«  2017年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年7月26日

口内炎とは、口の中の粘膜にできる炎症のことです。
ちょっと当たっただけでも痛いので食べ物を食べるときなど苦労しますよね?
通常では1・2週間で自然と治りますが、口内炎の原因を知って口内炎対策に心がけてください。

<口内炎の原因>
1.ストレスや疲れ、免疫力の低下
2.食べ物の火傷や矯正装置で粘膜を傷つけたり、補綴物が合ってないない。
3.入れ歯や口腔内が不潔なため。
4.ウイルスや細菌
5.金属アレルギーによるもの
6.唾液の減少
7.食生活の乱れによるビタミンB2不足

<口内炎の対処法>
1.イソジンや殺菌成分の入った洗口剤で口をゆすぎ、口腔内の清潔に。
2.塗り薬や貼り薬を使用。(薬局でも購入可能)
3.充分な睡眠と栄養をとって体調を整える。
4.歯科医院に受診。

2週間以上口内炎が治らなかったり、口内炎が繰り返しできるようであれば歯科医院への受診をおすすめします。
全身的な病気が引き金になって口内炎になることもありますが、規則正しい生活・栄養バランスのとれた食生活・清潔な口腔内を保つことが口内炎の予防になります。

当院では炭酸ガスレーザーによる口内炎治療も行っております。

当院の紹介はこちら
/http:/www.tdc.gr.jp/

2017年7月19日

虫歯の治療も嫌だけど、スケーリング(歯石除去)も痛いし怖いしで先延ばしにしている方が多いと思います。
しかし歯周病予防のために定期的に歯石をとることはとても重要です。そこで少しでも痛みを和げる方法をお伝えします。


1.毎日のブラッシングをしっかりと。
歯石が付着しているところはブラッシングが不十分のところです。
歯石が多く付着していると歯ぐきが腫れて歯ブラシが当たっただけでも痛みを伴います。特に下の前歯の裏側。

2.歯石を溜めない。
時間が経った歯石は歯面に固くこびりつき機械でも落とすのに時間がかかります。当然痛みも伴い患者様に負担がかかってしまいます。
個人差がありますが3か月~6か月に1回定期的に除去することをおすすめいたします。

3.リラックスして力を抜く。
緊張して力が入ってしまうとどうしても除去する側も力が入ってしまいます。

4.スケーリングをする歯科医師や歯科衛生士に相談してみる。
痛みの感じ方は人によって違います。不安な気持ちが少しでも和らぐよう遠慮なくご相談下さい。患者様との信頼関係も大事です。

5.麻酔の使用。
あまりに痛みがひどい場合は麻酔を使用する場合もあります。


歯石は一度除去してもまた付着します。歯石がつきにくくるなるための正しいブラッシングと定期的なスケーリングが歯周病予防につながります。
そのためにも信頼のおける歯科医院で定期的なメンテナンスをしてもらいましょう。
当院では、担当制で、患者様のお口の管理を一人の歯科衛生士が担当させていただきます。歯周病でお悩みの方は安心してご相談ください。

当院の紹介はこちら
/http:/www.tdc.gr.jp/

2017年7月12日

ラミネートべニアとは、歯の変色や隙間や形が気になる場合に、付け爪のように張り付けて理想的な歯を作る方法です。
ラミネートべニアのメリットとデメリットについてまとめてみました。

<メリット>
1.削る量が少ない。歯へのダメージを最小限に抑えられる。
2.ホワイトニングよりも白く仕上がり色戻りもない。
3.ホワイトニングや補綴物を作るよりも治療期間が短い。
4.変色が強くホワイトニングの効果が期待できない場合に適する。
5.希望の歯の形態・色を選択できる。
6.軽度の歯並びの改善も可能な場合あり。

<デメリット>
1.最小限とはいえ歯を削る必要がある。
2.歯ぎしりなどの強い力が加わると欠ける可能性がある。
3.歯並びなどにより適応しない場合もある。
4.保険外治療になるため費用がかかる。

ラミネートべニアは、薄いセラミックを使用するため歯科医と技工士の高い技術力が必須です。
当院では国内最高レベルの精密機器を完備した技工所が設置されベテラン技工士が常勤しております。
審美に関する診療実績のある歯科医とベテラン技工士が理想の歯を作りあげます。

まずはご気軽に当院までご相談ください。
/http:/www.tdc.gr.jp/

2017年7月 5日

歯の詰め物が取れてしまったら、まずは歯科医院に連絡をしてみてください。
中が問題なく再装着可能な場合もあれば、虫歯になって治療が必要な場合があります。
1~2週間程度の期間であれば問題ありませんが、長い間ほっておくと再装着も難しくなり、虫歯も進行してしまいます。詰め物が取れた時のお願いをお伝えします。

1.一度取れた詰め物は元に戻さないで下さい。(誤飲や破損の原因に)
2.取れた詰め物を接着剤で絶対につけないで下さい。(後処理が大ごとに)
3.取れた詰め物は、ティッシュペーパーにくるまず容器に保管してください。(間違って捨ててしまう場合や変形する場合があるため)
4.詰め物のとれた歯はしっかり磨いて下さい。(すぐに虫歯になることはないが、隙間ができて食べかすなどがつまりやすくなる)
5.詰め物が取れた歯で強く咬まないようにして下さい。(歯にヒビが入ったり割れる恐れがあるため)
6.詰め物が取れた歯はしみたり痛みに過敏状態になっています。熱いものや冷たいものなどの刺激を与えないようにしてください。反対側を使って下さい。

詰め物が取れるとなにかと不便ですよね?
忙しくてすぐに歯科医院に行けない場合もあるかもしれませんが、期間をあければあけるほど状態は悪化してしまいます。
治療期間も長くかかってしまうかもしれません。できるだけ早めに歯科医院に受診することをおすすめします。

当院の紹介はこちら
/http:/www.tdc.gr.jp/

« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/