«  2020年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
2020年2月19日

人工歯根を埋め込んで人工歯を設置するインプラント治療の目的は、失われた歯を取り戻すことです。

インプラント治療が確立するまでは、入れ歯やブリッジなどが失われた歯の代わりを務めていましたが、それらには次のような問題がありました。

・健康な歯と同じような力で噛めない
・健康な歯に負担をかける(ブリッジは健康な歯を削る必要がある)
・(総入れ歯などでは)食事の味を感じにくくなる
・金属のバネなどが目立ち、審美性に欠ける

これらの問題がなく、天然の歯と同じような見た目と機能を持った人工歯を手に入れられるのが、インプラント治療です。

また、インプラントでは審美性に優れた歯を手に入れることができます。
歯科医によっては様々な素材の人工歯が準備されており、患者様の希望に合わせたものが選べるようになっているところもあるほどです。

もちろん、失われた歯を取り戻すと同時に審美性も求めることに依存はありません。患者様の生活の質を上げられるならそれも良い選択でしょう。
しかし、ただ審美性を上げるためだけに、抜歯してインプラント治療を行うのは、少し考えたほうが良いかもしれません。

美しい歯を手に入れる方法は、インプラント治療以外にもあります。
そもそも、歯を抜いてしまえば、二度と取り戻すことはできませんし、インプラントのメンテナンスは思った以上に手間がかかります。

審美性のためだけのインプラント治療は、しっかりと検討してからにしてください。

当院では、審美歯科治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2020年2月12日

審美歯科というのは、歯の色や形、歯並びなどを整えて、口元を美しくする治療です。
そのため、美容整形の一種と捉えられている患者様もいるでしょう。

もちろん、そういった面も否定できません。
しかし、審美歯科治療はただ見た目を美しく整えるだけの治療ではないのです。

審美歯科治療の最終的な目標は、他の歯科治療と同じく生活の質の向上です。
そのため、審美歯科治療の場合、見た目を美しく整えることが先ではなく、歯科治療が先になります。
歯科治療の結果乱れた口元を整え、治療前よりも心穏やかな生活ができるようにするわけです。

例えば、一般歯科の治療では虫歯の治療を行ったあとは樹脂や金属の被せものをします。しかし、審美歯科治療では他の歯とのバランスも考慮した色や形の被せものを使い、口を大きく開けても治療跡が目立たないようにします。
そうすることで、患者様は虫歯になる前と同じような生活をすることができることでしょう。

このように、審美歯科は、治療によって患者様が被る不利益を最低限にして、普段通りの生活ができることを目指すとも言えます。

もちろん、患者様がお望みであればそれ以上の美しさを手に入れられるかもしれません。

ぜひ審美歯科で相談してみてください。

当院では、審美歯科治療を行っております。ご不明なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2020年2月 5日

多くの人の歯科治療のイメージは、「痛い」「怖い」かもしれません。

虫歯治療で歯を削る音や臭い、振動などは独特のもので、小さい頃に虫歯で苦しんだ人ならなおさらです。

しかし、じつは今では歯科治療の痛みはずいぶんと軽減されているのです。

例えば、抜歯などの時に行う麻酔は、特に痛みを感じるので苦手な人が多い治療です。

現在の治療では、歯茎などに表面麻酔をしてから麻酔の注射を打ちます。こうすることで、針が刺さる時の痛みを軽減するのです。

ただしこの方法は、針が刺さる瞬間の痛みは軽減されるものの、針の侵入や麻酔薬の注入による痛みや違和感を抑えることはできません。
そのため、だいぶんマシになったと言っても麻酔への恐怖をなくすのは難しいものでした。

しかし、そんな注射の痛みそのものを軽減する方法をとっている歯科医もあるのです。
そこでは、極めて細い針を使います。極々細い針を使うことで傷口は極めて小さく生体へのダメージは最小限になります。

そのため、ベテランの医師が注射すると患者様は刺されたことに気付かないことすらあるのです。

また、麻酔薬そのものも体温と同じ温度に温めておくことで、注入時の痛みを最小限にします。

こうすることで、今では無痛治療とも言えるほど痛みを軽減した治療を行うことができるようになっているのです。

もし、痛みのせいで歯科治療を避けている人は、ぜひ歯科医へ相談してみてください。

当院では、無痛治療も含めた一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年1月29日

歯が痛くなったら、すぐに歯科医へ相談してください。

虫歯というのは、初期段階では全く痛みを感じることがない病気ですので、歯が痛くなるということはそれだけ進行しているということです。そのため、少しでも早く歯科医を受診して治療を始めてください。

ただし、祝祭日や日曜日など、歯科医へすぐにいけないこともあるでしょう。
そんな場合に役立つかもしれない、「歯痛を鎮める秘訣」をお伝えします。

1.お口の中を清潔にする
歯痛の原因は虫歯菌などが生成する毒素による炎症です。
患部などに食べかすがつまっていると、それを餌に細菌が毒素を生産しますので、まずは細菌の餌となるものを取り除かなければいけません。

2.患部を冷やす
歯痛を軽くするには、患部を冷やすようにしましょう。
患部を冷やすことで炎症をおさめ、細菌の活動を鈍らせることができますので、痛みが和らぐこと請け合いです。
逆にお風呂や暖房器具などで体を温めてしまうと炎症が強まり細菌の活動も活発になりますので、逆効果になります。気を付けてください。

3.薬に頼る
熱が出た時に飲む解熱鎮痛剤は、歯痛にも効果があります。
上の方法でも耐えられない痛みがある場合は、ぜひお薬に頼ってください。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2020年1月22日

歯科治療でのインプラントと言えば、差し歯のような人工歯のことを思い描く人が多いかもしれません。

しかし、じつは「インプラント」というのは人工歯を指す言葉ではありません。

インプラントというのは、人工的なものや材料を体の内部に入れる治療の総称です。
つまり、体の内部に入れていない人工の歯はインプラントではありません。

人工歯はあくまでも上部構造であり、人工歯を取り付けるためにあごの骨に埋め込まれる人工歯根がインプラントなのです。

もう少し詳しく説明すると、インプラント体と呼ばれる人工歯根と、人工歯根に取り付けて人工歯を支えるアバットメントと呼ばれる支台部、それに上部構造となる人工歯の三つで構成されています。

インプラント体はチタンやチタン合金といった体の中に入れても害がなく丈夫な金属が使われています。この金属をあごの骨に埋め込むため、インプラント治療では外科手術が必要になってくるのです。

その後、半年程度様子を見て、インプラントがあごの骨に固定されるのを待ちます。
じつはこの時、歯茎の肉が徐々に再生していき、インプラントが固定されたころには完全に覆ってしまいます。

そのため、アバットメントを装着するために改めて切開する必要があるのです。ただし、インプラントを埋め込む手術よりは小さな傷ですので、全身麻酔を使うようなことはほとんどありません。

ここまできて、ようやく人工歯が装着されます。

このように、インプラント治療、は人工歯を取り付けることよりも人工歯根を埋め込んで安定させることに多くの時間を費やす治療です。

差し歯よりも大きなメリットがありますが、その分リスクもありますので、検討しているのであれば専門の歯科医に相談することをおすすめします。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年1月15日

予防歯科は、何の異常もないときに歯科医を受診するのが基本です。

ほとんどの人は、歯が痛くなってから歯医者さんへ行って治療してもらいますが、予防歯科では何の異常もないときに歯科医を受診し、虫歯や歯周病にならないための予防処置を行うのです。

そんな予防歯科治療の大まかな手順を紹介しましょう。

1. 口腔内検査
患者様のお口の中を検査して、虫歯や歯周病の傾向を調べます。
ただ目視で見るだけではなく、歯科医師の判断で組織検査やレントゲン撮影を行うこともあります

2. クリーニング
歯垢や歯石を除去し、お口の中をきれいにします。

3. 歯科治療
口腔内検査で虫歯や歯周病が見つかれば、速やかに治療を行います。
予防歯科ですので、すでに虫歯や歯周病があっては意味がありません。まずはきちんと治してから予防歯科治療を始める必要があるわけです。
ただし、自覚症状がない段階で見つかった虫歯や歯周病は軽度な場合が多いので、それほど時間がかかる治療にならないことがほとんどです。

3. 予防処置
口腔内検査で問題ない場合や歯科治療が完了した段階で、ようやく予防処置を行います。予防処置は、多くの場合フッ素塗布と歯みがき指導です。特に歯みがきをしっかりと行うことは予防歯科の中心となりますので、患者様自身が予防歯科治療の主役として自覚していただくことが需要な点となります。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2020年1月 8日

歯科矯正治療といえば、数十万円はかかるとても高額な治療だというイメージがあるかもしれません。
実際のところ、多くの人が高額な治療費をおさめて治療していますので本当のことでしょう。

しかし、じつは保険が適用とされる場合があります。
ここでは、そんな保険適用となる歯科矯正治療について、紹介します。

歯科矯正治療のうち、保険適用となる場合の大半は先天性の異常で歯並びが悪いものです。正確には、厚生労働大臣が認める先天性疾患で、対象となる疾患が指定されています。
ほとんどの人はこれらに該当することはありませんが、1つだけ可能性がある場合があります。
それは、あごのずれが原因でかみ合わせが異常になっており、歯科矯正にあたってあごの外科手術が必要な場合です。

多くの人は、あごそのものに異常がなく、ただ歯の並び方や生え方がずれてしまっています。そのため、歯を強制的に動かす歯科矯正を行うことで歯並びやかみ合わせをきれいにするのです。
しかし、あごのずれが問題の場合、歯並びそのものに問題がないにもかかわらず、あごの位置がずれていることで出っ歯や受け口になっていたり、左右のかみ合わせがずれていたりすることがあります。

こういったあごの位置そのものに問題がある場合、外科手術を行ってあごの位置を正常に戻さなければ歯科矯正治療に入ることができません。
その場合は、保険が適用されるのです。

根本的なあごの位置がずれていた場合、いたずらに歯科矯正を行っても逆効果になることもありますので、歯科矯正を行う場合は事前にあごの位置を確認するようにした方が良いでしょう。

ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2020年1月 1日

虫歯や歯周病、外部的な要因などで歯を失ってしまった場合、多くの人が入れ歯を利用することになります。

特に保険内診療の場合は、入れ歯を使用せざるを得ない場合が少なくないでしょう。
しかし、保険内診療の入れ歯は作成方法や材料が決められてしまっているため、どうしても見た目や性能に劣るものになりがちです。

そのため、固いものが食べにくかったり、食事の温度や味を感じにくくなってしまったりすることがあります。

また、金属を使っていることで目立ってしまい、人前で口を開けることができなくなって外出を控えたり笑うことができなくなったりという弊害が出てくることもあるでしょう。

歯科治療の基本は患者様の苦痛を取り除いて、お口の機能を取り戻すことです。
しかし、機能が戻っても患者様の生活の質が落ちてしまっては意味がないでしょう。

現在、保険内診療で使われる入れ歯の欠点を補った入れ歯が多数提案されており、そのおかげで生活の質を向上させている患者様も多数いらっしゃいます。

ほとんど目立たない入れ歯や、食事の温度を感じることができる入れ歯、細かなかみ合わせを調整してしっかりと噛むことができる入れ歯など、多様なものがあります。

ただし、これら高機能な入れ歯はすべて、保険内診療に比べて高額になるのです。
そのため、歯科医から無理におすすめすることはありませんが、生活の質も元に戻すことを考慮すると、しっかりと検討する余地のあるものと考えている歯科医が多いでしょう。

入れ歯を作ることになった時、ぜひ1度検討していただければと思います。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年12月25日

乳歯と永久歯は同じ歯ですが、実は大きく違っています。

見た目の違いとしては、色と大きさです。
永久歯は黄色味を帯びており、乳歯は白に近い色で永久歯よりも一回り小さいのが一般的です。

また、乳歯と永久歯は本数も違っており、乳歯は20本、永久歯は32本(親知らずを含む)になっています。

歯の構造的には、乳歯は永久歯よりも歯の表面のエナメル質や象牙質といった丈夫な部分が薄くなっています。そのため「やわらかい」と表現されることがあります。
エナメル質や象牙質が薄いと虫歯の進行がはやく、すぐに虫歯菌が歯の奥に侵入してしまいますので、子供のお口のケアには細心の注意が必要なのです。

また、永久歯は一生使うものですが、乳歯は一定期間の後に抜け落ちることはよくご存じでしょう。
これは無駄に生えているわけではなく、永久歯を使うための練習を行う期間だと考えてください。

一生使わなければいけない永久歯を何の練習もなくぶっつけ本番で使うのはリスクがあります。もちろん、現代ではいきなり歯を失うようなことはないかもしれませんが、人間が野生にいたころはいきなり固いものにかみついて歯が欠けてしまうこともあったでしょう。そのあたりの力加減を練習するために乳歯があるわけです。

また、乳歯にはあごの成長を助け、永久歯を正しい方向に導く役目がありますので、自然と抜け落ちるまで大事にしなければいけないのです。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年12月18日

歯周病は放置して治るものではありません。

もちろん、極めて軽度のものであれば、その後のお口のケアをしっかりとしていれば治ることもありますが、少しでも進行してしまえば、普通に歯磨きなどしていてもその進行をとめることはできず、静かにお口をむしばんでいきます。

そして、気が付いたときには歯を失ってしまうことになるのです。

歯周病でもっとも恐ろしいのは、この「歯を失う」という点です。
重篤な歯周病で歯を失った場合は、あごの骨が溶けてしまってインプラント治療すらできないことがあります。

歯がない状態になると、次のような問題が発生して生活に支障が出てきますので、歯周病はきちんと治療するようにしましょう。

・かむ力が弱くなり、食生活が乱れる
歯がなくなってしまうと、かむ力が大きく損なわれます。そのため、固いものが食べられなくなり、肉や野菜などをバランスよく食べることができなくなるのです。
その結果、生活習慣病になってしまう可能性が大きくなることでしょう。

・良くかむことができなくなる
固いものを食べられなくなるので、柔らかいものばかり食べますので、かむ回数が減ります。
人は良くかむことで満腹中枢を刺激しますので、かむ回数が減ればなかなか満腹になることができず、必要以上に食べることになりますので、肥満になってしまうことになるでしょう。

・脳への刺激や血流が弱まる
「かむ」という行為は、思った以上に脳へ刺激を与えています。また、かむことで血流を促し、脳へ血液が送られます。

かむ回数が減れば、これらの効果が薄まりますので、ひどいときには認知症を誘発することもあるでしょう。

・かみ合わせが悪くなる
今まであったものがなくなるわけですから、かみ合わせが悪くなります。かみ合わせが悪くなるとかむ力のバランスが崩れるのです。

崩れたバランスのままではうまくかめませんので、バランスが取れるように自然とあごがずれていきます。そうなると、顔のゆがみが発生したり、肩や首のこり、背中の痛みなどが起きたりすることがあります。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/