«  2015年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年9月30日

インプラント治療でアバットメント(支台)とクラウン(被せ物)を製作する材料で一番考えなければならないのが強度だと思います。

天然歯にクラウンを被せた場合ですが、歯の根(歯根)と顎の骨(歯槽骨)の間には歯根膜というものが存在し、その歯根膜により数十μではありますが歯は動きます。それが噛んだ時にクッション替わりになることで、衝撃を和らげる働きがあります。

しかし、インプラントは顎の骨に直接チタンでできた人工歯根を埋め込むので、固定はされますがクッション替わりになるものがなく、衝撃がアバットメントとクラウンに直接伝わり破折や破損の可能性が出てきます。


また、前歯部でのインプラント治療で気を付けなければならないことは、『色』です。歯茎はとても高い光透過性を持っているので、金属でできたものを使用すれば歯茎が暗くなります。ですので、極力前歯には金属を使用しないほうが高い審美性を獲得することができます。


ここで良いのが、ジルコニアでアバットメントとクラウンを製作することです。ジルコニアは高い光透過性を有しているので歯茎が黒ずんだりする心配がなく、より天然の歯に近い色調を再現することが可能です。前歯のインプラント治療は審美性を有さんされる方が多いので、ジルコニアを使用することはとても有効だと思います。

当医院のインプラント治療に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/0510implant/

2015年9月23日

虫歯になりやすい人は、まずは体質というものがあります。

一生懸命歯磨きをしても虫歯になりやすい人、逆にあまり歯磨きをしなくても虫歯になりにくい人もいます。歯の性質や唾液の量の違い、歯並びなど要因はたくさんあります。なので体質を変えることはとても難しいことです。


ですのでとにかく口の中を清潔に保つことが大切になってきます。虫歯になる原因はたくさんありますが、その一つには口腔内環境にあります。口の中に食べ物などがなにも入っていないときは中性に近い状態ですが、食べ物を食べることによって酸性になり、歯が脆くなって虫歯菌に侵襲されやすくなり虫歯になってしまいます。

その酸性の状態だった口腔内を唾液により中性に戻る(再石灰化)ことによりまた虫歯になりにくい環境にします。しかし、せっかく再石灰化を行っている口腔内にまた食べ物や飲み物を入れてしまうと酸性に寄ってしまい、常に虫歯菌に犯されるリスクを伴うことになります。生活の中で常にコーヒーなどの飲み物を飲んでしまう、ガムをずっと噛んでいる、アメを舐める機会が多い人などは、口の中に物が入っている時間が長いので虫歯になりやすいリスクを負っています。


また、歯磨きによるセルフケアが重要になります。理想は、食後すぐに歯磨きをすることなのですが、それはとても難しいことです。しかし、ここで大切なのは回数ではなく歯磨きの質だと思います。大人でも上手に歯磨きだできる人は少ないので、まず歯磨きの仕方はプロである歯科衛生士に歯磨き指導を受ける事をお勧めします。また、その時に自分にあった歯ブラシなどを相談すれば、より質の高い歯磨きを行うことができると考えます。

また、マウスウォッシュ液なども併用すればより高い効果が見込めるでしょう。

当医院の治療についてはこちら
http://www.tdc.gr.jp/

2015年9月16日

インプラント治療を受けた人は『入れ歯が嫌』ということと、『失った周りの歯を削ってブリッジにしたくない』ということが理由の人が多いと思います。

実際、入れ歯は部分入れ歯から総入れ歯までとどのような口腔内状況にも適応でき、多くの場合、健康保険が適応されます。しかしながら、入れ歯は食べ物が噛みづらかったり、入れ歯を支えるために付いている金属のバネ(クラスプ)が見えるので、審美的に良くないというデメリットがあります。それを機能的にも審美的にも良いものにしたものがインプラント治療です。


そして、インプラント治療は失ってしまった周りの歯を削る必要がないので、残存歯に優しい治療とも言えます。また、入れ歯やブリッジよりも咬み合せがとても安定するため、よく噛むことができます。
そして、審美的にもとても優れており、実際に当医院のようにインプラント専門医が手術を行い、人工の歯を製作する歯科技工士の知識や技術が優れていたならば、近くで口の中を見てもインプラント治療を行ったということが分からないほど綺麗です。

入れ歯で噛めない、外れるなどの不自由をしていたり、抜けてしまった歯の周りの歯を削りたくない方は、インプラント治療をお勧めします。

当医院のインプラント治療に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/0510implant/

2015年9月 9日

まずは入れ歯の咬み合せが合っていないことが考えられます。入れ歯は患者さんが自分自身で簡単に取り外しのできる歯科補綴装置です。

なので、顎の骨にがっちり固定されていないものではないので、食べ物を咬んだ時に必要以上に口の中で動いてしまい、粘膜にあたって痛みが出たりします。

また動き過ぎる入れ歯は周りの歯や接している歯茎に悪影響を与えてしまうので、口腔内環境の悪化も考えられます。そして、入れ歯が動くことによって入れ歯と歯茎の間に隙間が出来てしまい、噛み砕いた食べ物がその隙間に入り込んで痛みや異物感を与えてしまいます。


もう一つ考えられる原因が、入れ歯の形と歯茎の形が合っていないことです。人の顎の骨は、歯を失うと痩せていきます。なぜかというと、歯を失うとその歯を支えていた歯槽骨という顎の骨が退縮してしまい、それに伴って歯茎も退縮してしまうからです。するともともとピタッと合っていた入れ歯と歯茎の間に隙間が出来、そこに空気が入ってしまうことで入れ歯が外れやすくなります。もし、入れ歯と歯茎の形があっていない場合は、リベースという調整方法で再度ピタッとした入れ歯にします。


入れ歯になっても、定期的なメインテナンスを受けるために来院をお勧めします。

当医院の治療についてはこちら
http://www.tdc.gr.jp/

2015年9月 2日

入れ歯はどのようにして保存をすればよいのかをお話ししたいと思います。


入れ歯の敵は乾燥です。乾燥すると入れ歯自体の材質が劣化するものもあります。また、歯垢やステインなどの付着物は、乾燥するとそれを除去するのに非常に手間がかかります。ですので、起きている時間だけでなく、寝る時も常に口腔内に入れておくことも一つの方法です。

しかし問題点があります。それは、人間の口腔内には多くの雑菌が存在しており、歯ブラシなどでの手入れだけだと入れ歯が不衛生になる可能性が高くなります。また、小さな部分入れ歯を装着している方は、睡眠時に誤飲してしまう恐れもあるので、注意が必要です。


私が一番お勧めすることは、入れ歯洗浄剤による除菌と保存を行いながら保存することです。口の中に入れ歯を入れ続けると入れ歯に汚れや雑菌が付着し、臭いなどの原因になります。

そこで、食事や外出をしていないとき、つまりは入れ歯を使用していないときに入れ歯洗浄剤に浸して除菌を行うことが望ましいです。入れ歯を入れ歯洗浄剤に浸けて置くことで湿潤状態を保てるので、材質の変化を防ぐこともできます。日中は外したくない人、どうしても外すことのできない人は睡眠時に入れ歯を外して入れ歯洗浄剤に浸けておくと常に清潔に保つことができます。


当医院の治療についてはこちら
http://www.tdc.gr.jp/

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/