«  2016年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年9月28日

歯と歯の間の歯肉部分を歯間乳頭と呼びます。


この部分は健康な状態では三角形のようになっていて、歯と歯の隙間を埋めています。


この部分は歯周病の影響を受けやすく、歯周病の初期状態(歯肉炎状態)では、ぶよぶよと腫れて赤っぽくなったり、先端が丸くなったりしますが、歯周病がさらに進行してくると、歯肉退縮が起こってきます。
そうすると、この部分に隙間ができ、黒い三角のように見えるようになるため「ブラックトライアングル」と呼ばれます。


歯間乳頭は非常に歯肉退縮しやすい部分ですので、歯周病以外にも、歯間ブラシを強い力で使用したりしても退縮してしまうことがあります。


ブラックトライアングルが前歯部現れるようになってくると、審美面での悪影響、歯と歯の隙間があいて、老けた印象を与えてしまいます。


40代からは歯周病が大幅に進行しやすい年代です。
歯茎のコラーゲン組織も減り、加齢変化としての歯肉退縮も始まります。


ブラックトライアングルは一度なってしまうと回復の難しい症状です。


定期的な歯科医院の受診と、正しい口腔ケアで、未然に防げるようにしたいものです。


当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年9月21日

歯並びは次のような習慣でも悪くなります。

③爪を噛む
爪だけでなく、何かを噛む癖(ペン、唇)なども慢性的な力が歯にかかり続けるため、歯並びを悪くする原因になります。

④頬づえ
頬づえを片方ばかりでつく習慣、横を向いて寝る習慣も、歯並びを悪くする原因になることがあります。これは顎の片側にだけ常に力が加わるために、顎のゆがみが生じ、結果的に歯並びを悪くする原因となります。


歯並びは遺伝の影響だけでなく、ちょっとした普段の習慣にも影響されます。


また、成人の場合では歯周病の影響によって、徐々に歯並びが悪くなってくるという場合もあります。
歯並びの悪化は、口腔内清掃不良、咬合以上による咬合性外傷の原因にもなります。
歯並びの悪化は、見た目が気になるだけでなく、歯の寿命、ひいては全身の健康寿命にも影響を及ぼすことがあります。


当院では矯正治療も行っています。
気になる方はぜひ一度ご相談ください。


当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年9月14日

歯並びが悪くなる原因にはどのようなものがあるでしょうか?


遺伝、歯の大きさ、顎の大きさなど様々な原因があります。


ですが、このようなどうしようもないものだけでなく、実は日常のちょっとした癖や、習慣が歯並びを悪くしているということもあります。


歯並びを悪くする習慣には次のようなものがあります。


① 舌癖
舌癖は歯並びを悪くする習慣の中でも最も厄介な問題です。舌癖とはその字の通り舌の癖ですが、常に舌が前歯を押しているような状態になってしまったり、前歯の間に舌を噛ませてしまうなどがあり、出っ歯の原因になったり、開咬の原因となります。慢性的な舌の力によって徐々に歯が動かされて行ってしまいます。


② 指しゃぶり
指しゃぶりが歯並びを悪くするというのはご存知の方も多いでしょう。ですがそれが性状の範囲内、4歳くらいまでであれば、極度に心配する必要はありません。ですが5歳ごろから、永久歯列の生えてくる時期には指しゃぶりはなくなっているとよいでしょう。指しゃぶりも出っ歯や開咬の原因となります。


矯正治療も取り扱っています。当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年9月 7日

口の中にある銀歯は、時間の経過とともにだんだんと錆びてきてしまいます。


銀歯は錆びるとイオン化と言い、成分の一部が唾液に溶け出すようになります。
そしてその唾液は体内に取り込まれてしまうため、全身的な金属アレルギーの症状が出てしまうことがあるのです。


もちろん、今までずっと銀歯で過ごされてきて何も起こらなかったという方もたくさんいらっしゃいます。
ですので、健康保険制度では、今でも金銀パラジウム合金が使われています。(コストの問題が一番大きいのですが)


ですが、原因不明の掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、などにお悩みの方には実際に歯科金属アレルギーが原因だったという方もいらっしゃいます。
歯科医院ですべて金属を除去したら、症状が治まったという症例もあります。


原因不明の掌蹠膿疱症、アレルギー症状にお悩みの方は、一度、金属アレルギーがないかの検査をしてみてください。
パラジウム、銀(シルバー)などにアレルギー反応があれば、歯科金属アレルギーが原因の可能性が十分に考えられます。


当院では、医療機関と連携し、歯科金属アレルギーの治療にも取り組んでおります。


当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/