«  2016年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年11月30日

当院では、審美歯科での治療の際には「クリスタルアイ」と言って、歯の色を正確に診断し、修復物の色を決定できるコンピューターシステムを導入しています。


クリスタルアイで、歯を撮影し、その色を細かく分析、正確に診断することで、個人で異なる天然歯の色調を忠実に再現できるようにしています。


クリスタルアイでは、人間の肉眼だけでは正確に診断することが難しい色の違いも判断してくれます。
また、コンピュータ上で色のシュミレーションも可能なため、どの色が最も自然に周りの歯と馴染むか、より美しく見えるようにはどの色を選択したらよいのかを試してみることもできます。


通常の写真撮影でも良いのでは?
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、クリスタルアイでの撮影では、通常のカメラでは再現できないような色まで正確に判断することができます。
写真を撮ったときに、カメラによって色のうつり方が違うということがありますよね?


当院では最新の医療機器を導入し、診療を行っています。
歯にお悩みのある方はぜひ一度ご相談ください。


当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年11月23日

セルコンブレインエキスパートとは、ジルコニアクラウンを作成する機材です。
タバタデンタルクリニックでは、日本で初めて、セルコンブレインエキスパートを導入し、ジルコニアセラミック治療を行ってきました。


セルコンブレインエキスパートはジルコニアのブロックを削りだし、被せものを作っていく器械なのですが、そのモーター部分にはなんとリニアモーターが使用されています。リニアモーターと言えばあのリニアモーターカーに使用されているモーターです。歯科で初めてリニアモーターの技術が使用された機材です。


当院ではセルコンブレインエキスパートの使用により、より美しく、自然なジルコニアクラウンを、より早く、患者さまにお届けできるようにしています。


審美歯科、セラミック治療にご興味のある方、審美性によりこだわった治療を受けたいという方は、ぜひ当院にご相談ください。


当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年11月16日

ラミネートべニア修復とは前歯に審美性を目的として行われる治療です。
例えば、一本だけ曲がって生えてしまっている歯に対して、その表面を少しだけ削り、ラミネートべニアを張り付け、隣の歯と同じようにまっすぐ並んでいるように見せるようなことができます。
ラミネートべニアはつけ爪のようなもので、歯の表面を少しだけ削って、そこに薄いセラミックを張り付ける治療です。


ラミネートべニアはセラミッククラウン治療よりも歯の切削量が少なく、簡単にできるため、歯に機能的な問題や虫歯はないが、見た目だけを改善したいという場合に、歯に負担が少なく行える治療です。


1本だけに行うことも可能ですし、前歯部全体に行い、歯並びを大きく改善したように見せる治療や、ホワイトニングでは白くすることができなかった歯も白くすることが可能です。


当院では専用の院内技工所と連携し、審美性の高い、美しいラミネートべニア修復をご提供しています。


当院は審美歯科、セラミック治療に多くの実績と経験がございます。
セカンドオピニオン、ご相談だけも歓迎しておりますのでお気軽にご連絡ください。


当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年11月 9日

当院には歯科用炭酸ガスレーザー治療器があります。
歯科用炭酸ガスレーザーは、止血や小帯切除、口唇ヘルペス治療、インプラント二次手術、歯肉ブリーチングなど歯科治療で幅広く利用をすることができるものです。


特にその中でも多くの方に関係があるのが「口内炎」の治療です。
口内炎は何もしなくても治るものですが、悪化して潰瘍化してしまうと、痛みもひどく1週間以上長引くこともあります。


このようなときに、口内炎用のお薬、と言う方法もありますが、当院ではこのレーザー治療をお勧めしています。


炭酸ガスレーザーには優れた殺菌作用があり、痛みなく、免疫力を高める働きもあるため、レーザーを照射した部分の口内炎は被膜ができて痛みも軽減され、さらに治癒が早まります。


体調不良などで多数口内炎ができてお悩みの際や、矯正治療を始めて矯正装置が原因で口内炎が多発してしまっている場合などにお勧めです。
また、長引く口内炎にも1度のレーザー照射でかなりの改善が見られます。


炭酸ガスレーザーを導入している医院はまだ少ないのが現状です。
当院で、最新のレーザー治療を試してみてはいかがでしょうか?


当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2016年11月 2日

歯肉の色は人それぞれですが、生活習慣や、被せものの種類、歯周病などによって歯肉の色が黒ずんでしまうことがあります。


特に、たばこを吸っていると、歯肉に色素沈着が起こり、歯茎が黒~茶色い色になってしまいます。これは、喫煙をしている本人だけでなく、副流煙によっても引き起こされるため、子供や、家族に喫煙者のいる、非喫煙者の方にも起こります。


歯肉の色は歯並びや口元の動かし方によっては気にならないものですが、ガミースマイルと言って、笑ったときに歯肉が見えるタイプの方では気になることがあります。


当院では、レーザーを使用したガムブリーチを行っています。


レーザーを歯肉にあてると、レーザー照射をした部分だけが白くなります。そして数日で白い部分がはがれおち、新しくきれいなピンク色の歯肉が現れます。


最近では、ホワイトニングやセラミック治療と合わせて、歯肉もより美しくとお考えになる方も増えてきています。


歯肉の色にコンプレックスをお持ちの方は意外と多いものです。
当院では最先端のレーザーを用いた歯肉ブリーチをご提供しております。
気になる方はお気軽にご相談ください。


当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/