«  2015年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年5月27日

虫歯で空いた穴や欠けた部分には、レジンとよばれる樹脂製の材質で埋めることが一般的です。

レジンは歯の色に近い白い樹脂を用いることから審美性を著しく犠牲にすることもありません。その他、レジンには以下の特徴があります。


・短期間で治療が完了
虫歯をその日に削って、その日のうちにレジンを埋めることができますので、通院回数も1回または2回ほどで済みます。また、歯を削る部分を最小限に留めることができます。

・金属アレルギーの方にも適用可能
インレーには耐久性の優れた金属製のものもありますが、金属アレルギーの方には適用できません。一方、レジンはアレルギー反応を起こさない材質であるため、金属アレルギーの方にも安心して治療を受けて頂くことができます。既に金属を使用している部分を、審美性を高めるためにレジンに変えることもできます。

・歯の隙間を埋めることが可能
レジンを使用して歯の隙間を埋めることもでき、審美性を大きく損ねずに安く仕上げることも可能です。


当院では保険適用内のレジンを含め、患者様の歯の審美性を高める様々な治療を提供しております。
http://www.tdc.gr.jp/

2015年5月20日

歯が全て失われた場合、総入れ歯によって歯を補うことも多いのですが、総入れ歯のデメリットとしてガタツキがあったり、外れやすかったりすることが挙げられます。


入れ歯が不安定のままだと食事中にしっかり噛むことが出来ませんし、噛む力によっては横滑りして快適に過ごすことができません。


そこで、総入れ歯の場合でも横滑りやガタツキが無くなるよう、しっかりと固定させる治療法があります。それが、インプラントオバーデンチャー(IOD)と呼ばれる治療法です。


インプラントオーバーデンチャーとは、入れ歯の内面とインプラントを連結させて入れ歯が動かないよう安定させる治療法になります。

数本のインプラント体を顎の骨に埋入し、その上に取り外し式の入れ歯を連結させます。連結装置は患者様の状態に合わせて選択しますが、一般に以下のものが用いられます。


・ボールタイプのオーバーデンチャー
入れ歯に連結させる部分(インプラント側の先端)がボール状になっているタイプです。そのボール状に対応する金具を入れ歯側へ備え付け、金具にボール状の部分をはめ込む形で固定させます。

・バータイムのオーバーデンチャー
顎骨に埋め込んだインプラント同士をバーで繋ぎます。入れ歯側にはそのバーを挟みこむクリップ状の部品を取り付け、バーを挟んで入れ歯を固定させます。

・磁石タイプのオーバーデンチャー
インプラント側と入れ歯側にマグネットを備え付け、各々の磁力によって入れ歯を固定させます。取り外しが可能であるため、お手入れが簡単になります。


以上のように、インプラントオーバーデンチャーによって入れ歯をしっかりと固定することが出来るため、食事の際にもしっかりと噛むことが出来ます。


当院ではオーバーデンチャーのほか、様々なインプラント技術を提供しております。
http://www.tdc.gr.jp/

2015年5月13日

「歯の神経を取る」、「根っこの治療をする」...虫歯がかなり進行してしまった場合の治療として、このような表現がされることがあります。
これらの表現は、正式には「根管治療」と呼ばれるものです。


根管治療という名称を一度はお聞きになった方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも根管治療とは一体どのような治療法なのでしょうか。
今回はその根管治療について、どのような内容でどのような手順で治療が進むのか、ご紹介したいと思います。


根管治療を一言で表現すると、「歯根のダメになった神経を取り除き、消毒して薬を詰める」ということになります。


根管とは歯の根の部分を言い、その内部には神経と血管が含まれる歯髄と呼ばれる組織が存在します。
虫歯が進行すれば、歯髄にまで影響が及んで壊死してしまいます。そのまま放置すれば、腐敗で繁殖した菌がさらに根の奥へ進行します。

その後は最終的に抜歯せざるを得なくなりますので、その段階に至る前にダメになった歯髄を取り除く必要があるわけです。


そこで、根管治療では次のように処置を進めていきます。

1、歯を削って歯髄を露出させます。
2、専用の器具を用いて虫歯菌に感染した歯髄を取り除きます。
3、取り除いた後の空洞部分を綺麗に洗浄、消毒します。
4、根管に再び菌が入り込まないよう、薬剤をしっかり詰め込みます。
5、根管に補強の芯を立てて、被せ物を装着します。


当院では根管治療で使用する器具にすべて滅菌処理を行っており、進行した虫歯でも、安全・安心な根管治療を行っております。
http://www.tdc.gr.jp/

2015年5月 6日

喫煙の習慣がある方だけでなく、コーヒー、紅茶、ワインなどの飲用する習慣のある方は、やがて歯に着色汚れが付いてしまいます。


そのような着色汚れは市販のヤニ取りを使用してご自宅でクリーニングを試みることもできますが、ヤニ取りは荒い研磨剤が含まれていることから歯の表面を傷つけてしまいますし、また、歯と歯の隙間まで綺麗にすることはご自宅ではかなり難しいでしょう。


そこで今回は、歯を傷つけることなく、歯の隙間を含めて隅々まで着色汚れを取り除くことができる「プロフィーメイト」と呼ばれるクリーニングをご紹介させて頂きます。

プロフィーメイトは、極めて小さな粒子と水をエアーによって歯に吹付け、着色汚れを取り除いていく歯のクリーニング方法です。(なお、プラークや歯石除去は事前に行います。)

柔らかく小さな粒子で歯を研磨することないため歯の表面にとても優しく、また水とエアーの力で歯と歯の隙間や歯周ポケットまで綺麗にできます。
また、歯の着色汚れを落とすクリーニング効果だけでなく、歯垢やステインが付きにくくなり、そして口臭予防にも効果を発揮します。


短時間で歯にやさしいクリーニングをご希望の方は、プロフィーメイトを導入している当院へご相談下さい。
http://www.tdc.gr.jp/

« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/