«  2016年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年3月30日

インプラント治療と歯周病治療は切っても切れない縁です。歯周病は30代以降の方が多く罹患し、今や国民病の一つとも言われています。

インプラントは、欠損修復の領域において非常に優れた治療方法であり、天然歯に近い咀嚼と機能を回復することができる唯一の治療方法です。

インプラントは、人工歯であるため「虫歯」にはなりません。どんなに磨かなくても、メンテナンスを怠っても虫歯になって痛むというようなことはありません。

ですが、インプラントは「歯周病」にはなります。しかも天然歯よりも歯周病には罹患しやすく、歯周病菌がインプラント体に取り付いてしまうと、通常の歯周病治療と同じ方法で歯は、状態が改善しないこともあります。

インプラントは、まるで天然歯のように使っていただくことのできるものですが、唯一の弱点が歯周病と言っても過言ではないでしょう。

特に、歯周病でもともとのご自身の歯を失うことになってしまったという方には注意が必要です。また、同じ理由で、同じ場所に入れたインプラントを歯周病で失うことになってしまう可能性があるからです。

インプラントは治療前、治療後共に、歯周病の治療を行わせていただきます。当院では徹底した歯周病管理のもと、インプラントを長く、快適に使っていただきたいと考えて治療に取り組んでいます。

当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年3月23日

歯科医院では、しっかりとした感染予防対策を行うことが大切です。

それは、通常の虫歯治療、歯周病治療でもですが、特にインプラントでは感染予防対策をしっかりと実行し、清潔な状態で処置を行うことが非常に重要であると考えています。

なぜなら、通常の虫歯治療は虫歯を「除去」する作業ですが、インプラント治療は顎骨の中にインプラント体を「残す」作業だからです。

身体の内部に何かを残すということは、そこにほんの微細であっても、細菌があった場合、体内で繁殖したり、悪影響を及ぼす可能性があるからです。

インプラント体の滅菌はもちろんですが、インプラントを入れるための穴をあけるドリル、インプラント手術時に使われるすべての器具は完全滅菌されたものを使用しています。

徹底した感染予防対策を行うことでインプラントの術後の経過も良くなり、骨への定着率も上がります。

当院では、安心安全なインプラント治療を受けていただくために、徹底した感染予防対策を実施しています。

インプラント治療をご検討の方はぜひ一度ご相談ください。

当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年3月16日

当院では歯科において「滅菌」というのは非常に重要なことであると考えています。口腔内には多くの細菌が存在し、また歯科治療には出血を伴う治療も多くあります。

そして、それは感染源となり、適切な処理をしなくては、院内感染予防の原因となります。感染予防対策として、当院では数々の滅菌システムを採用しています。

高圧蒸気滅菌、ガス滅菌、オートクレーブ滅菌はもちろん、滅菌が困難なものに関してはディスポーサブルのものを使用しています。

滅菌専用スタッフも常駐し、常に高いレベルで院内感染を予防し、衛生的で清潔な院内環境を保てるようにしています。

インプラント手術の前にはもちろん、通常の歯科治療でも、ミラーやピンセットなど、患者さまごとに滅菌パックに入れ、治療開始前に開封しています。

もちろん、一度開封した器具は、使用の有無に関わらず再滅菌をしています。

このような日々の細かい作業の積み重ねが、患者さまに安心して、衛生的な環境で治療を受けていただくためには必要だと考えています。

当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年3月 9日

アソアライナー矯正。いわゆる「マウスピース矯正」の一種です。

当院ではコンピューターシステムで歯の移動量を正確に計算し、少しずつ形の違ったマウスピースを作成します。マウスピースは段階的に新しいものに変えていき少しずつ歯が動いていくシステムです。

長い時間、マウスピースを装着していないとなかなか歯が動いてこないため、食事や歯磨きの時以外はできる限りマウスピースを装着していただくことをお勧めしています。

ですが、食事の際にははずして構いませんので、従来の固定式の矯正装置の問題であった食べ物が挟まりやすい、食事がしにくいなどの問題点が改善されました。また、歯磨きの際にもはずせますので、虫歯のリスクも上がることがないのが特徴です。

アソアライナー矯正は、対応している症例が限られてはいますが、見た目が気にならず、ここぞというときにはすぐに矯正装置を外せますので、近年人気が高まっている矯正治療法です。

アソアライナー矯正にご興味のある方はぜひ一度ご相談をください。

当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年3月 2日

矯正治療は近年一般化し、マルチブラケット(金属の矯正装置、ワイヤー)を口腔内につけている人を見かけることも増えてきました。

ですが、まだまだあの矯正装置の見た目に抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

矯正はしたいけれど、矯正装置のあの見た目が気になる・・・
子供に矯正をさせたいけれど、思春期で見た目を気にしている・・・

そんな方に、当院で採用している目立たない矯正治療装置の一つに「セラミック矯正」というものがあります。

これは、従来のマルチブラケットの矯正治療と治療方法は全く変わらず、ほとんどの症例に対応できる方法です。

ブラケットの金属であった部分を、歯に自然になじむ半透明~白色のセラミックにし、見た目を目立たなくしたものです。

これが意外と目立たず、活動中の芸能人の方などもこの矯正装置を使用した状態でテレビに出演していたりもするのです。

矯正には興味があるけど、見た目が気になるという方は、このような目立たない矯正装置のご用意もございます。

ぜひ一度ご相談ください。

当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/