«  2019年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年8月21日

インプラント治療はあごの骨に土台を埋め込んで、その上に義歯を取り付ける治療であるため、他の入れ歯やブリッジなどと違って他の歯への影響がなく、トラブルが少ない治療法です。

しかし、それでも天然の歯とは違いますので、懸念されるトラブルはありますので、紹介しておきましょう。

・義歯の脱落
インプラントに取り付けている義歯が、何らかのアクシデントで脱落する可能性があります。ほとんどの場合は、歯科医で改めて取り付けるだけですので大きなアクシデントではありませんが、歯が抜け落ちるため患者様への精神的負担は大きいでしょう。

・義歯の破折
インプラントの義歯は十分な強度を持っていますが、天然の歯よりは強くありません。もし、噛み合わせなどがあっておらず、その状態で強い力が加わると一部が欠けてしまう場合もあります。その場合はすぐに担当の歯科医へ相談してください。

・義歯の緩み
義歯を固定している器具(スクリューやアバットメント)が緩み、義歯がぐらついてしまうこともあります。

・インプラント歯周炎
ここまでのトラブルと違って、インプラント歯周炎は、非常に深刻で、かつ可能性の高いトラブルです。

インプラントや義歯は人工物ですので、それら自身が虫歯や歯周病で壊れることはまれですが、これらは人工物であるが故に、細菌を退けるしくみを持っていません。そのしくみ自体は、残された歯茎の粘膜に託されていますが、人工物との接する部分は守り切ることができません。

その結果、インプラントに沿って、歯周病菌が瞬く間に骨まで達してしまうのです。そのまま放置していると、インプラントを支える骨が解け、義歯がインプラントもろとも抜け落ちることになるでしょう。

これらのトラブルを避けるには、正しいブラッシングと定期的な検診を行う以外に方法はありません。

ぜひ、医師の指示に従って定期的な検診を受け、日々のブラッシングを欠かさないようにしましょう。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年8月14日

インプラント治療はあごの骨に土台(インプラント)を埋め込む外科手術が必要な治療です。

そのため、歯を失ったからといって、気軽に選択できない場合があります。

今回は、インプラント治療に合っている人と合っていない人を紹介します。

・インプラントに合っている人
 あごの骨が残っている人
 日々の歯みがきなどのプラークコントロールを欠かさない人
 インプラントに興味がある人
 治療後も固いものを食べたい人
 歯を削ることの危険を知っている人

・インプラントに合わない人
 重度の骨粗鬆症の人
 重度の糖尿病の人
 重度の虫歯・歯周病であごの骨が溶けてしまっている人
 歯みがきをすることが嫌いな人
 ヘビースモーカー
 定期検診を受けられない人

なお、ここで「合っている人」に該当しても、何らかの理由で難しい場合や、逆に「合っていない人」に該当しても、インプラント治療ができる場合もあります。まずは、歯科医に相談してください。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年8月 7日

天然の歯は、きちんとケアすれば100年でも美しく保つことができるでしょう。

インプラントは人工物ですので、天然の歯ほど寿命が長くはないでしょう。記録に残っている最長記録は45年程度ですが、これは患者様が亡くなられたことで記録が止まったため、実際にはもう少し保つかもしれません。

ただ、これだけ長く健康な状態を保つためには、日々のプラークコントロールを行い、プロによるケアも定期的に受けて億必要があるのは疑いようもありません。

特に、プラークコントロールについては、歯ブラシや歯間ブラシなどを使って、入念に行い、定期的に歯科医によるクリーニングを受けていたことでしょう。

これは、自分の歯を守ることも同じことです。しかし、じつはインプラントの方が歯周病菌に対する耐性が弱いため(インプラント自身ではなく、インプラントの周囲の組織の耐性が弱くなります)、よりしっかりとしたプラークコントロールが必要になるのです。

もし、歯並びや歯の美しさだけでインプラントを選択しようとしている人は、安易な選択は避けるようにしてください。

インプラントで美しい歯を保つ方が、天然の歯で保つよりも難しいのです。

当院では、審美歯科治療やインプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

虫歯になってから歯科医で治療するのではなく、虫歯にならないように歯科医で処置をするのが予防歯科治療です。

健康なのに歯科医へ通うことに抵抗があるかもしれません。しかし、虫歯になってから歯科医へ行くのに比べて、費用だけでなく身体への負担もとても小さいのです。

特に、お子様が早いうちから予防歯科治療を受けることで、健康なお口だけではなく、整った歯並びの綺麗なお口を手に入れられますので、おすすめです。

そこで今回は、予防歯科の進め方について、紹介しましょう。

予防歯科の基本は、定期検診です。3ヶ月や半年に1度程度歯科医へ通い、歯やお口の状態を診てもらい、必要に応じてクリーニングを行った後、フッ素を塗布してもらいましょう。

最初の何回かは、歯みがき指導を受けることで、正しい歯みがきの方法を練習します。正しい歯みがきの方法をマスターすれば、その後の定期検診がより簡単になりますので、しっかり練習しておくことをおすすめします。

もしうまく歯みがきできず、虫歯になってしまったとしても、きちんと定期検診を受けていれば、早期のうちに治療できますので、痛みもなく簡単に治療することができるのも、予防歯科治療のメリットです。

ぜひ、予防歯科治療を行って、お口の健康をいつまでも保っていきましょう。

なお、予防歯科治療はほとんどの歯科医院で実施していますが、やはり専門の設備や人を抱えている医院の方が良いでしょう。そういった医院では、Webサイトなどで大きく紹介していますので目安にしてください。

当院では、一般歯科治療の他、噛み合わせの治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年7月31日

予防歯科で重要なのは、口腔内をきれいに保ち、虫歯や歯周病の原因菌を増やさないようにすることです。

そのため、予防歯科治療では歯垢や歯石の除去を行うなど、口内のクリーニングを行い、患者様に正しい歯みがきのやり方を指導します。

患者様自身が、日々の歯みがきで、きちんと歯垢を除去しておけば、歯石ができることはありませんし、虫歯や歯周病になることもほとんどありません。

しかし、いくら正しい歯みがきをしても、歯垢が残ってしまう人もいます。

そういった人は、残念ながら歯並びが悪くガタガタで、隙間だらけなため、きれいにみがこうとしても、うまくみがききれずに、歯垢が残ってしまうのです。

歯科矯正治療を行って歯並びを良くすることで、そんな悩みから解放され、虫歯予防もきちんとできることになります。また、歯並びが良くなれば、審美的にも良くなり、口を開いて笑うことが苦で無くなるでしょう。

もちろん、無理強いはできませんが、予防歯科の観点からも、歯並びが悪い人には、歯科矯正をおすすめします。

気になる方は、ぜひ1度歯科医へご相談ください。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年7月24日

入れ歯というと、審美歯科とはかけ離れているイメージがあるかもしれません。

おじいちゃんやおばあちゃんが着けているプラスチックと金属でできた入れ歯を思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、いまでは審美的に優れた入れ歯もあるのです。

金属をまったく使わず、入れ歯だと気付かれにくいものや、あえて金属を使って薄く仕上げ、違和感をなくしたものなど、患者様の要望に合わせたものが様々です。

もちろん、いま着けている入れ歯を新たな入れ歯にすることもできますので、入れ歯だから見た目が悪くても仕方ないと思っている人は、ぜひ1度歯科医へご相談ください。

また、審美歯科ではすぐにインプラントをすすめてくるから高いと思っている人も、ご安心ください。

審美歯科では、患者様のお口の健康と豊かな人生のために、できる限り患者様の要望に応える形で治療方針を決めていきます。

もちろん、カウンセリングでは、メリットとデメリット、治療費も説明させていただきますので、その上で治療を受けるかどうか決めていただいて問題ない歯科医がほとんどです。

ぜひ、不安がらずにご来院ください。

当院では、審美歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年7月17日

審美歯科医院で、「虫歯や歯周病の治療を行う」と聞くと、不思議に思う人もいるかもしれません。

審美歯科は美容整形と同じで、「病気の治療ではなく、見た目を美しくするためにある」と考えている人もいるでしょう。

しかし、実際のところ、審美歯科と虫歯や歯周病は切ることができない関係があり、虫歯や歯周病の治療のあとに審美歯科治療を行うことが多いのです。

なぜなら、審美歯科治療というのは、見た目だけではなく機能面も向上させる以下治療だからです。

審美歯科治療を行うにあたっては、お口の中を入念にチェックし、虫歯や歯周病の兆候があれば、まずその治療を行いますし、噛み合わせやあごのずれがあれば、矯正治療を行います。

なぜなら、健康なお口でなければ、いくら見た目を整えても、すぐに身体の不調が出てきてしまっては、なんの意味もありません。

審美歯科は、患者様のお口を健康にするだけでなく、人生を豊かにするお手伝いをするためのものなのです。

もし、虫歯や歯周病のため、審美歯科への来院を躊躇されているのであれば、ぜひそのまま審美歯科医師へ相談してみてください。

当院では、一般歯科診療と審美歯科治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年7月10日

虫歯や歯周病が悪化すると、歯を失ってしまいます。

多くの歯科医が歯を残す治療を行っていますが、ひどく悪化した場合などは、救うことができないこともあります。

そんな時は、入れ歯や差し歯、インプラントなどの治療を行いますが、そういった義歯を利用せずに放っておいたら、 どうなるのか、ご存知でしょうか?

歯というのは、じつは思った以上に動くもので、それぞれの歯が押し合ってバランスを取っています。

そのため、1本抜けてしまうと、自然とそちらへ傾いてしまうのです。

しかし、本来あるべき歯がないわけですから、その隙間を埋めようとしても、うまく歯は並べません。その結果、歯並びはガタガタで噛み合わせの悪い状態になるのです。

そうなると、噛む力は弱まりますし、歪んだ噛み合わせのままにしておくと、あごがずれてしまいますし、ひどい時には顎関節症になってしまうこともあります。

また、そこまでいかなくても、歯並びがガタガタですので、歯みがきが難しく、歯垢や歯石がたまってしまいますので、虫歯や歯周病のリスクは高まり、他の歯も失うかもしれません。

このように、歯を失ったまま放置しておくのは、とてもリスクの高いことなのです。

もちろん、歯が抜けたままなのは、審美的にも良くありません。

ぜひ、歯科医へ相談してください。

当院では、一般歯科診療、インプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年7月 3日

根管治療を選ぶ人は、「インプラントにするのではなく、自分の歯を残したい」と思っている人が多いかもしれません。

根管治療は、ほとんどの場合、重度の虫歯や歯周病を患った結果、選択される治療です。

そのため、一般歯科などで「抜歯するしかない」と宣告された人が、歯を残したいと願って、根管治療を行っている歯科医を尋ねるのです。

しかし、自分の歯を残しても、根管治療を行った歯は、神経や栄養を運ぶ組織を取り除いているため、健康な歯に比べて脆く、メンテナンスしなければ割れたり色が変わったりしてしまうことがあるのです。

そこで、根管治療後に、審美治療のノウハウを使って、残した歯を健康な状態で使うための治療を行うことがあるのです。

もちろん、残念ながら歯を失ってしまったら、インプラントや入れ歯など、審美治療の本領発揮となります。

インプラントにしたくないから根管治療を受ける人もいますが、じつは根管治療と審美治療は相性が良いのです。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年6月26日

口臭の原因のもっとも多いものは、口腔内のメンテナンス不足です。

もう少し具体的に言うと、歯や歯茎の隙間に残った食べカス、舌に生える舌苔、歯みがきで取り除けなかった歯垢や歯石などです。

そのため、これらの汚れや細菌を除去すれば、ほとんどの口臭は改善されます。

もちろん、正しい歯みがきの方法が分かっていれば、日々の歯みがきで対処できるでしょう。

しかし、ほとんどの人は正しい歯みがきができていないのが現状なのです。残念ながら、多くの大人は、正しい歯みがきができていません。

そのため、おすすめするのが、歯科医院でのクリーニングです。

予防歯科や審美歯科だけではなく、一般歯科でも行ってくれますので、ぜひかかりつけの歯科医へ相談してみてください。

歯のクリーニングを行うと、口の中の隅々まできれいになり、食事も美味しく感じられるかもしれません。

そして、そこで正しい歯みがきの方法も指導してもらえば、日々の歯みがきが改善され、口臭はもちろん、虫歯や歯周病も防ぐことができるのです。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/