«  2019年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年10月 9日

重度の歯周病になってしまうと、患者様自身で何かをしても改善される見込みは非常に小さいと言えます。なぜなら、歯周病の病巣がすでに手の届かない奥まで達しており、対処できないからです。

しかし、まだ初期の歯肉炎の段階であれば、患者様自身で進行を抑えることができる可能性があります。

その方法は、正しい歯みがきです。

歯ブラシで歯と歯茎の間にある歯周ポケットの奥まできちんとブラッシングし、そこに溜まって毒素を出している歯周病菌をかきだしてしまうのです。

その上で、ブラッシングで歯茎をマッサージして血行を促進し、栄養を行き渡らせて炎症を抑えることで、進行していた歯周病も改善する可能性があります。

もちろん、このような段階であれば、市販の「歯周病薬」でも多少は効果があることでしょう。積極的に活用して、健康な歯茎を取り戻してください。

ただし、歯周病は自覚症状がほとんどない病気ですので、気付いたときには重度の状態になっていることがほとんどです。安易な自己判断で対処すると、手遅れになってしまう可能性もあります。

もし、気になる症状がありましたら、まずは歯科医へ相談することをおすすめします。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2019年10月 2日

歯の着色や歯茎の変色など、色が黄色が勝ったり黒ずんだりと、お口の中の状況は様々です。

そんな中で、差し歯をしている患者様で、歯茎と差し歯の境目が黒ずんでいるように見えて、悩んでいる人は少なくありません。

この黒ずみは、歯茎の色が変わっているようにも見えるだけに、心配になっている人もいるかもしれません。

じつは、ほとんどの場合、この黒ずみは歯茎の色が変わっているのではなく、歯の根に取り付けている差し歯の土台の金属や、歯にかぶせている「かぶせ」の下にある金属部分が、歯茎の下に透けて見えることで、黒ずんで見えているのです。

そのため、歯茎そのものに問題があるわけではありませんので、ご安心ください。

ただ、歯茎の色が変わっているわけではないため、差し歯の土台を金属以外のものを使ったものに変更したり、セラミックでできた「かぶせ」に変更したりする治療が必要になります。

それらは、通常のホワイトニングのような薬剤だけではない歯科治療になりますので、思った以上に大げさな話に聞こえるかもしれません。

もし、歯茎と差し歯の境目の黒ずみが気になる方は、歯科医へご相談ください。適切な対策を説明していただけます。

当院では、一般歯科診療だけではなく、審美歯科治療を行っております。ご不明点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年9月25日

歯が抜けてしまうと、必ず入れ歯や差し歯などの治療を行うようにすすめられます。

抜けたことが目立つ前歯では、患者様も自分からお望みになりますが、目立たない奥歯などでは、費用面もあって遠慮される患者様もいらっしゃいます。

しかし、歯が抜けたままにしておくことは、おすすめできません。
今回は、その理由を説明しましょう。

・歯並びが悪くなるリスクがある
通常、歯は左右上下からの圧力を均等に受けることでその場にとどまっています。そのため、隣の歯が抜けてしまうと、そちらの方へ倒れていってしまいます。

また、噛み合わさっていた上下反対の歯が長く伸びることもあるのです。

そうなると連鎖的に歯が倒れてしまい、歯並びがガタガタになってしまうのです。

・あごがずれる
歯にかかる力のバランスが崩れてしまいますし、本来あるべき歯がなくなりますので、うまく噛むことができず、噛みやすい方法を探してあごをずらして噛む癖ができてしまいます。そうなると、あごの位置そのものがずれてしまい、顔のゆがみや身体のゆがみなどにつながります。

・虫歯や歯周病のリスクが上がる
ここまでに説明したような症状が出た結果、歯磨きが難しくなり、食べかすや歯垢が溜まりやすくなってしまいます。そうなると、虫歯や歯周病になりやすくなってしまうのです。

以上のようなリスクがありますので、歯科医では入れ歯などをおすすめします。歯を失ってしまった人は、ぜひ歯科医へ相談してください。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年9月18日

人は誰でも、起床時には口臭があります。この口臭は人を不快にする臭いである場合が多く、気にしている人も多いでしょう。

じつは、この起床時の口臭を最小限にする方法がありますので、紹介しましょう。

そもそも、起床時に口臭が発生してしまう理由は、睡眠中の口内環境にあります。

睡眠中は、唾液の分泌が抑えられており、その洗浄作用や殺菌作用が弱まってしまのです。そのため、口内の種々の細菌が増殖してしまいます。このとき、口臭の原因となる細菌も増殖し、いやな臭いを発生させてしまうのです。

また、睡眠中に口呼吸をしてしまう人は、よりお口が乾燥して唾液の洗浄効果が弱まりますし、口から細菌が新たに侵入してきますので、より状況が酷くなります。

これらの原因を踏まえて、起床時の口臭を抑えるには、次のような対策が考えられます。

・寝る前の歯みがき
 できる限り口の中の細菌の数を減らす(最近のエサとなる食べかすを除去する)ことで、細菌の増殖も最小限にします。

・鼻呼吸をする
 口呼吸をしなければ口内の乾燥を抑えられますので、口臭がましになります。

・起床直後の歯みがき
 起き抜けに歯みがきして、口臭のもとを断ってしまいます。

・歯科医でクリーニングしてもらう
 歯科医で歯石や歯垢をきれいに除去してもらうことで、歯みがき以上にお口の中の細菌を減らすことができますので、口臭予防に効果的です。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年9月11日

一般歯科と審美歯科の違いは、なんでしょうか?

基本的に、どちらの歯科であっても、虫歯や歯周病などの「病気」の治療は行います。

虫歯の患部を削り、詰めものをして食事に支障のないようにする。時には歯を抜いて、ブリッジや差し歯などを行うこともあるでしょう。

しかし、一般歯科では、そこまでで治療は終わりです。

詰めものは保険適用される金属や樹脂といった素材を使ったもので、最低限の機能性しか担保されていません。

つまり、見た目や耐久性などは必要最低限しか意識されないわけです。

もちろん、治療という意味では、それで良いかもしれません。

しかし、患者様の生活のことを考えれば、それでは物足りないのではないでしょうか?

虫歯が治っても、銀歯が目立つから口を開けられなかったり、着色するのを恐れて、好きなコーヒーを控えたり、といった制限のある状態では、生活はできても、質が高いものとは言えません。

審美歯科では、そういった患者様の生活の質まで考慮した治療を行います。

患者様が誰の目も気にすることなく歯を見せて笑い、好きなものを食べて健康に生活する。そこまで考えて治療するのが、審美歯科の本質なのです。

当院では、審美歯科を主にしていますが、一般歯科診療も行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年9月 4日

飲食物の影響で歯に着色がある場合や、歯の神経を抜いたあとなどで歯が変色している場合、ホワイトニングして歯を白くします。

ほとんどの場合、薬剤を使って漂白することになりますが、じつは天然の歯と人工の歯では、ホワイトニングした結果が違ってきてしまうのです。

コーヒーやワインなどの着色では、人工の歯でも天然の歯でも、ある程度はホワイトニングできますが、歯の成分の違いから、まったく同じ色にするのは難しいのが、実際のところです。

そのため、ホワイトニングをご希望の患者様で、差し歯やインプラントなどを入れられている人は、事前に歯科医へご相談ください。

薬剤だけで違和感なく白くできる場合は問題ありませんが、どうしても色の差が目立ってしまう場合は、ベニヤなど薄い人工歯を貼り付けるなどして、違和感をなくす必要があります。

ホワイトニングをすることで、かえって人工歯が目立ってしまっては、せっかくの治療が逆効果になってしまうので、必ず相談の上、治療方針を決めていきましょう。

もちろん、歯科医はお口の中を診ますので、気付きます。しかし、患者様からのご希望がないのに、勝手な治療を行うことはできません。

もし、心当たりのある人は、治療中でも構いませんので、1度歯科医へ相談してください。

当院では、ホワイトニング治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年8月28日

審美歯科で行われる治療に、ホワイトニングと矯正治療があります。

どちらも、お口の健康と審美的な美しさを取り戻すために行われる治療です。

歯の黄ばみと歯並びの両方が気になる場合は、両方の治療を行うことになるでしょう。しかし、矯正治療では歯に矯正装置を装着することになることもあり、同時に行うことはありません。

治療期間として歯科矯正の方が圧倒的に時間がかかる(数年単位)ため、先にホワイトニングを完了させて少しでもお口を美しくしたいという患者様がいます。

そんなとき、歯科医では、ホワイトニングを矯正治療のあとに行うことをおすすめします。

もちろん、ホワイトニング絵お先にやることで問題が発生することはありません。

しかし、矯正治療で矯正装置を装着するとき、歯の表面に薬品を付けますので、それが原因で歯に着色してしまうことがあるのです。

また、矯正装置を装着している間は、歯磨きが行き届かず、どうしても着色してしまう可能性をゼロにできません。

矯正装置の種類によりますので、必ずとは言えませんが、先にホワイトニングをしても、結局、矯正治療のあとにホワイトニングをやり直さなければならなくなることがあるのです。

そのため、ホワイトニングは矯正治療が終わってからやった方が、無駄なく効率的に治療することができるでしょう。

当院では、インプラント治療やホワイトニングなどの審美歯科治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2019年8月21日

インプラント治療はあごの骨に土台を埋め込んで、その上に義歯を取り付ける治療であるため、他の入れ歯やブリッジなどと違って他の歯への影響がなく、トラブルが少ない治療法です。

しかし、それでも天然の歯とは違いますので、懸念されるトラブルはありますので、紹介しておきましょう。

・義歯の脱落
インプラントに取り付けている義歯が、何らかのアクシデントで脱落する可能性があります。ほとんどの場合は、歯科医で改めて取り付けるだけですので大きなアクシデントではありませんが、歯が抜け落ちるため患者様への精神的負担は大きいでしょう。

・義歯の破折
インプラントの義歯は十分な強度を持っていますが、天然の歯よりは強くありません。もし、噛み合わせなどがあっておらず、その状態で強い力が加わると一部が欠けてしまう場合もあります。その場合はすぐに担当の歯科医へ相談してください。

・義歯の緩み
義歯を固定している器具(スクリューやアバットメント)が緩み、義歯がぐらついてしまうこともあります。

・インプラント歯周炎
ここまでのトラブルと違って、インプラント歯周炎は、非常に深刻で、かつ可能性の高いトラブルです。

インプラントや義歯は人工物ですので、それら自身が虫歯や歯周病で壊れることはまれですが、これらは人工物であるが故に、細菌を退けるしくみを持っていません。そのしくみ自体は、残された歯茎の粘膜に託されていますが、人工物との接する部分は守り切ることができません。

その結果、インプラントに沿って、歯周病菌が瞬く間に骨まで達してしまうのです。そのまま放置していると、インプラントを支える骨が解け、義歯がインプラントもろとも抜け落ちることになるでしょう。

これらのトラブルを避けるには、正しいブラッシングと定期的な検診を行う以外に方法はありません。

ぜひ、医師の指示に従って定期的な検診を受け、日々のブラッシングを欠かさないようにしましょう。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年8月14日

インプラント治療はあごの骨に土台(インプラント)を埋め込む外科手術が必要な治療です。

そのため、歯を失ったからといって、気軽に選択できない場合があります。

今回は、インプラント治療に合っている人と合っていない人を紹介します。

・インプラントに合っている人
 あごの骨が残っている人
 日々の歯みがきなどのプラークコントロールを欠かさない人
 インプラントに興味がある人
 治療後も固いものを食べたい人
 歯を削ることの危険を知っている人

・インプラントに合わない人
 重度の骨粗鬆症の人
 重度の糖尿病の人
 重度の虫歯・歯周病であごの骨が溶けてしまっている人
 歯みがきをすることが嫌いな人
 ヘビースモーカー
 定期検診を受けられない人

なお、ここで「合っている人」に該当しても、何らかの理由で難しい場合や、逆に「合っていない人」に該当しても、インプラント治療ができる場合もあります。まずは、歯科医に相談してください。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年8月 7日

天然の歯は、きちんとケアすれば100年でも美しく保つことができるでしょう。

インプラントは人工物ですので、天然の歯ほど寿命が長くはないでしょう。記録に残っている最長記録は45年程度ですが、これは患者様が亡くなられたことで記録が止まったため、実際にはもう少し保つかもしれません。

ただ、これだけ長く健康な状態を保つためには、日々のプラークコントロールを行い、プロによるケアも定期的に受けて億必要があるのは疑いようもありません。

特に、プラークコントロールについては、歯ブラシや歯間ブラシなどを使って、入念に行い、定期的に歯科医によるクリーニングを受けていたことでしょう。

これは、自分の歯を守ることも同じことです。しかし、じつはインプラントの方が歯周病菌に対する耐性が弱いため(インプラント自身ではなく、インプラントの周囲の組織の耐性が弱くなります)、よりしっかりとしたプラークコントロールが必要になるのです。

もし、歯並びや歯の美しさだけでインプラントを選択しようとしている人は、安易な選択は避けるようにしてください。

インプラントで美しい歯を保つ方が、天然の歯で保つよりも難しいのです。

当院では、審美歯科治療やインプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/