«  2019年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年6月26日

口臭の原因のもっとも多いものは、口腔内のメンテナンス不足です。

もう少し具体的に言うと、歯や歯茎の隙間に残った食べカス、舌に生える舌苔、歯みがきで取り除けなかった歯垢や歯石などです。

そのため、これらの汚れや細菌を除去すれば、ほとんどの口臭は改善されます。

もちろん、正しい歯みがきの方法が分かっていれば、日々の歯みがきで対処できるでしょう。

しかし、ほとんどの人は正しい歯みがきができていないのが現状なのです。残念ながら、多くの大人は、正しい歯みがきができていません。

そのため、おすすめするのが、歯科医院でのクリーニングです。

予防歯科や審美歯科だけではなく、一般歯科でも行ってくれますので、ぜひかかりつけの歯科医へ相談してみてください。

歯のクリーニングを行うと、口の中の隅々まできれいになり、食事も美味しく感じられるかもしれません。

そして、そこで正しい歯みがきの方法も指導してもらえば、日々の歯みがきが改善され、口臭はもちろん、虫歯や歯周病も防ぐことができるのです。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2019年6月19日

口臭が気になる人は多く、食後の歯みがきをするなどの対策を採られています。その他、洗口剤(マウスウォッシュ)や舌磨きなども効果的でしょう。

食事の後や口が渇いているときなどは、これらの対策は悪くありませんが、これらの対策では効果のない人もいるのではないでしょうか?

もしそうなら、1度歯科医に相談した方が良いかもしれません。

じつは、次に紹介するような原因で、お口が臭っているのかもしれません。

・虫歯
虫歯の原因は細菌の繁殖です。

歯の表面にこびりついた虫歯菌が増殖するときに作り出す酸で、歯が溶けているのです。

また、これらの細菌は酸と同時に悪臭を放ちますので、それが口臭になるのです。

そのため、虫歯を治さなければ、根本的な解決にはならないでしょう。

・歯周病
虫歯同様、歯周病も歯周病菌が繁殖することで口臭が発生します。

ただし、歯周病菌は歯と歯茎の間の歯周ポケットで繁殖しますので、表面に取り付く虫歯よりも厄介で、悪化したときの臭いも強烈です。

自覚症状もほとんどなく進行しますので、臭いを感じたらすぐに歯科医へ相談した方が良いでしょう。

・歯垢や歯石がたまっている
虫歯や歯周病とまではいかなくても、歯みがきが行き届いていないなどで、歯垢や歯石がたまってしまっていると、そこから臭いが発せられます。

そもそも、歯垢や歯石は虫歯菌や歯周病菌の塊ですので、放っておけば、これらが発症するのは時間の問題です。

歯科医でクリーニングしてもらうなどして、口臭のもとをきれいに清掃しましょう。

・胃腸など内臓の病気
お口の中に問題がないのに口臭が気になる場合、じつは胃腸などの内臓に問題がある場合があります。

口臭以外の自覚症状(下痢や便秘、胸焼けなど)もあれば、医師に相談した方が良いでしょう。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

2019年6月12日

喫煙は、体に様々な影響を与えます。

口内は、真っ先に煙を浴びる場所ですので、その影響もとてもおおきなものです。

まず、タバコの煙に含まれるヤニが歯や歯ぐきの表面に付着します。特にヘビースモーカーな人の歯の裏側は、気付きにくいこともあって、長年の喫煙の影響で真っ黒になっている人も少なくありません。

これは、見た目が悪いだけではありません。歯に付着したヤニは、歯周病や虫歯の原因となる細菌がその場に止まりやすい環境を作りますので、歯垢や歯石が溜まりやすくなってしまうのです。

また、タバコの煙に含まれるニコチンは、血管を収縮させる作用があります。そのため、歯ぐきの血流が阻害され、栄養や酸素が行き届かなくなり、免疫力が低下します。

血行が悪くなるため、本来であれば出血するほど進行している状態でも、出血せず、ただでさえ自覚症状がない歯周病の悪化に気付きにくい状況になります。

そのため、喫煙者の歯周病は、気付いた時には、すでに非常に深刻な状態になっていることが多いのです。

喫煙されている方は、一般の人よりもしっかりと歯みがきを行い、日頃から歯や歯ぐきの状態に気を遣っておかなければ、取り返しのつかないことになるかもしれません。

もし、口内に少しでも違和感やおかしな点に気が付いたら、ぜひ歯科医師に相談してください。

当院では、一般歯科診療を行っております。気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年6月 5日

歯科には、予防に注力した予防歯科があるのです。

予防歯科では、歯や歯茎に問題がないときに来院いただき、虫歯や歯周病の原因となる歯垢や歯石を取り除きます。

それを定期的に行い、また日々の歯みがきをしっかりと行うことで、虫歯や歯周病の発生を未然に防ぐのです。

じつは、この予防歯科の虫歯や歯周病の予防という観点は、インプラントを入れた患者様にも、とても重要なポイントなのです。

インプラントは、あごの骨に人工の歯根を埋め込んで、その上に人工の歯を設置する治療です。

人工の歯根と歯ですので、天然の歯にあるような防御機構(免疫など)はありません。

1度細菌が感染してしまうと、細菌はすぐ人工歯根に沿ってあごの骨まで達し、増殖してしまうのです。

そうなると、あごの骨にダメージを与えられ、インプラントそのものまで抜け落ちることになるでしょう。

そんな最悪の場合を避けるため、インプラント治療を受けた方は、予防歯科治療で行っている定期的なクリーニングや歯みがき指導などが、とても重要になるわけです。

人工の歯だからといって油断していると、取り返しのつかないことになってしまいます。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

« 2019年5月 | メイン | 2019年7月 »

タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/