«  2015年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年10月28日

歯科補綴物は私たち歯科医師が製作していると思っている方がいらっしゃると思います。

もちろん自分で製作している先生もいらっしゃいます。実は、歯科補綴物は国家資格をもった歯科技工士が製作していることが大半です。

歯科技工士は言わば歯科補綴物を製作する専門のプロです。そして、多くの歯科医院は歯科技工所という歯科技工士がいる歯科補綴物を製作する作業所に外注をします。
ですが、当医院はその歯科技工所を歯科医院内に設けることで常に歯科技工士がいます。歯科技工士が常に歯科医院にいるメリットは、色や形をすぐに調整することができます。外注で歯科補綴物を歯科技工所に出している歯科医院は、大きな調整を行ったならば、再度仕上げのために来院をしなければなりません。

しかし、歯科医院内に歯科技工士がいると、すぐに仕上げをすることができます。また、患者さんとコミュニケーションをとることができるので、患者さん個々の要望や細かい色、形などを確認することができます。これが歯科医院内に歯科技工士がいる大きなメリットだと思います。

つまり、多くの情報を製作する歯科技工士がその目で確認できるので、短期間で高品質な治療を提供することが可能です。

当院の治療に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/

2015年10月21日

歯科補綴物を製作するときに、歯を削って歯型を採ってからどうしても歯が無くなってしまう期間があります。
歯が無くなってしまう期間があることはどうすることもできません。そのとき、歯を削った上に本物ではない仮の歯を装着することがあります。これは入れ歯や全顎的なインプラント治療症例にも当てはまります。

仮の歯を入れることでどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、歯が無いことがわからないので審美性をあまり損なわないことです。加えて前歯部などもっとも審美性にこだわる部分には形の確認もすることができ、気に入った形を最終の歯科補綴物に反映することができます。

また、歯が無いとよい噛み合わせを保つことはできないのですが、仮歯を入れることで噛み合わせを維持することができます。噛み合わせを維持ずることで隣り合っている歯や歯茎に悪影響を与えないので周辺組織の保全にも役立ちます。
なにより、削り取った歯を守るために大きな役割を果たします。

欠損本数や治療する部位が広くなれば広くなるほど長い治療期間が必要になる可能性があるので、少しの期間だから仮歯を入れなくても...と思わず、口の中の健康を維持するためにも仮歯を装着することをお勧めします。

当院の治療に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/

2015年10月14日

歯科矯正を行うメリットとして見た目が良くなるということを以前お話ししました。もちろん最大のメリットは歯並びが審美的に改善されることだと思います。
しかし、それだけではありません。歯科矯正治療を行うことにより歯並びが綺麗になるので噛み合わせもよくなります。

歯並びが悪いと、上下の歯が噛んでいなかったり理想の場所に噛んでいなかったりしている人がほとんどです。つまり、上下顎の歯並びを改善することで、歯が理想の位置で噛み合うようになります。よって見た目だけでなく、噛み合わせがよくなり、以前より食事がしやすくなります。もちろん臼歯部の噛み合わせも改善されますが、前歯部は反対咬合などの不正咬合も改善することで噛み切りやすくなったり食事がしやすくなります。

また、噛み合わせが良くなると顎の関節にも良い影響を与えるので、顎関節症などの病気も改善されます。ですので、見た目が気になる人は歯科矯正を行うことで改善されることは容易に考えられますが、意外にも顎関節症を改善するにも大きな効果があります。


歯並びが悪くて気になる人、噛み合わせが悪くて食事がしづらい人はもちろん、顎に痛みや違和感がある人は歯科矯正をしてみてはいかがでしょうか?

当医院の矯正歯科に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/0545orthodontics/

2015年10月 7日

歯科矯正を行うことでの最大のメリットは綺麗な歯並びを手に入れることができることではないでしょうか。歯科矯正治療を受ける方の多くは歯並びが悪いという理由だと思います。歯並びが悪い人は少なからずコンプレックスを持っていると言われています。前歯が曲がって生えていたり捻転していたり、歯並びがガチャガチャだったり。どうしても人は口元が目立ちます。話をしているとき人は動くものに目が行くという習性があり、対面距離で話すと目と口が気になります。その目立つ口元にコンプレックスを持っていたら笑うことはもちろん話すことも気になってしまうでしょう。
しかし、歯科矯正はその問題を解決してくれます。もちろん、治療終了後は見た目の問題は解決されますが、治療中は金属のワイヤーを付けるので少し目立ちますし、歯を動かすために負荷をかけるので少々痛みを伴います。ですが、当医院では矯正装置を白いセラミックに置き換えることで見た目が目立たないようにすることができますし、そもそもワイヤーなどの矯正装置を使用せず、マウスピースのように食事の時以外に取り外しのできるものもあります。
もし、美しい歯並びを手に入れたい方は歯科矯正をお勧めします。

当医院の矯正歯科に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/0545orthodontics/

« 2015年9月 | メイン | 2015年11月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/