«  2018年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年11月28日

矯正治療というと、装置が目立ってしまう事を気にされる方も多いでしょう。確かに、一般的な矯正治療で使われる"ブラケット"装置は、金属のブラケットを歯の表面に装着する必要があるため、笑った時や、口を開けた時に、装置が目立ってしまう事があります。

装置が目立つのが気になるという方にお勧めなのが、目立たない矯正治療法です。
目立たない矯正治療には、白色や透明の目立たないブラケットを使う「審美ブラケット矯正」や、透明のマウスピースを使う「マウスピース矯正」があります。

それぞれの特徴を詳しく解説します。

1. 審美ブラケット矯正
白いセラミックでできたブラケットや、透明のブラケットを使う方法です。ブラケットの色が違うだけで、基本的には従来のブラケット矯正と治療期間や治療方法は変わりません。
装置が完全に見えなくなる訳ではありませんが、目立たない色のブラケットを使うため、目立ちにくくなります。

2. マウスピース矯正
マウスピース矯正は、ワイヤーやブラケットを使わず、透明なマウスピース型の装置を装着して、歯を動かす矯正治療方法です。マウスピースは透明に近い色をしているため、装着していても目立ちません。また着脱が可能なので、食事の時や歯磨きの時に外す事ができ、口腔内を衛生的に保ちやすくなります。

矯正治療をしたいけれど、装置が目立つのが気になるという方は、目立たない矯正治療を検討してみるのも良いかもしれませんね。

当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp/0545orthodontics/

2018年11月21日

ガムピーリングとは、歯ぐきの黒ずみを除去して、歯ぐきを綺麗なピンク色にする治療です。
歯茎の黒ずみの原因は様々で、喫煙や飲食物による着色の他、紫外線や金属の被せ物によるもの、生まれつきのなどがあります。

ガムピーリングの方法は、主に2種類あります。
薬剤を使って、歯ぐきをピンク色にする「ケミカルガムピーリング」と、レーザーで治療をする「レーザーガムピーリング」です。

ケミカルガムピーリングは、歯ぐきに薬剤を塗布して、歯ぐきをピーリングする方法です。"ピーリング"というのは、果物の皮を一層剥くイメージで、黒ずんだ歯ぐきの表面一層を除去していきます。痛みは多少ヒリヒリする程度です。薬剤塗布後、1〜2週間程度でピンク色の歯ぐきにもどってきます。

レーザーガムピーリングは、歯科用レーザーを照射して、歯ぐきをピンク色にする方法です。1回〜2回の施術で、効果を実感できます。

歯ぐきの黒ずんでいると、口元が暗く見える事や、不衛生な印象になってしまう事があります。また、ホワイトニングや白い被せ物などの審美歯科を受けられた方は、歯が綺麗になった分、黒ずんだ歯ぐきが気になってしまう事もあるようです。歯ぐきの黒ずみが気になる方は、ガムピーリングを検討してみてはいかがでしょうか。

当院では、審美歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

2018年11月14日

急な歯の痛み、とてもびっくりしますよね。歯に痛みが生じた時には、できるだけ早く歯科医院を受診する事が大切です。
しかし、お仕事の都合などで、即日受診できない場合もあるかもしれません。そのような場合には、次にあげる事をしないように注意しましょう。

1. 飲酒や激しい運動、入浴
飲酒や激しい運動、入浴は、血行が促進されて、神経が敏感になり、歯の痛みが強くなる事があります。飲酒や激しい運動は控え、入浴は湯船に浸からず、シャワー程度にするようにしましょう。
飲酒をすると、一時的に感覚が麻痺するため、痛みが和らいだように感じる事があります。しかし、後になってさらに強い痛みになりかねませんので、注意しましょう。

2. 手や舌で患部を触る
痛みがあると、気になって触れたくなるかもしれません。しかし、手や舌で痛みがある歯に触れると、刺激になり、痛みが増幅してしまうことがあります。

3. 氷などで患部を冷やす
歯の痛みがある場合"冷やすこと"自体は、痛みを軽減させるのに効果的ですが、氷を口に含むなどして患部を直接冷やすと、刺激が強く、痛みが増す事があります。患部を冷やす場合は、頬の外側からタオルや冷却シートを使って冷やすようにしましょう。

4. 喫煙
タバコの煙は、歯に刺激を与えます。痛みが増幅する事ががので、控えるようにしましょう。

これらの点に注意し、できるだけ早めに受診をする事が大切です。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2018年11月 7日

インプラント治療中は、多くの歯科医院で禁煙を勧めます。

喫煙は、インプラント治療に悪影響があるのです。インプラントに与える影響をまとめると次のようになります。

【喫煙がインプラントに与える影響】
・ 手術で切開した傷が開いたり、治りが遅くなることがある
煙草に含まれるニコチンの作用により、治りかけの傷が開いてしまったり、傷の治りが遅くなってしまう事があります。傷の治りが悪いと、傷口が細菌感染してしまうリスクもあります。

・ インプラントが骨に結合しづらくなる
インプラントと顎の骨がしっかりと結合するには、十分な酸素と栄養が必要です。しかし、喫煙していると、ニコチンの作用により血管が収縮し、酸素や栄養が行き渡りづらくなります。その結果、インプラントと骨がうまく結合しないというトラブルを招く事があります。

・ インプラント周囲炎のリスクが高くなる
インプラント周囲炎とは、インプラントの周囲の粘膜・歯槽骨が炎症を起こす、いわばインプラントの歯周病です。喫煙していると、免疫力の低下、唾液分泌量の減少、組織への酸素や栄養の不足により、インプラント周囲炎のリスクが高くなります。

このように喫煙は、インプラントに悪影響を与えます。場合によっては、インプラントが骨と結合しないという失敗を招く事や、インプラントの寿命を短くしてしまう事があります。

インプラントを希望する場合には、とにかく禁煙をお勧めします。インプラントを禁煙にきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp/0510implant/

« 2018年10月 | メイン | 2018年12月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/