«  2018年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年12月26日

歯を失った時の治療法に「入れ歯治療」があります。
入れ歯は、保険内で作製する方法と、自費で作製する方法があります。保険内の場合は、決められた材料・作製方法でしか、入れ歯を作る事が出来ませんが、自費の入れ歯の場合は、ご自分の希望に合った材料・作製方法を選ぶ事ができます。

自費の入れ歯には、様々な種類がありますが、代表的なものの一つに「金属床義歯」があります。今日は、金属床義歯の特徴をメリットとデメリットを混じえて解説します。

<金属床義歯とは>
金属床義歯とは、粘膜の上ののせる土台部分である床(しょう)が、金属でできた入れ歯です。口を開けた時に見えやすい部分は、歯ぐきと似たピンク色の材料でできているので、金属がギラギラと目立てしまうことはありません。金属は丈夫なため、プラスチック製の保険の入れ歯と比較して、薄く作ることができます。

メリットとデメリットをまとめると次のようになります。

1. 金属床義歯のメリット
・ 装着時の違和感が少ない
・ 割れにくく丈夫
・ 食べ物の温度を感じ取りやすい

2. 金属床義歯のデメリット
・ 修理がなかなかできない場合がある
・ 自費のため費用が高価

保険の入れ歯で、装着時の違和感が強い場合などは、このように、金属床義歯など、自費の入れ歯を検討するのも一つの方法です。

当院では、入れ歯の治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2018年12月19日

ノンクラスプデンチャーとは、その名の通り、クラスプという金属の留め具が無いタイプの入れ歯です。

部分入れ歯が目立ってしまうのは、クラスプ(金属の留め具)が原因であることが多いです。

保険で作る部分入れ歯は、「人口歯」と歯ぐきの色をした「義歯床」「クラスプ」からなっています。部分入れ歯を固定するのには、クラスプが必要で、入れ歯の形態により必然的にクラスプをかける歯が決まってきてしまいます。
前歯部分にクラスプがかかると、口を開けた時にギラギラと金属が見えてしまい、目立ってしまうのです。

ノンクラスプデンチャーは、自費で作る事が出来る入れ歯です。
金属を使用しておらず、全体が弾力のある特殊な樹脂で作られています。クラスプの代わりに、ピンク色の義歯床部分に引っかかりを作ってあり、義歯床で支えとなる歯を覆うようにして固定します。義歯床部分は、透明感のあるピンク色で、目立ちません。

のんクラスプデンチャーは、保険の部分入れ歯で、クラスプの見た目が気になる方、また入れ歯をしていることを周りに気付かれたくないという方に、おすすめの入れ歯です。

当院では、入れ歯治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2018年12月12日

ふとした時に、お口の中が乾燥しているように感じることはありませんか。お口の中の唾液が減少し、乾燥する症状を「口腔乾燥症」「ドライマウス」と言います。

口腔乾燥症になると、様々な弊害が生じます。

【口腔乾燥症による弊害】
・ 虫歯や歯周病のリスクが高まる
唾液には、細菌を洗い流す作用や、抗菌作用など、虫歯や歯周病からお口を守る作用が備わっています。しかし、ドライマウスになると唾液の作用が不十分になり、口腔内が不衛生になります。

・ 食事が困難になる
食べ物を咀嚼して塊にして嚥下する、という一連の食事をするための機能がうまく機能しなくなってしまいます。また味が感じにくくなります。

・ 口臭が発生する
唾液の作用の低下に伴い、口臭が強くなります。

・ 舌のひび割れや痛みが生じる
口腔内の潤いが失われると、舌がひび割れ、痛みを生じるようになります。

このように口腔乾燥症は、様々なトラブルを引き起こします。口腔乾燥症は実に様々原因が考えられます。
唾液の分泌量は、加齢と共に低下します。それに加えて、お口の周りの筋力が低下し、噛む力が衰えてくると、唾液の分泌はさらに減少します。
また、「緊張・ストレス」「口呼吸」「薬の副作用」「放射線治療の副作用」「更年期障害「シューグレン症候群」も口腔乾燥症の原因となります。

口腔乾燥症の改善には、まず原因を明確にする事が必要です。受診後、原因に応じて、できる事から対策を取っていきます。

日頃からできる予防法としては、こまめな水分補給、口呼吸から鼻呼吸への改善等が挙げられます。

当院では、一般歯科診療を行っております。お口の乾燥のお悩みなど、何かご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2018年12月 5日

若年性歯周炎は、「侵襲性歯周炎」とも言われる歯周病です。
一般的に言われる「歯周病」は、比較的ゆっくり進行するもので、「慢性歯周炎」と言われています。一方、侵襲性歯周炎は、急速に進行するタイプの歯周炎で、20代から40代の若い年齢層で多いのが特徴です。

歯周病というと、50代以降の中高年者に多いイメージがあるかもしれませんが、若い人でも歯周病に注意が必要です。

若年性歯周炎は、特殊なAa菌(アクチノマイセス アクチノマイセテムコミタンス菌)の感染や、遺伝的問題、免疫機能、白血球機能の低下などの問題が、原因となっています。
慢性歯周炎と比較して、プラークコントロールは良好な場合が多いです。また、全ての歯に症状が見られるのではなく、第一第大臼歯と前歯の骨吸収が顕著です。

侵襲性歯周炎になってしまうと、通常の歯周病治療だけではなかなか治りません。場合によっては、大学病院の歯周病科で徹底した歯周病治療が必要になります。患者様ご自身の正しいブラッシングも必要不可欠です。

侵襲性歯周炎は、進行が早いため、気がついた時には、手遅れの状態にもなりかねません。年齢に関わらず歯ぐきに何か以上を感じたら、できるだけ早く受診をし、治療を開始できるようにしましょう。

当院では、歯周病治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp/0525periodontitis/

« 2018年11月 | メイン | 2019年1月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/