«  2015年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年3月25日

虫歯予防に効果的な方法のひとつとして、フッ素塗布があります。

フッ素は歯に塗布することで歯のエナメル質を修復し、歯質を強くすることができます。初期の虫歯治療にも使われることもあります。


フッ素塗布にはこのような虫歯予防のメリットがありますが、それではなぜフッ素によって虫歯に強い歯が形成されるのでしょうか。今回は、フッ素が歯に作用するメカニズムを説明したいと思います。


虫歯になると、虫歯菌の作用によって歯のエナメル質を構成するカルシウムが溶けていきます。その後、溶けたカルシウムは唾液の作用でエナメル質の主成分であるハイドロキシアパタイトに再び結晶化します。
これが再石灰化と呼ばれる現象です。この時、唾液中にフッ素イオンが含まれていれば、唾液に含まれるリン酸イオンやカルシウムイオンと一緒に歯に取り込まれて、再石灰化がより促進されていきます。

また、ハイドロキシアパタイトは酸に弱いため、虫歯菌が出す酸にさらされると崩れてしまいます。
しかし、フッ素が与えられるとフルオロアパタイトと呼ばれる酸に強い結晶になり、その結果、歯質の強化に繋がります。


以上のように、フッ素には歯を強化するための作用が確認されています。ただしが、他所によっては様々な理由からフッ素塗布を推奨しないケースもあります。


当クリニックではフッ素塗布を行っており、予防歯科にも力を入れております。
http://www.tdc.gr.jp/

2015年3月18日

最近ではテレビCM等で歯周病防止のハミガキの宣伝もよく見かけるようになり、歯周病に対する予防意識が社会に広がってきたようです。


もちろん、それらのハミガキを使用してしっかり正しくブラッシングを行うことで、ある程度の歯周病予防はできます。
しかし、ブラッシングが不十分であったり、あるいは歯並びの状態によっては歯と歯茎の間まで汚れを落とすことができていなかったりするケースもよくあります。専門のクリーングでなければ落としきれない汚れも残ることがあります。


そのような場合、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の境目に汚れが溜まり続けてしまい、やがて歯周病菌が繁殖して歯周病が進行してしまいます。
歯周病は進行すればするほど治療が長引いてしまいますので、なるべく早期に歯周病を自覚したいところです。


それでは、どのような症状が見られると歯周病にかかっていると言えるでしょうか?主に以下の症状が見られる場合は既に歯周病が進んでいる可能性があります。

・ブラッシングの時に歯茎から血が出る
・口臭が気になる
・口の中がネバつく
・歯茎に腫れが見られる
・歯茎が赤味、または紫味を帯びている
・歯がグラつく
・歯茎が後退し、歯が長くなった
・歯の隙間が目立つようになった


以上の症状が見られる場合は、お早めに歯科医院にご相談することをオススメします。


当院の歯周病治療では、治療前にカウンセリングと検査をしっかりと行い、患者様の状態に応じて良質な治療を提供しております。
http://www.tdc.gr.jp/

2015年3月10日

審美歯科ではセラミックを使用した被せ物(補綴物)を製作することで、まるで本物の歯のような白さと質感を再現できます。


製作においては、患者様の残された歯へ自然に適合するよう見た目の様々な調整を行いますが、特に歯の色の再現は正確な色の測定が重要です。

そこで、より正確な色を測定するために、当院では「クリスタルアイ」と呼ばれる装置を導入しております。


従来、補綴物の色を決めるときは歯科医師や歯科技工士の経験を元に決めたり、また患者様に色の見本を見て頂き相談の上で技工士へ製作を発注したりしていました。


しかし、そのように人間の目による目視で歯の色を検討していくと、その時の室内照明の影響や歯を見るときの角度によっては必ずしも正確な色を捉えることができるとは限りません。
時には色を決めるときの体調次第によって色選択の精度が落ちることも考えられます。


一方、クリスタルアイでは専用カメラを用いて近隣の歯の色を正確に測定し、その測定データを元に分析して色合わせができます。
撮影時には外光を遮断した上でクリスタルアイ専用のLED光源によって撮影し、人間の視覚が捉えることが出来る90%の色域をカバーすることが可能になっています。
その結果、極めて正確で自然な歯を再現することが出来ます。また、分析データは歯科技工士と共有されるため、一人一人の患者様に適合した素早い製作が実現できます。


より美しく正確な色の補綴物をご希望の方は、クリスタルアイを導入している当院へ一度ご相談下さい。
http://www.tdc.gr.jp/

2015年3月 4日

虫歯の治療が必要になったとき、患者様にとって心配なのが治療上の痛みや費用のことだと思われます。
そして、同じく心掛かりなのが、治療完了までの期間や通院回数ではないでしょうか。

虫歯の治療に要する期間は、もちろん患者様の虫歯の程度や歯茎の状態等お口の環境によって異なりますが、
おおよその目安として、たとえば軽度の虫歯一本の穴を埋めるだけであれば、一般的に1回から2回の通院で治療が終わることがあります。


しかし、虫歯が相当進行しており、歯の根っこの部分の治療が必要である場合は、
根の治療として2回から3回、その後に穴を埋める処置として1回から2回、または3回の通院は一般的に必要となります。


もちろん、虫歯の本数が増えればそれに伴い通院回数が増えますし、またお口の中の環境によっては治療完了までの期間がさらに伸びてしまうこともあります。
歯周病等の治療も必要であれば尚更です。


しかし、患者様の中には挙式など近々大切なイベントを控えておられる方や、小さなお子様のいらっしゃるご家庭の方もいらっしゃいます。
そのような患者様にとって治療期間が長引くことや頻繁に通院することはとても煩わしいことでしょう。

そのようなお忙しい患者様のために、当院では短期集中治療をおすすめしております。
通常は通院に数週間も必要となるケースでも、治療の質を落とさないよう、また特別料金も不要で短期集中で治療を進めることができます。


頻繁に通院することが難しい方や大切なイベントを控えておられる方は、短期集中治療も提供している当院へ一度ご相談下さい。
http://www.tdc.gr.jp/

« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/