«  2020年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年7月29日

虫歯や歯周病の予防には、日々の歯みがきが欠かせません。
ただし、ただ歯みがきをするだけではなく、歯垢をきちんと落とすようにしなければいけません。
いくら歯みがきしても虫歯になってしまう人は、この「きちんとした歯みがき」ができていないのです。

そのため虫歯や歯周病がない人でも、3か月に1度程度は歯科検診して歯科クリーニングすることをおすすめしています。

うまく歯みがきができずみがき残しがある人は、施行だけではなく歯石がたまってしまっています。
歯石は歯垢が固まってできるもので、歯みがきで除去するのはとても困難です。
だからといってそのままにしておくと、歯石を温床にして細菌が繁殖し、虫歯や歯周病になる可能性が上がります。
また、口臭の原因にもなってしまうでしょう。

そんな歯石を除去してお口の中の環境を整えるのが、歯科クリーニングなのです。

歯科クリーニングを行うことで、うまく歯みがきできない点を補い、気付かない間に虫歯や歯周病が進行するという最悪の状況を回避することができます。
もちろん、いくら歯みがきしても改善しない口臭にも効果があるかもしれません。

気になる人は、ぜひ歯科医へご相談ください。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2020年7月22日

インプラント治療を行うと人工の歯になりますので、その歯が虫歯になることはありません。
そのため、歯みがきを疎かにしても大丈夫だと思っている患者様がいらっしゃれば、それは違います。

インプラントだからこそ、自然歯よりも丁寧に歯みがきして歯垢が残らないようにしなければいけないのです。

インプラントの人工歯にも、歯垢は付着します。
もちろんそのままにしていても人工の歯が冒されることはありませんが、歯茎は自然のままですから炎症を起こすのです。
つまり、インプラントであっても歯周病は起きます。
インプラント歯周炎と呼ばれる歯周病は、天然の歯のように細菌が顎の骨にまで達しないようにガードする膜がありません。つまり、あっという間に細菌が顎の骨まで達して重篤状態にまで進行しやすいのです。
それに加えて、人工歯は痛みを感じませんので軽度のインプラント歯周炎はほぼ気付けません。

そのため、インプラント治療を行った人は、定期的な検診とクリーニングを受けるようにしてください。
インプラントに残った歯垢や歯石を除去し、もしインプラント歯周炎の傾向があれば早期に治療してしまうのです。
もちろん、他の天然の歯についても同時に診て、お口全体の傾向チェックをします。

インプラントだからといってクリーニングが不要なわけではありません。
むしろ、インプラントだからこそクリーニングが必要なのです。

当院では、インプラント治療だけではなく、一般歯科診療も行っております。お口の周りになにかご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2020年7月15日

「審美治療は痛くないですか?」という質問を受けることがあります。

審美治療にはクラウンやインレー、ラミネートベニアなどいくつかの方法がありますが、ほとんどの場合は歯を削って整えてから装着します。
歯を削る治療の代表は虫歯治療ですので、そのイメージから痛みが想起されるのは仕方がないことでしょう。

事実、審美治療でも多少の痛みを感じることがあるのは否定できません。
しかし、虫歯治療と違って審美治療は健康な歯に対して行いますので、ほぼ確実に麻酔を使って痛みを和らげることができます。
そのため、必要以上に恐れることはありません。安心してご来院ください。

なお、歯科治療では、「痛みを和らげる麻酔そのものが痛い」という話もありますが、それも安心して良いでしょう。

歯科医の多くで医科のような対策が進められており、麻酔そのものの痛みも和らげることができているのです。

・麻酔を打つ前に表面麻酔を塗布する
・極細の針を使って麻酔を打つ
・麻酔薬を体温程度に暖めておくことで刺激を和らげる

審美治療は、お口の健康のもう一段階上の生活の質を高めるために有効な治療です。
痛みがあるかも知れないという不安だけで治療を躊躇するのはおすすめできません。

当院では、審美歯科診療を行っております。何かご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2020年7月 8日

審美歯科治療はお口を健康にすると共に美しくする治療です。

その治療には、主に以下の3つの種類があります。

・矯正歯科
歯の位置をずらして、噛み合わせや歯並びを正しくする治療です。
矯正器具を装着して少しずつ歯を動かしていく必要がありますので、半年から数年といった治療期間がかかります。

矯正治療を行うことで、歯みがき時のみがき残しが減って虫歯や歯周病のリスクが軽減されますし、噛み合わせが良くなることでお顔全体のバランスが整うという利点もあります。

・ホワイトニング
歯を白くする治療です。
歯の表面についてしまった着色汚れを、薬剤を使って白くします。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うホームホワイトニングがあります。

・補綴(ほてつ)
歯が欠けたり治療して削ったりした場合に、その部分を人工物で補う治療です。
大きく失われた歯には被せて形を整える「クラウン」、小さく削った部分を埋める「インレー」、歯に薄いセラミックの板を被せる「ラミネートベニア」などがあり、症状ごとに最適な方法が採られます。
また、使用する材質によって審美性や耐用年数、強度などが違ってきます。

当院では、審美歯科治療を行っております。ご不明点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

2020年7月 1日

コロナウイルスに感染しやすいから歯医者さんに行くのを控えている、ということはないでしょうは?

もちろん、外出して人と接触する機会があるという点では、感染リスクはあります。
しかしそれは、歯医者さんだからではなく人と接触するからであり、お買い物に行くのとそれほど違いはないのです。

「歯医者さんは口の中に器具や手を入れたり、顔を近づけたりするじゃない?」というお話もあります。
それは大きな勘違いです。

歯科医は日頃、虫歯菌や歯周病などを相手に治療を行っています。
そして、その治療の主な方法は感染した細菌の除去なのです。

細菌を除去したあとには細菌が再感染する隙を狙っていますので、治療中にそんなことが起こらないようにしなければいけません。
日頃から感染予防対策は徹底して、治療器具や設備、歯科医自身の殺菌消毒にはとても気を遣っているのです。

治療のたびに新たな器具を使用し、医師はことあるごとに手洗いや消毒を行っています。
その上で、今回のコロナパンデミックへの対策もきちんと行っているのです。

結果として、歯科医でのコロナ感染リスクは一般的な外出と変わらないもしくは低いと考えて良いでしょう。

もし、コロナ感染リスクを気にして歯医者さんに行かないという人は、それによって治療が遅れて虫歯や歯周病が進行してしまう恐れがあります。

歯科医師は、コロナウイルスと同じように見えない敵と日々戦っています。
安心してご来院ください。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

« 2020年6月 | メイン | 2020年8月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/