«  2020年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年5月27日

「口内炎ができてしまうのは仕方ない」
「自然に治るから我慢している」
という人はいませんか?

口内炎ができる原因はお口の環境です。

口内炎は、お口の中にできた傷に細菌やウイルスが感染することで発生します。
傷の中に入り込んだ細菌やウイルスが毒素を出し、皮膚が炎症を起こしているのです。
そのため、お口の中の環境が悪ければ、口内炎になる確率が断然上がります。

逆に言えば、お口の中の環境が整っていれば、口内炎になりにくくなります。
口内を傷つけても感染する細菌やウイルスがいなければ、口内炎にはならないわけです。

つまり、口内炎を防ぐ方法はお口の中の環境を整えておくことに尽きます。
日々の歯みがきを丁寧にしたり、お酒やたばこを控えたり、いつもより多めに噛んで食事をしたりすることだけでも効果が出てくるのです。

なお、すでに口内炎に悩まれている人がいれば、とっておきの方法を説明しましょう。
それは洗口剤を使って口をゆすぐことです。
起床時と就寝前に、少し濃いめにした洗口剤でお口をゆすいでください。
最初はしみるかもしれませんので、ゆっくりで構いません。
そうすると、なにもしないよりも断然早く回復することが多いのです。
洗口剤が口内の細菌を除去し、傷口を消毒してくれるからでしょう。

ぜひ、1度お試しください。

お口のトラブルでお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年5月20日

歯医者さんの麻酔と聞くと、いやな顔をする人が多いかもしれません。
麻酔をするために歯茎に注射針を刺すあの痛みは、一度受けたら忘れられません。

でも、今ではその麻酔をするための痛みも抑えるような工夫がされているのです。
今回は歯科医で行われる麻酔の仕方について紹介しましょう。

・表面麻酔法
歯茎の表面に塗ったり吹き付けたりする麻酔薬で、表面的な感覚をなくすものです。
冒頭でお話しした「麻酔をするための痛み」を軽減するために使われています。
表面の感覚をなくす麻酔ですので、麻酔注射の感覚が完全になくなるわけではありませんが、十分に耐えられる程度にしてくれる効果があります。
また、歯石を取ったり抜歯したりするときにも使われることがあります。

・浸潤麻酔法
一般的な麻酔です。
歯茎に注射して、患部の感覚を局所的になくしてしまいます。
現在では、前述の表面麻酔を使用し、極細の注射針や麻酔薬の温度を体温に合わせるなどの工夫をすることで痛みを軽減しています。

・伝達麻酔法
麻酔薬自体は潤滑麻酔と同じものですが、患部ではなく下あごの奥あたりに注射する方法です。
この部分には下あごの感覚を脳に伝える神経が走っており、その神経を麻痺させることで下あごの広い範囲の感覚をなくすことができます。

・吸入鎮静法
笑気という鎮静効果と鎮痛効果のある麻酔ガスを吸入することで、リラックスして痛みを感じにくい状態にする方法です。眠ってしまうわけではありませんが、恐怖心や緊張を和らげることができます。

・静脈内鎮静法
静脈に鎮静剤を注入する麻酔です。
完全に眠ってしまうわけではありませんが、半分眠ったような状態で治療を受けるため、ほぼ何も感じません。

・全身麻酔
麻酔薬を投与して完全に眠った状態で治療を行います。
効果は高いですが、安全性を担保するため麻酔科の専門医とともに麻酔計画を策定した上で実施しなければいけません。

歯科治療についてご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年5月13日

歯周病は日々の歯垢の蓄積で発生します。
そのため、毎日きちんと歯みがきして、お口の中をリセットしなければいけません。
もし、歯みがきをせずに放置しておけば、誰でもすぐに歯周病になることでしょう。

ただし、ただ歯みがきするのではなく、きちんと歯垢を落とす歯みがきができていなければいけません。
歯と歯茎の間にブラシの先をあて、歯周ポケットの中に溜まった歯垢を掻き出すのです。
そのイメージで1本1本丁寧に歯みがきすれば、思った以上にきれいにみがけることでしょう。

また、毎日の歯みがきに加えて、歯間ブラシやデンタルフロスも使用して、歯ブラシでは届かない歯と歯の間の歯垢も除去すれば、よりリスクが下がります。

ただし完全に歯垢を除去する100点満点の歯みがきは、なかなかできるものではありません。
できれば、お口の健康が保たれているうちに歯科医へ行き、お口の健康のチェックと歯みがき指導を受けて、正しい歯みがきをマスターしておきましょう。

歯周病についてご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年5月 6日

歯周病の原因はお口の中の細菌です。
ほとんどの場合、歯周病は細菌が歯周ポケットにたまることで始まります。
そのため、歯みがきなどで歯周ポケットにたまった細菌や歯垢を除去することで歯周病予防することができます。

じつは、妊娠中の女性は歯周病になりやすいということが分かっています。
妊娠中に多く分泌されるエストロゲンというホルモンが一部の歯周病菌の増殖を促してしまいますし、他にも炎症を増長するホルモンも分泌されるからです。

特に妊娠中期から後期にはエストロゲンの分泌が通常時の30倍にもなることがあるため、「妊娠性歯肉炎」と呼ばれる歯周病になりやすくなってしまいます。

また、血管に侵入した歯周病菌が胎盤を通して赤ちゃんに感染してしまうことで、低体重児や早産の恐れがあることも指摘されています。

冒頭で書いたように歯周病の原因は細菌です。
どれだけ増殖を促すホルモンがあろうが、そもそも細菌がいなければ増えようがありません。
そのため、妊娠中は通常時にも増して口内環境を整えることを心がけ、定期的に歯科検診を受けてこまめに確認することで、十分に予防することができます。

産婦人科医からも勧められるかと思いますが、妊娠中は必ず歯科検診を受けるようにしましょう。

歯周病だけではなくお口の中でご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

« 2020年4月 | メイン | 2020年6月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/