬く繊維化し、厚く硬く深い歯周ポケットを形成します。
出血しにくいため、歯ぐきの炎症に気がつきにくいだけでなく、歯ぐきが治りにくくなります。

4. ヤニの付着で汚れが付きやすくなる
喫煙により歯の表面にヤニが付着すると、ザラザラとして汚れが付きやすくなります。

このように、煙草の歯ぐきに対する悪影響は大きく、煙草は歯周病の最大の危険因子なのです。
歯周病から歯を守るために、喫煙習慣がある方は、禁煙を検討してみてはいかがでしょうか。禁煙は遅すぎる事はありません。今からでも禁煙を始めれば、歯周病のリスクは徐々に低下していきます。

当院では、歯周病治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.tdc.gr.jp/0525periodontitis/

2018年4月18日

いつの間にか、口で呼吸をする「口呼吸」になっている事はありませんか?
本来、人間は鼻で呼吸をするのが、自然な呼吸法です。
それが、風邪や鼻炎などがきっかけで、いつの間にか「口呼吸」が癖になってしまう事があります。

「口呼吸」は、お口の中や身体に様々な悪影響がありますので、鼻呼吸なるように改善していくのが望ましいです。

<口呼吸による悪影響>
・ 虫歯や歯周病のリスクが高まる
口の中が乾燥し、虫歯菌や歯周病菌が繁殖しやすくなります。そのため、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

・ 口臭が強くなる
お口の中の細菌が増殖するのに伴い、口臭が強くなります。

・ 歯並びが悪くなる
口が開けたままになっていると、唇が歯を内側に押し込む力が弱くなり、歯が前方に出るような歯並びになりやすくなります。

・ いびきや睡眠障害の原因になる
口呼吸は、口を開ける事により、上気道の喉の部分が狭くなり、いびきを引き起こします。また睡眠障害にもつながります。

・ 風邪などのウイルスが身体に入りやすくなる
口呼吸では、風邪などのウイルスが直接体内に侵入しやすくなります。そのため、口呼吸がある人は、風邪を引きやすい傾向にあります。

このように、お口の中だけでなく身体の健康にとっても、様々な悪影響があります。口呼吸が癖になっている方は、鼻呼吸に戻していけるようにしたいものです。歯科的な問題があり、口呼吸になっている場合もありますので、ご相談ください。

当院では、一般歯科治療、様々なお口に関わる相談をお受けしています。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp/

2018年4月11日

毎日使う歯ブラシは、どのように選んでいますか?

実は、どのような歯ブラシを選択するのかという事は、歯みがきを効率良く行い、汚れをきちんと除去するために、とても大切です。
せっかく丁寧に歯みがきを行っていても、適切な歯ブラシを使用できていなければ、汚れが取れず、意味がありません。では、適切な歯ブラシとはどんな歯ブラシなのでしょうか?

歯やお口の形態、歯並びは、人それぞれ違います。ですから、人それぞれ"合った歯ブラシ"があります。
自分に合った歯ブラシを知るためには、一度ブラッシング指導を受けていただくのがおすすめです。歯ブラシ選びの「基本」は次のようになります。

1. ヘッドが小さいもの
ヘッド(ブラシの毛が植えてある頭の部分)が、小さめのものを選びましょう。
特に大人の男性の方は、大きいサイズの歯ブラシを選びがちですが、お口の中は大人の男性でも狭くて複雑な形をしています。小さめのサイズのものを選びましょう。

2. 毛の並び方が真っすぐのもの
毛の並び方が、山切りカットやギザギザカットになっているものも市販されていますが、真っすぐに並んだタイプのものが扱いやすいです。

3. 柄はストレートタイプのもの
歯ブラシの柄(持ち手)は、ストレートのものが良いでしょう。カーブしているものや、持ちやすさをうたった製品もありますが、ストレートのものの方が、力加減の調整がしやすくなります。

以上の3つが基本のポイントです。これらのポイントを抑えつつ、自分に合う歯ブラシを使用するようにしましょう。

当院では、歯みがき方法の指導など、予防歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.tdc.gr.jp/

2018年4月 4日

「初期虫歯」という言葉を聞いた事がありますか?
「初期虫歯」とは、虫歯の初期段階で、まだ歯に穴があいていない状態を指します。歯科では「CO(シーオー)」と言われます。
穴はあいていませんが、歯質の内部のミネラルが溶け出してしまっている状態です。

虫歯は、一度穴があいてしまうと元には戻りません。虫歯部分の歯を削り、人工物を詰めるなどの治療をしなくてはなりません。

初期虫歯の段階で、気がつく事ができれば、虫歯が進行しないように適切なケアを行い、穴があくのを予防する事ができます。
しかし、初期虫歯は、痛みなどの自覚症状が無いため、見逃しやすいのが特徴です。

虫歯というと黒色や茶色をイメージすると思いますが、初期虫歯は違います。歯が白濁したり、黄色っぽく見えるようになります。
自分でチェックする場合には、唾液をガーゼなどで拭ってから、鏡で見ると良いです。
細かい部分までは、自分でチェックするのは難しいですので、定期検診で歯科医師にきちんと確認してもらうのが良いでしょう。

初期虫歯は、フッ素の再石灰化作用によって、修復も期待できます。初期虫歯に早めに気がつき、フッ素を利用して、虫歯から歯を守りましょう。

当院では、虫歯治療等の一般歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.tdc.gr.jp/

2018年3月28日

歯科医院で行う歯のクリーニングで「PMTC」というクリーニングがあります。
今日は「PMTC」について詳しく説明していきましょう。

「PMTC」とは、プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニングの略で、歯科衛生士が、専用の器具/機械を使って行う専門的なクリーニングのことを指します。

毎日の歯みがきでは、落とす事のできない汚れを取り除く事ができます。

歯の表面に付着した歯垢(プラーク)は、様々な細菌が複雑にからみあっており、毎日の歯みがきでは、きれいに取り除く事ができません。
自分だけで歯みがきをした場合には、全体の7割〜8割程度の汚れしか取れていないそうです。

PMTCを受けていただく事で、お口の中の汚れを隅々まで取り除き、更に表面がつるつるになるので、汚れが付きにくくなります。
コーヒーやお茶、タバコなどで付着する着色汚れ(ステイン)も同時に除去する事ができ、見た目も美しくなります。
PMTCは、シリコンのチップや、ブラシのチップを使って行われます。痛みを感じる事はありません。リラックスして受けていただけます。

みがき残しを放っておくと、虫歯や歯周病、口臭の原因となります。定期的にPMTCを受けていただく事で、虫歯や歯周病、口臭の予防になります。合わせて定期検診で虫歯や歯周病のチェックを行うと良いでしょう。

当院では、予防歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp/0550cleaning/

2018年3月21日

「歯みがき」は毎日行っていますか?
歯の健康を守るために「歯みがき」はとても大切です。では、「舌みがき」はした事がありますか?
「舌みがき」をする事で、舌の表面に付着する白い「舌苔(ぜったい)」などの汚れを除去する事ができます。

適切に「舌みがき」をする事で、お口の中は清潔になり、口臭の予防になります。しかし、やりすぎてしまうと、舌の表面を傷つけたり、味覚障害を起こすなど、悪影響がでる事があるので、注意が必要です。

今日は、上手に「舌みがき」するためのポイントを3つ紹介したいと思います。

1. 専用の舌クリーナーを使う
できるだけ、舌みがき専用の舌クリーナーを使うようにしましょう。
薬局などで市販されています。歯ブラシでも代用はできますが、歯ブラシの毛が固い場合など、舌の表面を傷つける可能性があるので、十分に注意が必要です。

2. 舌クリーナーは軽くあてる
強い力であてると、舌の表面を傷つけてしまいます。
みがきすぎると、舌の表面の上皮が剥がれ、より汚れが付きやすくなってしまう事があります。
舌クリーナーを舌にあてる時は、軽い力であてて、奥から手前へと軽く撫でるようにして汚れをとりましょう。

3. 1日1回朝行うのが効果的
舌みがきのやり過ぎは禁物です。1日1回で十分です。一度みがいただけでは、舌の表面の白い汚れ(舌苔)が取りきれない事がありますが、無理に全部取ろうとしなくて大丈夫です。
やる時間は、舌の汚れが一番多く付着している朝の歯みがきと一緒にやるのがおすすめです。

当院では、お口の清掃方法の指導など、予防歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.tdc.gr.jp/

2018年3月14日

当院でも行っている歯を白く美しくする「ホワイトニング治療」。
ホワイトニング治療には、「歯科医院で行うオフィスホワイトニング」、「患者様に自宅で行っていただくホームホワイトニング」があります。
それぞれの違い・特徴について説明していきましょう。

<オフィスホワイトニングの特徴>
歯科医院で、直接歯にホワイトニング剤を塗って、特殊な光を照射して、歯を白くする方法です。短時間で歯を白くする事ができます。
オフィスホワイトニングには、様々なホワイトニングシステムがあり、薬剤や照射用ライトなどに違いがあります。
使用するシステムによって効果の程度は異なりますが、1日の施術である程度の効果が見込めます。
時間の経過と共に、色戻りが起こりますが、ホームホワイトニングと組み合わせる事で、持続的に白さを維持する事ができます。

<ホームホワイトニングの特徴>
自宅でマウスピースを装着して、歯を白くする方法です。歯科医院で、自分専用のマウスピースを作成した後、自宅でマウスピースにホワイトニング剤を注入して、1日数時間、数日間(およそ2週間)にわたって、装着するものです。
オフィスホワイトニングと比較して、薬剤の濃度が低く、効果の現われ方がゆっくりという特徴があります。
ある程度、白くするまでに、最低2週間かかります。効果の現われ方はゆっくりですが、色戻りが起こりにくいのがメリットです。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、それぞれに特徴があります。
歯科医院に相談の上、自分に合った方法で、ホワイトニングを行うのが良いでしょう。

当院では、ホワイトニングなどの審美歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.tdc.gr.jp/0520whitening/

2018年3月 7日

歯に茶色い着色が付いてしまうと、見た目がとても気になりますよね。
前歯に着色が付くと、笑った時などに目立ってしまいます。
喫煙者の歯に付く着色を「タバコのヤニ」と言いますが、着色の原因はタバコのヤニに限った事ではありません。
コーヒーやお茶類、その他皆さんが日頃から口にする様々な飲食物が着色の原因となります。
着色の原因を細かく解説していきましょう。

<着色の原因となる飲食物>
・ コーヒーやお茶類
・ カレー、ミートソースなど色の濃い食べ物
・ 醤油、ソース、ケチャップなどの調味料
・ ぶどう、ブルーベリー、赤ワインなど

<着色補助食品>
飲食物自体が着色の原因になりませんが、摂取すると、歯の表面のミネラルが溶かされ、着色しやすくなります。"着色を助ける働きをする"飲食物を「着色補助食品」といいます。
・ 炭酸飲料
・ アルコール類
・ スポーツドリンク
・ 柑橘系の飲食物
・ クエン酸、お酢

<着色の原因となる生活習慣>
・ 喫煙
・ 色の付いた洗口液の使用(イソジン等)

このように、普段口にする事が多い調味料なども着色の原因となる事がわかります。
ただし、同じ物を食べても、歯の質によって"着色のしやすさ"には個人差があります。

当院では、審美歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.tdc.gr.jp/0550cleaning/

2018年2月28日

最近では美しい口元を追及する方が増え審美歯科の関心が高まっています。
現在の審美治療の技術は高く作り出された歯は天然歯と変わらないほど優れています。
見た目の美しさだけでなく持続性や機能性にまでこだわった治療が行われています。

審美治療に追求する一つ「美しい白い歯」。白の種類には16種類以上もあると言われています。一人ひとり歯の色は違いますし、同じ口腔内でも歯の色はそれぞれ違います。
自分に合った理想の白い歯を選択するのも至難の業です。

食習慣によっても影響がありますし、治療をした歯の修復物によっても色が変わります。保険治療の場合は使用できる材料が限られているため、患者様にぴったりの色を選択できずご満足頂けないのが現状です。
時間が経つと変色してしまうのも材質上限界があるからです。

しかし審美治療は、自由診療の範囲になるので色や耐久性にこだわり患者様のご要望に合った色の選択も可能になります。
最近では正確に色の測定をしてくれる撮影装置を使用している医院もあります。治療後仕上がった歯の色に不快感を感じることは絶対にありません。

当院でもクリスタルアイという撮影装置を使って正確な色の測定が可能です。歯の色や形にお悩みをお持ちの方はご気軽にご相談ください。

当院の紹介はこちら
http://www.tdc.gr.jp/

2018年2月21日

有害な成分がないと言われている電子タバコ。健康による害が軽減されると言われています。
では口腔内の影響はどうなのでしょうか?

従来のタバコは、タバコに含まれるニコチンやタールなどの有害な物質の影響で、歯の黄ばみやヤニ、口臭や歯周病の原因になっていました。
しかし電子タバコの場合、この有害物質が含まれないためヤニが付着しないのです。

タバコの有害物質による口臭や歯周病の心配もありません。

電子タバコに替えてから歯周病のような症状(歯や歯ぐきに違和感)を感じる方がおられます。これも電子タバコには有害物質のタールが含まれていないせいなのです。
タバコに含まれるタールは、口腔内を麻痺状態にします。タールの麻痺で、痛みを感じにくくなっていた状態だったのです。
ですので違和感があれば早めに歯科医院に受診してください。電子タバコのせいではありません。本来の状態に戻っただけなのです。

電子タバコに替えても、以前タバコを吸われていた方はまだ頑固な黄ばみが付着してお悩みの方はぜひ歯科医院で歯のクリーニングをおすすめします。
専用の機械とプロの技術により黄ばみがきれいになります。

当院では専用の機会を使って歯磨きでは取りにくい歯のクリーニングを行っております。ご気軽にご相談ください。

当院の紹介はこちら
http://www.tdc.gr.jp/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/