«  2017年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年6月28日

睡眠中に無意識にしている歯ぎしり。歯ぎしりの原因ははっきりしていませんが、この歯ぎしりが口腔内に恐ろしい影響をもたらすことがあります。
歯ぎしりによる悪影響についてお話します。

<歯ぎしりによる口腔内の悪影響>
1.歯ぎしりの強い力により歯がすり減る。すり減ることにより神経が露出したり神経が死んでしまうこともある。
2.歯がすり減ることにより、視覚過敏など歯の痛みや違和感を感じるようになる。
3.歯ぎしりによる強い力により、歯を支えている周辺組織(骨や歯ぐき)も破壊してしまう。
4.治療したばかりの補綴物が歯ぎしりにより、とれたり欠けたりする。
5.歯が割れる。とくに神経のない歯はもろくなっているのでわれやすい。
6.顎の関節が炎症を起こす。

歯ぎしりを止めることはできませんが、「マウスピース」により歯ぎしりの強い力から歯を守ることができます。
歯ぎしりをする方は、口腔内の健康のためにマウスピースの使用をおすすめします。
症状は個人差により違いますが歯ぎしりをする方は一度検診を受け、歯の健康状態を確認してもらう必要があります。

歯ぎしりでお悩みの方は当院にご相談下さい。
/http:/www.tdc.gr.jp/

2017年6月21日

セラミックは、天然歯に近い美しい歯を再現できる材料です。しかし、天然歯とは違い欠けてしまう事があるのが難点です。セラミックが欠けてしまいやすい方の特徴を説明します。

1、強い歯ぎしりをする方
寝ている間で自覚症状はないと思いますが、長時間の歯ぎしりにより歯が摩耗します。歯がすり減り、かみ合わせに変化があるとセラミックの部分に強い力がかかり欠けてしまいます。(マウスピースの使用をおすすめします。)

2、歯を食いしばる癖がある方
緊張する時や集中する時に、歯を食いしばる癖がある方がいます。その場合、医院で調整するかみ合わせとは違う部分で、顎を強張るため強い力がセラミックにかかり欠けてしまうことがあります。(リラックスして顎に力を入れないように)

3、歯が足りない
欠損している歯があるとどうしてもかみ合わせのバランスを崩し、力がかかる歯に負担ができます。余分な力がかかるせいで歯が欠けてしまうことがあります。(歯がない部分はインプラントやブリッジなどで補う必要があります。)

せっかく治した歯が欠けると、医師の技術や材料に不安を抱いてしまいます。しかし医師の技術と材料だけではなく、口腔環境や生活習慣など患者様の協力も必要です。健康な口腔内を保つために力をあわせてがんばりましょう。

当院の紹介はこちら
/http:/www.tdc.gr.jp/

2017年6月14日

外見の美しさにこだわったセラミック治療。
今までのセラミックの欠点(強度不足・欠けやすい)を覆したジルコニアセラミックは、最も硬い材料で欠けないのが特徴です。
ここではジルコニアセラミックのメリットとデメリットについてまとめてみました。

<メリット>
1.硬い材料で欠ける可能性がほとんどないため力のかかる奥歯にも適する。
  ブリッジやインプラントにも適応する。
2.以前のセラミックは強度不足を補うため金属を使用していたが、
  金属を使用せずセラミックだけの治療が行える。
3.金属によっておきる、歯と歯ぐきの境目が黒くなることがない。
4.ジルコニアの材質が口の中で安定して機能するため、変色や劣化が起きない。
5.金属より軽いので(3分の1の軽さ)負担がかかりづらい。
6.体に優しく、金属アレルギーを起こす心配がない。
7.金属とは作る過程が違い、精度が高い。

<デメリット>
1.今までのセラミックに比べ透明感に掛けるため、
  前歯に使用する場合は特殊加工を自然な透明感を出している。
2.天然歯より硬いため咬み合わせの調整が重要。
3.今までのセラミックよりも割高。
4.保険治療が認められない

時代は進化し、歯科の世界でもどんどん新しいものが取り入れられています。
当院では歯科技工室を設置し歯科技工士が、お客様にあった精度の高いジルコニアセラミックを提供することができます。せひお気軽にお問い合わせください。

当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0515cosmetic-dentistry/

2017年6月 7日

舌の色がピンクではなく白く苔のように付着している時があります。実はこの舌苔が強い口臭の原因になるんです。その原因と除去法をご紹介します。

<舌苔のできる原因>
1.細菌(口腔内の細菌が舌の溝に溜まった)
2.食べかす(食べ物や口腔環境により残る場合あり)
3.口呼吸(口腔内が乾燥し自浄作用が低下する)
4.抗生物質(薬や全身疾患による副作用で唾液量が減少すると細菌が増殖する)
5.舌の機能の低下(舌を動かさない寝ている間は舌苔がでやすい)
6.舌位が低い(上顎に当たらず擦って汚れを落とせない)
7.胃腸など身体の不調
8.ストレス

<舌歯ブラシで除去>
1.必ず専用の舌歯ブラシを使用する。
2.歯ブラシで舌は磨かない。(舌を傷つけるおそれがあるため)
3.舌の粘膜を傷つけないよう使用は1日1回を目安に。
4.力の入れすぎに注意。

舌が白くなる理由は様々です。
付着していると口臭が強くなるため、舌苔を除去するだけでも、お口の中がスッキリすると思います。
歯ブラシで舌掃除する方が多いのですが、歯ブラシではうまく舌苔が除去できません。また粘膜を傷つけてしまうこともあります。
くれぐれも専用の舌ブラシを使用するようお願いします。

お困りの方は、口臭予防治療を行っている当院にご相談ください。
当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0530breath/

« 2017年5月 | メイン | 2017年7月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/