«  2015年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年12月30日

歯の色が黒ずんでいる、もしくは茶色かがっているなど審美的に不満を持っている人がいらっしゃると思います。では、歯を白くするにはどのような治療があるのでしょうか。

まずはホワイトニングです。ホワイトニングは定期的に歯科医院にて歯の表面に薬剤を塗布して少しずつ歯を白くしていきます。歯を削らなくて済むので自分自身の歯を綺麗にすることができます。また、マウスピースのようなものを使用してご自宅で行えるホームホワイトニングというものもあります。これは、定期的に歯科医院に通うことなく自分の好きな時間に行えるホワイトニングです。

他には歯科補綴物で白く綺麗にするという方法があります。いわゆる被せ物を装着することで自分の歯では満足できなかった審美性を得ることが可能になります。被せ物も金属を使用するものと使用しないものがあり、より審美性を追求することができます。

また、当医院では被せ物のように歯を多く削るのではなく歯の表面を一層削り取り、その上に歯の色をした材料を張り付けるラミネートべニアという歯科補綴物を提供しています。これは自分の歯をあまり削らなくてよいという利点があり、見た目もとてもきれいに仕上がります。できる限り歯を削らずに審美性の向上に努めています。

当医院の治療に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/

2015年12月23日

親知らずとは第3大臼歯とも呼びます。通常人の歯は上下合わせて28本で良いとされていますが、親知らずが生えて32本の人もいます。では、親知らずは必ずしも必要なのでしょうか。

まず、現代人は進化により顎の大きさが小さくなってきています。ですので、綺麗に親知らずが生えてくる人は少なくなってきています。親知らずの生えるスペースがないがために、曲がって生えてきたり歯茎に埋まったままの人もいます。曲がって生えてくると、咬合性外傷といってほっぺたや舌を噛んでしまったりしますし、歯茎に埋まっていると周りの組織に悪影響を与える可能性が出てきますので基本的には抜歯をお勧めします。

生えてきた向きや位置などが問題ないようでしたらそのままでも構わないと思います。また、現代の歯科医療では自分の歯を抜けてしまった部分に埋め込む歯牙移植もすることが可能です。つまり、噛み合わせにはあまり必要のない親知らずを利用し移植するということを行うことができます。

もし不正排列により抜歯しなければならない場合になっても、当医院では歯科用炭酸ガスレーザーを使用することで痛みの少ない治療を行うことができ、傷や炎症を早く治すことができます。痛みの少ない治療を受けて頂ければと思います。

当医院の治療に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2015年12月16日

歯周病と言えば口の中の病気というイメージがあると思います。実は歯周病が原因で体全身に悪影響を及ぼすということがわかってきています。

そのなかに糖尿病という病気があります。糖尿病が原因で歯周病になるのか歯周病が原因で糖尿病になるのかはまだはっきりとわかっていませんが、歯周病が大きく関係していることははっきりしています。歯周病が悪化すると食べ物を咀嚼する能力が低くなると言われています。その咀嚼能力が低くなると食べ物をよく噛んで食べられなくなるため丸飲みの状態になってしまいます。このことが消化に悪影響を与えるので糖尿病が進行すると考えられています。また、消化が悪くなると栄養摂取不足や高血圧などいろいろな問題が出てきます。

また、歯周病を治さずいると歯を失う可能性があり、噛み合わせが悪くなります。噛み合わせが悪くなると体のバランスが崩れ、頭痛や肩こり、腰痛などの体の異常が出てきます。

歯周病によって歯を失うことで、満足に食事を採ることができなくなると認知症も進行すると言われています。口の中の環境の崩壊が健康の崩壊に繋がります。
ぜひ口の中を健康に保って、全身の健康を手に入れて頂きたいです。

当医院の歯周病治療に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/0525periodontitis/

2015年12月 9日

どうしても歯科治療には痛みを伴う治療があります。歯を抜く、歯茎を切るなど外科的処置を行ったならば少なからず痛みが出ます。ですが、当医院ではその痛みを最小限に抑える対策をとっています。

まず、痛みを和らげる効果があるとして、麻酔を使用します。麻酔は効いてしまえば痛みは感じないのですがその麻酔を打つ注射針を刺す時に痛みがでます。また、刺し方でも痛みの度合いは変わってきます。当医院では、極細の注射針を使い熟練した歯科医師が麻酔注射を行うので痛みを最小限に抑えています。

また、当医院では歯科用炭酸ガスレーザーによる治療を行っております。この歯科用炭酸ガスレーザーは痛みの少ない治療を行えるだけでなく、傷や炎症が早く治ることや免疫機能を高めることができるのがメリットです。主に治療できるものは止血、小帯切除、口内炎、口唇ヘルペス、歯肉ブリーチングなどです。また、高い殺菌効果があるので、根尖治療やインプラントの2次手術にも使用できます。

そして、なによりリラックスできる院内環境により患者さんの気持ちを落ち着かせることで治療に対する不安や恐怖感を少なくさせ、痛みを和らげることにも務めています。
良い治療を安心してそして安心して提供したいと思っています。

当医院の治療に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2015年12月 2日

当医院は清潔感のある歯科医院を目指しています。まずは立地です。当医院は兵庫県芦屋市内の閑静な住宅街の中にありますので、ゆっくりと安心して治療を受けていただけます。

中に入っていただくと、明るくきれいな待合室と受付があります。待合室では、治療の関係上長時間待っていただくこともありますが、静かで落ち着いてリラックスできる環境を整えております。また、受付ではご予約のご相談や治療費のお支払いだけでなく、治療に対する疑問・質問も対応できるような雰囲気作りと、患者様に安心して治療を受けていただけるよう笑顔で対応致しております。

診療室は、ゆったりと広めのスペースを確保しておりますのであまり時間を感じさせることのなくリラックスして治療を受けて頂ける環境を整えております。また、個々のユニットの間はパーテーションで区切られていますので、患者様のプライバシーも守ることができます。また、完全個室の特別診療室やオペ室も完備しております。

患者様が歯科医院内のどの場所でもリラックスして満足のいく治療を受けて頂くための環境つくりに取り組んでいます。患者様がリラックスして治療を受けて頂くことで気持ちも落ち着き痛みもあまり感じないようになります。当医院は常に患者様に安心して治療を受けて頂きたいと思っています。

当医院に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/1005clinic-tour/

« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/