«  2015年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年11月25日

当歯科医院では、多くの医療従事者の方が治療に来られます。それはどのような意味があるのでしょうか。

医科関係はもちろん、歯科関係者はいわばこの道のプロです。現在かかりつけの歯科医院に通っていらっしゃる方はどのような理由でその歯科医院を選ばれたでしょうか?自宅もしくは勤務先から近い、ホームページ・広告などを見た、口コミの評判がいい、家族や知人からの紹介など多くの理由があると思います。しかし、多くの場合に言えることですが、判断しているのは素人です。つまり、先生が優しかったや治療が痛くなかった、治療期間が短かったなど浅く表層的な感想でしかありません。


では医療従事者はどのようなことを見ているのでしょうか。まずは、私たち歯科医師の腕です。そしてスタッフの動きや治療計画、そして治療結果などを総合して判断します。また、技術だけでなく機材もよいものをそろえなければなりません。もちろん機械頼みではなく、それを使いこなせる技術を知識も兼ね揃えれていなければなりません。
ですので、医療従事者の方々が来られるということは、私たちも常に最新の器材、そして知識をもって治療に臨まなければならないのです。当歯科医院に医療従事者の方が治療に来られるということは常に高水準の治療を提供できているという証ではないかと思います。

当医院の治療に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/05reason/#reason4

2015年11月18日

感染を予防するのは歯科治療に使用する器材や備品だけではありません。口腔内で患者さん自身の感染を予防することも大切になってきます。皆さん虫歯はどのような病気だと思われますか?虫歯菌が歯に付着して歯を悪くする、と思っている方がほとんどだと思います。もちろん、それは正解です。ですが、ひとつ気を付けなければならないことがあります。

それは、虫歯は感染するということです。虫歯はミュースタンス菌という原因菌により発症します。このミュースタンス菌は生まれたての赤ちゃんの口の中には存在しません。その後、何らかの感染経路により口の中にミュースタンス菌が入り込み、虫歯になる環境になってしまいます。そのミュースタンス菌は唾液の中に多く含まれています。つまり、口腔内にミュースタンス菌があると唾液によっていつでもどこにでも存在するようになります。

よって、虫歯を治療する際、唾液を排除しなければなりません。しかし唾液を完全に止めることはできません。ではどのように治療を行うのでしょうか。それはラバーダム防湿というゴム製の器具と樹脂を使用して虫歯を治療する歯の周りを完全に覆うことで、唾液の侵入を防ぎます。ラバーダムを使用することにより安全で安心な治療を受けることだができるようになります。

当医院の治療に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/1005clinic-tour/

2015年11月11日

歯科医院をはじめ病院には多くの患者さんが治療を受けにいらっしゃいます。つまり、多くの感染ルートが存在し、いつどこでだれがどのような病気にかかりそれをほかの人に移してしまうのかわかりません。

例えば、少し調子が悪く病院に行った結果、ほかの人がかかっていた病気が移ってしまったということがあると思います。もちろん、歯科でもそのようなことが起きます。しかし、総合病院などカルテを共有できる病院ですと患者さんの既往歴などがわかるのですが、個人の歯科医院ですと問診や自己申告のみになってしまいがちなので、どうしてもすべての人の体の状態を把握することは難しいです。
つまり、すべての患者さんに対して感染しないような配慮を行わなければなりません。

近年、治療器具の使い回しのニュースがたびたび見られるようになりました。このようなことは決して許されることではありません。当医院では、コップやエプロンなどの備品をできる限りディスポーサブル(使い捨て)にし、治療器具は高圧蒸気滅菌器、薬液滅菌、ガス滅菌などの各種滅菌機器を使用しすべて滅菌を行っています。そうすることにより院内での感染を防いでいます。

ぜひ、患者さんに安心で安全な歯科治療を受けていただきたいと思います。

当医院の滅菌対策に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/1005clinic-tour/

2015年11月 4日

当医院ではカウンセリングルームを設置しております。

このカウンセリングルームでは現在のお口の状況や今後の治療計画を確認するだけでなく、患者さんが不安、不満に思っていることや治療への疑問、そして治療費や期間などの相談をすることができます。

当医院の診療室はもちろんのことカウンセリングルームを完全個室にすることで患者さんのプライバシーを守ることができます。どうしても自分の口の中のことはほかの人を気にしながら話すことは難しいと思います。
やはり、信頼のおける歯科医院のスタッフとしっかり話をすることで少しでも患者さんの主訴の確認と、それぞれにあった治療方法を提案することができます。

治療中はユニットという診療用の椅子に取り付けられているモニターで口の中の写真やレントゲン写真などが映し出されることがあります。これが開けたスペースだといろいろな人に見られてしまいますが、治療室もカウンセリングルームも完全個室にすることでその心配をなくすことができます。

他の目が気になって、本当に気になっていることを伝えられなかったり、知りたいことを知れなかったりすると満足のいく治療を受けることが難しいかもしれません。当医院は患者さんのプライバシーを守ることで高度な治療をご提供いています。

当医院の院内についてはこちら
http://www.tdc.gr.jp/1005clinic-tour/

« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/