«  2020年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2020年9月16日

虫歯の治療は、基本的に歯を削ります。
そのため、削った跡を何らかの方法で埋めなければいけません。
感染箇所が大きい場合や細菌が神経にまで達している場合は、歯に大きな穴が開いたり半分程度しか残らなかったりする場合もあるでしょう。

そういった欠損した歯を補うのが補綴と呼ばれる治療です。
これらは保険適用内であれば、樹脂や金属が使われます。一般的に銀歯と呼ばれるモノがそれです。

しかし銀歯では強度や耐用年数がそれほど長くありません。
なにより、銀歯は治療したことがすぐに分かる状態になっていますし、樹脂でも着色汚れなどで見た目があまりよくありません。
そのための選択肢の1つとしてあるのが、審美歯科治療なのです。
審美歯科治療は保険適用外になってしまうことがほとんどですが、セラミックなどの高機能な材質を使って補綴治療を行うことで、機能性と審美性の両方を兼ね備えた治療を行うことができます。
一般的に耐用年数も長いことから、患者様の負担も小さくなることが少なくありません。

特に前歯の治療の場合は、治療跡がとてもよく見えてしまいますので、虫歯は治ったが人前で口を開けることができずに生活の質が下がるようなことも少なくありません。
そんな場合は、審美歯科治療を選択していただくことで、患者様のお口の機能だけではなく生活の質という点も考慮した治療を行うことができるでしょう。

当院では、一般歯科治療だけではなく審美歯科治療も行っております。ご不明点がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年9月 9日

一般的にお子様は虫歯になりやすいものです。
その理由は乳歯そのものが弱いということもありますが、食事をだらだらとしてしまったり、甘いものを多く食べたり、なにより歯みがきがきちんとできないということです。

そのため、お子様の虫歯予防には定期的な歯科検診をおすすめします。

定期的に検診していただくと、虫歯の早期発見早期治療ができます。
早期治療は痛みもなく1度で終わることがほとんどなので、お子様が虫歯で苦しむことがなくなるでしょう。

また、うまく歯みがきができていない部分のクリーニングを行ってお口の中をきれいにし、虫歯を予防できます。

歯みがき指導を受ければ、歯みがきでのみがき残しが少なくすることができるでしょう。
そうすれば、虫歯のリスクを小さくできます。

それに加えて、「痛くない」歯医者さんを何度も経験することで、お子様が歯医者嫌いになってしまうことを防ぎ、予防歯科についての知識を身につけることができます。
この点はとても大きなポイントなんです。
日頃からお口の健康を心がける習慣ができれば、大人になっても虫歯や歯周病で苦しむ可能性が低くなります。

お子様のお口の健康を考えるのであれば、ぜひ定期歯科検診をご検討ください。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年9月 2日

歯科矯正治療は、歯並びを良くして見た目やかみ合わせなどのお口の機能を改善させる治療です。

ただし、歯科矯正治療では歯に矯正器具を付けたままで長い間生活していただく必要があります。
また、じつは歯科矯正治療によってそれまで気にならなかった口臭が気になりはじめることがあるのです。

口臭の原因の1つは、矯正器具です。
歯科矯正治療に使用する矯正器具は複雑な形をしており、矯正する歯にしっかりと接着されています。
そのため、いままできちんと歯みがきができていた人でも、うまくみがけなくなってしまうことがあるのです。

また、矯正器具のせいで口が少し開いた状態になって口の中が乾燥してしまう場合もあります。お口が乾燥すると唾液による洗浄や殺菌の効果が薄れてしまいます。

つまり、矯正器具を付けていることでお口の中で細菌が増えやすい環境になってしまっているわけです。

この状態は、虫歯や歯周病になりやすくなっている状態でもありますので、気がついたらすぐに対処しなければいけません。

歯みがきの回数を増やしたり、より丁寧にみがいたりするだけでなく、歯科医で定期的にクリーニングを行うのも良いでしょう。
また、食事中の咀嚼回数を意識的に増やしたり、うがいなどでお口の乾燥を防いだりするのも効果的です。

なにより、まずは歯科医へご相談ください。症状に合わせて適切な処置を施してもらえます。

当院では、歯科矯正だけでなく一般歯科診療も行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年8月26日

歯は人間の中でもっとも硬い組織だと言われています。しかしそんな歯も、滅多にないことですが欠けてしまうことがあります。
そうなったとき慌ててしまわないように、原因と対処法を簡単に紹介しておきましょう。

歯が欠ける原因には、虫歯や酸蝕歯といったお口の中が原因のものと、歯ぎしりや打撲といった外からの力によるものがあります。

どちらの場合でも、歯が欠けてしまったら次の点に注意してできる限り早めに歯科医を受診するようにしてください。

・痛みがある場合は鎮痛剤を
打撲の場合は特に神経まで損傷していることがあります。
歯の神経への刺激は非常に辛いもので、簡単に回復するものではありません。
我慢せずに市販の鎮痛剤を飲んでおくようにしてください。

・欠片があれば保管しておく
可能性は高くありませんが、欠けた箇所や欠け方によっては破片を使って処置できる場合があります。
「口に含む」「生理食塩水に漬ける」「牛乳に漬ける」といった方法で欠片を保管し、歯科医へ持参してください。

・歯が欠けたところは触らないこと
歯が欠けた部分は違和感があることから舌や指で触ってしまいがちですが、決して触らないようにしてください。
欠けた箇所が鋭利になっていて舌を傷つけてしまうこともありますし、歯の根が脱臼したような状態になっている場合は症状を悪化させてしまう恐れがあるんです。

当院では、一般歯科診療だけではなく審美歯科治療も行っております。ご不明点がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年8月19日

根管治療というのは、歯の根の奥まで虫歯菌や歯周病菌が入り込んでしまった場合に行う治療です。
一般的に「神経を抜く」と言われる治療のことで、多くの歯科医院で実施されています。
歯の神経が収まっている歯随という部分を取り除いてしまいますが、その中には歯に栄養や排泄物を運ぶ血管も含まれているため、根管治療を行うと歯は失活歯と呼ばれる最低限の活性しか持たない状態になります。(死んでいる状態ではありません)

根管治療は自分の歯を温存することができますので、入れ歯やインプラントのお世話になることなくいままでと同じような生活ができる治療と言えます。
しかし、栄養が届かなくなり排泄物を排出できなくなった歯は変色してしまうことも少なくありません。

そんなときは、ホワイトニングによって健康な歯と同じような白さを取り戻すことができますのでご安心ください。
特に、失活歯の場合は「ウォーキングブリーチ」と呼ばれる方法を採ることでより効果的に白くすることができます。

ウォーキングブリーチというのは通常のホワイトニングのように外側から薬剤を塗布するのではなく、歯の中に薬剤を詰めるため高濃度の薬剤を長期間使用することができ、効果が高く自然な白さを得ることができると言われているのです。
神経があれば痛くて使えないような濃度の薬でも痛みを感じることなく、かつ歯の中にすでに開いている穴に薬剤を詰めますので、歯を削った胃する必要もありません。
より自然な白さを取り戻すのには良い方法だと言えるでしょう。

ただし、治療して塞いでいる穴を再度開くことになりますので、再感染のリスクがあります。歯が白くなったのはいいが、虫歯や歯周病が再発してしまっては意味がありません。

ウォーキングブリーチについては、そんなリスクについてもきちんと説明してくれる歯科医で受診することをおすすめします。

当院では、審美歯科治療を行っております。気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年8月12日

日本時の多くの人が気にしているお口の症状に「口臭」があります。

口臭は精神的なものもありますが、それを除けば大きく3つの原因に分かれるのです。
これらの原因を知ることができれば、対処することもできるようになるでしょう。

口臭の3つの原因は「生理的原因」「お口の病気」「全身の病気」です。
それぞれ、もう少し詳細に紹介していきましょう。

1.生理的原因
生理的な原因の口臭は、生活パターンに合わせて歯みがきや洗口剤を使用するなど、随時対処することで防ぐことができます。
その主なものは、「加齢」「起床時」「空腹時」「月経時」「緊張時」などがあります。

2.お口の病気
お口の病気が原因であれば、適切な治療を行うことで口臭を改善できるでしょう。
その主なものは、「虫歯」「被せ物が合っていないかずれている」「歯周病」「歯みがき不足で歯垢や歯石が溜まっている」などがあります。歯科医へ相談すれば適切に対処してもらえます。

3.全身の病気
上記2つに当てはまらない場合に疑われる原因です。
主なものに「消化器官の病気」「鼻の病気」「呼吸器疾患」「糖尿病」「肝臓病」などがありますが、これらの場合は歯科医ではなくそれらの専門医にかからなければ逝けません。
もちろん、最初は歯科医で診断しなければ分かりませんが、持病を持っている人の場合はそちらのかかりつけ医に相談してみるのも良いでしょう。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2020年8月 5日

歯並びを整えて審美性を高める歯科矯正治療は、治療に時間とお金がかかってしまうこともあって、治療すべきかどうか悩んでしまう人も少なくありせん。

そこで今回は、歯科矯正治療が必要かもしれない症状をご紹介しましょう。
次のような症状があったら、歯科矯正治療を実施した方が良いかどうか、歯科医に相談してみてください。

・見た目がガタガタ
・口元が全体的に出ている
・食事などで噛むときに違和感がある
・会話中などに歯の隙間から息がもれる
・歯みがきしにくい
・歯と歯の隙間にいつもなにか挟まってしまう
・顔が曲がっている
・下の顎が出ている
・顎がない
・出っ歯
・顎の位置がずれている
・前歯の隙間が極端に開いている
・歯を噛みあわせても、上下の歯の間に広い隙間がある

もちろん、患者様の年齢や症状によっては歯科矯正をする必要のない場合も多いです。
しかし、これらの症状をそのままにしておくことで噛み合わせが悪化したり、虫歯や歯周病になったりする場合もあるんです。

少しでも当てはまる点があれば、1度歯科医へご相談ください。

当院では、歯科矯正治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2020年7月29日

虫歯や歯周病の予防には、日々の歯みがきが欠かせません。
ただし、ただ歯みがきをするだけではなく、歯垢をきちんと落とすようにしなければいけません。
いくら歯みがきしても虫歯になってしまう人は、この「きちんとした歯みがき」ができていないのです。

そのため虫歯や歯周病がない人でも、3か月に1度程度は歯科検診して歯科クリーニングすることをおすすめしています。

うまく歯みがきができずみがき残しがある人は、施行だけではなく歯石がたまってしまっています。
歯石は歯垢が固まってできるもので、歯みがきで除去するのはとても困難です。
だからといってそのままにしておくと、歯石を温床にして細菌が繁殖し、虫歯や歯周病になる可能性が上がります。
また、口臭の原因にもなってしまうでしょう。

そんな歯石を除去してお口の中の環境を整えるのが、歯科クリーニングなのです。

歯科クリーニングを行うことで、うまく歯みがきできない点を補い、気付かない間に虫歯や歯周病が進行するという最悪の状況を回避することができます。
もちろん、いくら歯みがきしても改善しない口臭にも効果があるかもしれません。

気になる人は、ぜひ歯科医へご相談ください。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2020年7月22日

インプラント治療を行うと人工の歯になりますので、その歯が虫歯になることはありません。
そのため、歯みがきを疎かにしても大丈夫だと思っている患者様がいらっしゃれば、それは違います。

インプラントだからこそ、自然歯よりも丁寧に歯みがきして歯垢が残らないようにしなければいけないのです。

インプラントの人工歯にも、歯垢は付着します。
もちろんそのままにしていても人工の歯が冒されることはありませんが、歯茎は自然のままですから炎症を起こすのです。
つまり、インプラントであっても歯周病は起きます。
インプラント歯周炎と呼ばれる歯周病は、天然の歯のように細菌が顎の骨にまで達しないようにガードする膜がありません。つまり、あっという間に細菌が顎の骨まで達して重篤状態にまで進行しやすいのです。
それに加えて、人工歯は痛みを感じませんので軽度のインプラント歯周炎はほぼ気付けません。

そのため、インプラント治療を行った人は、定期的な検診とクリーニングを受けるようにしてください。
インプラントに残った歯垢や歯石を除去し、もしインプラント歯周炎の傾向があれば早期に治療してしまうのです。
もちろん、他の天然の歯についても同時に診て、お口全体の傾向チェックをします。

インプラントだからといってクリーニングが不要なわけではありません。
むしろ、インプラントだからこそクリーニングが必要なのです。

当院では、インプラント治療だけではなく、一般歯科診療も行っております。お口の周りになにかご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2020年7月15日

「審美治療は痛くないですか?」という質問を受けることがあります。

審美治療にはクラウンやインレー、ラミネートベニアなどいくつかの方法がありますが、ほとんどの場合は歯を削って整えてから装着します。
歯を削る治療の代表は虫歯治療ですので、そのイメージから痛みが想起されるのは仕方がないことでしょう。

事実、審美治療でも多少の痛みを感じることがあるのは否定できません。
しかし、虫歯治療と違って審美治療は健康な歯に対して行いますので、ほぼ確実に麻酔を使って痛みを和らげることができます。
そのため、必要以上に恐れることはありません。安心してご来院ください。

なお、歯科治療では、「痛みを和らげる麻酔そのものが痛い」という話もありますが、それも安心して良いでしょう。

歯科医の多くで医科のような対策が進められており、麻酔そのものの痛みも和らげることができているのです。

・麻酔を打つ前に表面麻酔を塗布する
・極細の針を使って麻酔を打つ
・麻酔薬を体温程度に暖めておくことで刺激を和らげる

審美治療は、お口の健康のもう一段階上の生活の質を高めるために有効な治療です。
痛みがあるかも知れないという不安だけで治療を躊躇するのはおすすめできません。

当院では、審美歯科診療を行っております。何かご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/