«  2019年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年8月28日

審美歯科で行われる治療に、ホワイトニングと矯正治療があります。

どちらも、お口の健康と審美的な美しさを取り戻すために行われる治療です。

歯の黄ばみと歯並びの両方が気になる場合は、両方の治療を行うことになるでしょう。しかし、矯正治療では歯に矯正装置を装着することになることもあり、同時に行うことはありません。

治療期間として歯科矯正の方が圧倒的に時間がかかる(数年単位)ため、先にホワイトニングを完了させて少しでもお口を美しくしたいという患者様がいます。

そんなとき、歯科医では、ホワイトニングを矯正治療のあとに行うことをおすすめします。

もちろん、ホワイトニング絵お先にやることで問題が発生することはありません。

しかし、矯正治療で矯正装置を装着するとき、歯の表面に薬品を付けますので、それが原因で歯に着色してしまうことがあるのです。

また、矯正装置を装着している間は、歯磨きが行き届かず、どうしても着色してしまう可能性をゼロにできません。

矯正装置の種類によりますので、必ずとは言えませんが、先にホワイトニングをしても、結局、矯正治療のあとにホワイトニングをやり直さなければならなくなることがあるのです。

そのため、ホワイトニングは矯正治療が終わってからやった方が、無駄なく効率的に治療することができるでしょう。

当院では、インプラント治療やホワイトニングなどの審美歯科治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2019年8月21日

インプラント治療はあごの骨に土台を埋め込んで、その上に義歯を取り付ける治療であるため、他の入れ歯やブリッジなどと違って他の歯への影響がなく、トラブルが少ない治療法です。

しかし、それでも天然の歯とは違いますので、懸念されるトラブルはありますので、紹介しておきましょう。

・義歯の脱落
インプラントに取り付けている義歯が、何らかのアクシデントで脱落する可能性があります。ほとんどの場合は、歯科医で改めて取り付けるだけですので大きなアクシデントではありませんが、歯が抜け落ちるため患者様への精神的負担は大きいでしょう。

・義歯の破折
インプラントの義歯は十分な強度を持っていますが、天然の歯よりは強くありません。もし、噛み合わせなどがあっておらず、その状態で強い力が加わると一部が欠けてしまう場合もあります。その場合はすぐに担当の歯科医へ相談してください。

・義歯の緩み
義歯を固定している器具(スクリューやアバットメント)が緩み、義歯がぐらついてしまうこともあります。

・インプラント歯周炎
ここまでのトラブルと違って、インプラント歯周炎は、非常に深刻で、かつ可能性の高いトラブルです。

インプラントや義歯は人工物ですので、それら自身が虫歯や歯周病で壊れることはまれですが、これらは人工物であるが故に、細菌を退けるしくみを持っていません。そのしくみ自体は、残された歯茎の粘膜に託されていますが、人工物との接する部分は守り切ることができません。

その結果、インプラントに沿って、歯周病菌が瞬く間に骨まで達してしまうのです。そのまま放置していると、インプラントを支える骨が解け、義歯がインプラントもろとも抜け落ちることになるでしょう。

これらのトラブルを避けるには、正しいブラッシングと定期的な検診を行う以外に方法はありません。

ぜひ、医師の指示に従って定期的な検診を受け、日々のブラッシングを欠かさないようにしましょう。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年8月14日

インプラント治療はあごの骨に土台(インプラント)を埋め込む外科手術が必要な治療です。

そのため、歯を失ったからといって、気軽に選択できない場合があります。

今回は、インプラント治療に合っている人と合っていない人を紹介します。

・インプラントに合っている人
 あごの骨が残っている人
 日々の歯みがきなどのプラークコントロールを欠かさない人
 インプラントに興味がある人
 治療後も固いものを食べたい人
 歯を削ることの危険を知っている人

・インプラントに合わない人
 重度の骨粗鬆症の人
 重度の糖尿病の人
 重度の虫歯・歯周病であごの骨が溶けてしまっている人
 歯みがきをすることが嫌いな人
 ヘビースモーカー
 定期検診を受けられない人

なお、ここで「合っている人」に該当しても、何らかの理由で難しい場合や、逆に「合っていない人」に該当しても、インプラント治療ができる場合もあります。まずは、歯科医に相談してください。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2019年8月 7日

天然の歯は、きちんとケアすれば100年でも美しく保つことができるでしょう。

インプラントは人工物ですので、天然の歯ほど寿命が長くはないでしょう。記録に残っている最長記録は45年程度ですが、これは患者様が亡くなられたことで記録が止まったため、実際にはもう少し保つかもしれません。

ただ、これだけ長く健康な状態を保つためには、日々のプラークコントロールを行い、プロによるケアも定期的に受けて億必要があるのは疑いようもありません。

特に、プラークコントロールについては、歯ブラシや歯間ブラシなどを使って、入念に行い、定期的に歯科医によるクリーニングを受けていたことでしょう。

これは、自分の歯を守ることも同じことです。しかし、じつはインプラントの方が歯周病菌に対する耐性が弱いため(インプラント自身ではなく、インプラントの周囲の組織の耐性が弱くなります)、よりしっかりとしたプラークコントロールが必要になるのです。

もし、歯並びや歯の美しさだけでインプラントを選択しようとしている人は、安易な選択は避けるようにしてください。

インプラントで美しい歯を保つ方が、天然の歯で保つよりも難しいのです。

当院では、審美歯科治療やインプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

虫歯になってから歯科医で治療するのではなく、虫歯にならないように歯科医で処置をするのが予防歯科治療です。

健康なのに歯科医へ通うことに抵抗があるかもしれません。しかし、虫歯になってから歯科医へ行くのに比べて、費用だけでなく身体への負担もとても小さいのです。

特に、お子様が早いうちから予防歯科治療を受けることで、健康なお口だけではなく、整った歯並びの綺麗なお口を手に入れられますので、おすすめです。

そこで今回は、予防歯科の進め方について、紹介しましょう。

予防歯科の基本は、定期検診です。3ヶ月や半年に1度程度歯科医へ通い、歯やお口の状態を診てもらい、必要に応じてクリーニングを行った後、フッ素を塗布してもらいましょう。

最初の何回かは、歯みがき指導を受けることで、正しい歯みがきの方法を練習します。正しい歯みがきの方法をマスターすれば、その後の定期検診がより簡単になりますので、しっかり練習しておくことをおすすめします。

もしうまく歯みがきできず、虫歯になってしまったとしても、きちんと定期検診を受けていれば、早期のうちに治療できますので、痛みもなく簡単に治療することができるのも、予防歯科治療のメリットです。

ぜひ、予防歯科治療を行って、お口の健康をいつまでも保っていきましょう。

なお、予防歯科治療はほとんどの歯科医院で実施していますが、やはり専門の設備や人を抱えている医院の方が良いでしょう。そういった医院では、Webサイトなどで大きく紹介していますので目安にしてください。

当院では、一般歯科治療の他、噛み合わせの治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

« 2019年7月 | メイン | 2019年9月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/