«  2016年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年1月27日

歯に激痛があり、歯科を受診された場合。
多くの場合が、歯の神経、もしくはその付近にまで虫歯が進行しており、歯の神経を取る処置をしなくてはいけなくなります。


歯の神経を取る。


これは、歯にとって大きなダメージです。


たとえ、同じくらいの大きさの虫歯であっても、神経を取るか、取らなくて済むかは、今後のその歯の寿命を大きく左右します。


歯は、根管と呼ばれる神経を通す管が中央部分にあります。
神経を取る治療とは、この根幹から神経を取り除き、洗浄消毒し、空洞になった根幹に専用のセメントを詰める治療になります。


この治療は非常に難しく、細菌が少しでも残っていたり、空気が入ってしまうと、そこから虫歯が再発したり、新しく「根尖病巣」という病気を引き起こす原因になります。
根管内での虫歯の再発、根尖病巣は、再度根管治療をやり直すことになり、その分歯の根はダメージを受けます。


そのようなことが繰り返されていると、歯の根はだんだんともろくなっていってしまい、いずれ咬合力によってひびが入ったり、割れてしまう原因になります。


歯の根は、割れてしまったら最後。
よっぽど運が良くない限り、抜歯になってしまいます。


そのようなことを引き起こさないためには、虫歯は痛くなる前に早期発見することが重要です。


しばらく歯科に行っていない、しみる歯があるなどと言う方は、お電話ください。


当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年1月20日

当院では、歯を失った時の第一選択肢として「インプラント」をお勧めしています。


インプラントには数々のメリットが存在します。


その中で、咀嚼能率の高さはインプラントの魅力の一つです。


咀嚼能率というのは、食べ物を噛み砕く効率のことで、この咀嚼能率は高ければ高いほど、ものが良く噛める、使いやすい歯であるといえます。


一般的に天然歯の咀嚼能率を100%としたとき、入れ歯ではその20%程度しか咀嚼できないといわれています。


それと比較し、インプラントの咀嚼能率はケースによりますが天然歯に近く90%程度まで咀嚼能率を高めることができます。


しっかりと「噛める」ということ、おいしく食事ができるということは、全身の健康や、脳の活性化にも関係があります。


特に、第一大臼歯(六歳臼歯)など、咀嚼にとって重要な役割を担っている歯を失ってしまった場合には、インプラント治療を行うことにより、快適な、咀嚼ができるということは大変メリットが大きく、今後の口腔内全体のバランスを良好に保つ役割も果たします。


当院では、患者さまにとって最良のインプラント治療をご提供できるよう、スタッフ一同取り組んでいます。
インプラント治療にご興味のある方、お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。


当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年1月13日

歯周病は成人では8割以上の人が罹患しているともいわれる病気です。


ですが、ご自身で歯周病にかかっていると気が付いている人はどのくらいいらっしゃるでしょう?


歯周病は自覚症状が少なく、静かに進行していく病気です。
そのため、気がついたときには手遅れであることも多い病気です。


歯周病の初期症状は


・歯肉からの出血
・歯肉の発赤
・歯茎の違和感


などです。


特に「歯肉からの出血」があったときに歯周病を疑わなくてはいけないということは、多くの方も周知のことだと思います。
しかし、歯肉からの出血は、歯磨きの仕方や、喫煙などにより症状が発見されないことがあります。


たとえば、煙草を吸っていると、歯肉の血行が悪くなり、歯肉が固くなっていきます。そうすると、歯肉から出血がしずらくなります。


また、歯磨きをするときに、きちんと歯と歯茎の境目に歯ブラシが当たっていなければ、歯磨きでの出血は起こりません。
歯磨きをしなくても出血が起こるような場合は、重症の歯周病になっている可能性が高いと考えられます。


歯周病は初期段階では自分自身で発見することが難しい病気です。


何も気になることがなくても歯科医院での検診を受けていただくと安心できるのではないでしょうか。

当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年1月 6日

人の歯は一つとして同じものはありません。歯の形はもちろん、明度、彩度、透過性など様々です。特に審美性を求められる前歯の治療にはこの形と色の調和がとても重要になってきます。通常ですと、診療室でカメラを使用して歯の色を製作する歯科技工士に情報として伝えるのですが、診療室の明るさや使用するカメラの種類などで条件が異なってくるので完璧な色合わせは難しいとされています。

そこで、当歯科医院では正確に歯の色を測定するためにクリスタルアイという撮影装置を使用しています。この装置で歯を撮影するときは、外光を遮断し専用のLED光源を使用します。つまり、常に一定の条件下で撮影ができるので撮影環境に左右されることなく情報を伝えることが可能になります。また、この装置を使用することで人の目で知覚できる90%の色域をカバーすることができます。

加えて、当医院は常に歯科補綴物を製作する歯科技工士がいるので、実際の作り手が本物を歯を自分の目で見ることができるので、より正確な色調表現か可能になります。また、自分の製作した歯科補綴物と周りとの歯の微妙な違いも確認できるので調整も的確に行うことができます。少しでも患者さんが満足していただける治療を行っています。

当医院の審美歯科に関してはこちら
http://www.tdc.gr.jp/0515cosmetic-dentistry/

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/