«  2016年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年6月29日

健康保険で入れることのできる銀歯は身体に悪いこんな話を聞いたことはありませんか?これは一概に「悪い」とは良いずらい問題ですが、確かに身体に「良い」ものではありません。理由はいくつかありますが、簡単なものをご説明しましょう。

ま、銀歯は金属です。金属は長時間、水の中にあると「錆び」ます。もうお分かりになっている方もいらっしゃるかと思いますが、つまり、銀歯は口の中で錆びるのです。

そして錆びは溶け出します。唾液に溶け出した錆びは体内に吸収されます。これが体に良いのか、悪いのか。そういう問題です。

ちなみに健康保険外の治療で使用されるセラミックは錆びません。ですので、少しでも体に良いものをという方にはセラミックをお勧めします。

特に、今までになんだかの金属アレルギーを発症したことのある方には注意が必要です。銀歯からでた錆びは唾液に溶け出し、体内に吸収されます。そのため、悪い場合だと全身に金属アレルギーの症状が出る可能性があります。

金属アレルギーと歯科治療の関係については、以前から議論がなされており、関連性があることが確認されています。お心当たりのある方は、ご相談ください。

当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年6月22日

レーザー治療は医療の分野では以前から多くの疾患の治療に利用されてきました。ですが、歯科ではまだまだレーザー治療を取り入れている歯科は少ないのが現状です。

当院ではレーザーも様々な治療に取り入れています。

レーザーは、術後の止血効果や、口内炎、口唇ヘルペスの治療にも使用することができるほか、歯肉ブリーチングと言って、メラニン色素が沈着し、黒くなった歯肉を、本来のピンク色の健康的に歯肉によみがえらせる治療にも利用されています。

レーザーには優れた殺菌作用、止血効果、鎮痛作用などの効能があります。実際に、無菌化することが非常に重要である根管治療ではその高い殺菌力から、レーザーを使用した根管治療は、その予後が大変良いという研究結果もあります。

また、口内炎やヘルペスにレーザー照射を行うと治癒が格段に速くなり、痛みも軽減されるということもあります。

歯科ではまだまだ馴染みがないレーザー治療ですが、今後さらなる活躍を見せてくれることが間違いない、最新の医療機器の一つであると考えられます。

当院ではレーザーを様々な治療に応用しております。レーザー治療についてご興味のある方はお気軽にお声かけください。

当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年6月15日

当院では自宅で簡単にできるホームホワイトニングを取り扱っています。

ホワイトニングに興味はあるが、あまり白くなりすぎないでほしい、気軽に自分で行いたいという方にお勧めなのがホームホワイトニングです。

ホームホワイトニングは、まず歯科で専用の歯型を作成し、あなただけのオリジナルのホワイトニング用マウスピースを作成します。

そして、そのマウスピース内にホワイトニング用薬剤を入れ、マウスピースを2時間ほど装着していただきます。これを1週間から2週間続けると歯が徐々に、白くなっていきます。

ホームホワイトニングは時間はかかりますが、ご自分の好きな色になったところでホワイトニングを終了することができます。

また、徐々に色を白くしていくため自然で透明感のある歯が手に入り、知覚過敏などの副作用も少ないといわれています。

また、マウスピースは1回作ってしまえば、その後大きな治療がない限り、そのままずっと同じものが使えるため、2回目以降は、薬液を買い足すだけでホワイトニングを行うことができます。

2回目以降は歯科での予約も要らず、いつでも始めることができるのも魅力の一つです。

当院では、ホームホワイトニングだけでなく、1回で歯を白くすることのできるオフィスホワイトニングも取り扱っています。

ホワイトニングに興味のある方はお気軽にご相談ください。

当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年6月 8日

虫歯の治療を行う際、被せものの治療を行う際に、当院ではオールセラミックでの治療をお勧めしています。

オールセラミックは保険適応外のため費用が自費となってしまいますが、それに見合った対価はあるものだと考えています。オールセラミックは「金属」を一切使用しない治療方法です。

オールセラミックは審美的に優れていることはもちろんですが、金属を使用しないため、金属アレルギーや、金属が錆びることによる劣化、歯肉への着色なども防ぐことができます。特に、前歯の治療にはオールセラミックがお勧めです。

保険で使用することのできる材料には限りがあり、どうしても天然歯のような透明感や白さを表現することができません。また、経年劣化により保険適応の材料で作った前歯の被せものはだんだんと変色してきてしまいます。

オールセラミックであればそのような心配もなく、透明感のある自然な白さが、半永久的に継続します。特に、複数歯の治療を予定されている方には、オールセラミックで歯の色をワントーン明るくすると、全体的にお顔の印象が明るく、さわやかな口元になります。

当院では、専属の院内技工士による精密なオーダーメイドでのオールセラミック治療を提供しています。

ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年6月 1日

予防歯科という言葉を聞いたことはありますか?最近では歯ブラシや歯磨き剤のCMでもしばしば耳にすることが多くなった言葉です。

従来、日本の歯科というのは「虫歯を治す」「歯周病を治す」と言った、治療を中心としたものでした。しかし、時代は少しずつ進歩し、近年では「予防歯科」という考えが広まってきています。

予防歯科とは、その名前の通り、虫歯や歯周病を歯症前に未然に防止するための歯科治療です。

たとえば、今までは「歯が痛くなったから」「歯茎が腫れたから」歯医者に行っていた人も多いと思いますが、そうではなく、何も症状がなくても歯科に来院し、定期健診やメンテナンスを行い、歯が痛くならないように、歯茎が腫れないようにするのが予防歯科です。

歯科と言うとどうしても歯にトラブルを抱えた人が行くというイメージがありますが、そうではなく、誰もが気軽に、なにもなくても歯科に足を運んでいただけるようになると予防歯科はさらに浸透し、日本の虫歯や歯周病は減少していくのではないかと思います。

当院でも予防歯科に力を入れています。定期健診、メンテナンスも積極的に行っておりますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/