«  2018年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2018年2月28日

最近では美しい口元を追及する方が増え審美歯科の関心が高まっています。
現在の審美治療の技術は高く作り出された歯は天然歯と変わらないほど優れています。
見た目の美しさだけでなく持続性や機能性にまでこだわった治療が行われています。

審美治療に追求する一つ「美しい白い歯」。白の種類には16種類以上もあると言われています。一人ひとり歯の色は違いますし、同じ口腔内でも歯の色はそれぞれ違います。
自分に合った理想の白い歯を選択するのも至難の業です。

食習慣によっても影響がありますし、治療をした歯の修復物によっても色が変わります。保険治療の場合は使用できる材料が限られているため、患者様にぴったりの色を選択できずご満足頂けないのが現状です。
時間が経つと変色してしまうのも材質上限界があるからです。

しかし審美治療は、自由診療の範囲になるので色や耐久性にこだわり患者様のご要望に合った色の選択も可能になります。
最近では正確に色の測定をしてくれる撮影装置を使用している医院もあります。治療後仕上がった歯の色に不快感を感じることは絶対にありません。

当院でもクリスタルアイという撮影装置を使って正確な色の測定が可能です。歯の色や形にお悩みをお持ちの方はご気軽にご相談ください。

当院の紹介はこちら
http://www.tdc.gr.jp/

2018年2月21日

有害な成分がないと言われている電子タバコ。健康による害が軽減されると言われています。
では口腔内の影響はどうなのでしょうか?

従来のタバコは、タバコに含まれるニコチンやタールなどの有害な物質の影響で、歯の黄ばみやヤニ、口臭や歯周病の原因になっていました。
しかし電子タバコの場合、この有害物質が含まれないためヤニが付着しないのです。

タバコの有害物質による口臭や歯周病の心配もありません。

電子タバコに替えてから歯周病のような症状(歯や歯ぐきに違和感)を感じる方がおられます。これも電子タバコには有害物質のタールが含まれていないせいなのです。
タバコに含まれるタールは、口腔内を麻痺状態にします。タールの麻痺で、痛みを感じにくくなっていた状態だったのです。
ですので違和感があれば早めに歯科医院に受診してください。電子タバコのせいではありません。本来の状態に戻っただけなのです。

電子タバコに替えても、以前タバコを吸われていた方はまだ頑固な黄ばみが付着してお悩みの方はぜひ歯科医院で歯のクリーニングをおすすめします。
専用の機械とプロの技術により黄ばみがきれいになります。

当院では専用の機会を使って歯磨きでは取りにくい歯のクリーニングを行っております。ご気軽にご相談ください。

当院の紹介はこちら
http://www.tdc.gr.jp/

2018年2月14日

いろんな種類の電動歯ブラシが店頭に並ぶようになりました。
昔は専門家から見るとあり得ないと思うような電動歯ブラシもあったのですが、最近は自分でも使ってみたくなるような優秀な商品も多数販売されているように思います。

超音波ブラシはご存知ですか?普通の電動歯ブラシとは違って、音波の力で高速の水流を起こし、その力によってプラークを除去してくれる電動歯ブラシです。
また更にすごいのがプラークの中の細菌を破壊し、細菌を付着しづらくする効果もあります。磨いた後のツルツル感や爽快感もとても優秀なんです。

ちなみに音波ブラシと超音波ブラシは振動数が違います。
超音波歯ブラシの方が高い清掃効果を期待できます。
もし電動歯ブラシの種類を迷っているようでしたら超音波歯ブラシをおすすめします。

超音波歯ブラシは通常の電動歯ブラシより割高です。また種類もたくさんありますのでご自身にあった物を検討してください。

超音波ブラシも電動歯ブラシや普通の歯ブラシ同様、きちんと毛先が当たるように当て方を工夫し磨き残しがないように順番を決めて磨くことが大切です。

歯ブラシの当て方など正しいブラッシングに関してご不明な点がございましたら当院にご気軽にご相談ください。

当院の紹介はこちら
http://www.tdc.gr.jp/

2018年2月 7日

補助器具をお使いにならない方の中に、「使ったら余計すきっ歯になった」というお話をよくいただきます。
しかしこれは錯覚で補助器具をつかったから歯がすいたのではないのです。
誤解があるようなのでご説明させていただきます。

そう感じた方のほとんどがもともと歯ぐきが腫れていた状態だったと思います。
歯と歯の間は汚れが溜まりやすく歯肉炎になりやすいのです。
そこへ補助器具を使って綺麗にプラークを除去すると歯ぐきがひきしまります。

しかし、この歯ぐきが引きしまった状態を隙間があいたと誤解してしまうのですが、歯肉が腫れたいたせいで歯と歯の隙間に気が付かなかっただけなのです。
実はその歯ぐきが引きしまった状態がいい状態なのです。

だからと言って補助器具を使わずにどんどん汚れを溜めていくと、歯ぐきの腫れがどんどん広がっていき歯周病が進行するという悪循環になるのです。

毎日歯と歯の間に残った汚れを除去するには補助器具は必須です。
ただ自分の歯間のサイズにあっていなかったりやり方を間違えていると、キレイに汚れが落とせません。
自分に合ったものを正しいやり方でやるために専門家の指導を受けられることをおすすめします。

当院でも予防歯科に力をいれております。専門の歯科衛生士が丁寧にご指導させていただきますのでご気軽にご相談ください。

当院の紹介はこちら
http://www.tdc.gr.jp/

« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/