«  2020年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2020年9月30日

インプラント治療は比較的成功率の高い治療ではありますが、治療後に外れてしまうこともゼロではありません。
その原因をいくつか紹介します。

・歯ぎしりや食いしばり、噛み合わせが悪く力が加わった場合
インプラントに過度な負担がかかってしまった場合、抜け落ちてしまうことがあります。
歯ぎしりや食いしばりの癖がある人は、事前に相談した方が良いでしょう。
噛み合わせが悪い場合は、事前に歯科医から矯正の提案があるかもしれません。

・喫煙
たばこを吸うとお口の中の血行が悪くなります。
その結果、歯とインプラントが結合している部分が弱くなってしまい、抜けてしまうことがあるのです。
絶対にダメではありませんが、たばこは控える方が安全です。

・全身の病気
骨粗鬆症や糖尿病などでも、骨とインプラントの結合を阻害することが分かっています。
そのため、全身疾患の治療を優先した方が良いかもしれません。

・治療後のメンテナンス不足
インプラントそのものは最近に冒されることはほとんどありませんが、インプラントには歯垢や歯石が付着しやすくそこからインプラント歯周炎という歯周病によく似た病気になりやすくなっています。
インプラント治療を受ける前以上にお口の中を意識して、丁寧な歯みがきをするようにしましょう。
また、定期的な検診は必ず受けるようにしてください。

当院では、インプラント治療だけではなく、一般歯科診療も行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年9月23日

「歯がなくなっても入れ歯やインプラントがあるから大丈夫」だと思っている人は、そんなにいないでしょう。
もしいらっしゃるのであれば、少し考えを改めたほうが良いかもしれません。
特に入れ歯は、なってから急に老いを感じるとも言います。

そのため、将来入れ歯のお世話にならないようにするための秘訣をいくつか紹介します。

・歯科検診を受ける
入れ歯のお世話になる大きな原因は、虫歯や歯周病で歯を失うことです。
つまり、虫歯や歯周病を防ぐのが入れ歯にならないための最善の方法なわけです。

虫歯や歯周病の予防の基本は歯みがきですが、それに加えて歯科検診をおすすめします。
日々の歯みがきも重要ですが、みがき残しはどうしてもできてしまいますので、そこから虫歯になってしまう可能性があります。
虫歯や歯周病も早期発見できれば容易に治療できるので、健康診断と同じようにこまめに歯科医で診てもらうことで歯を健康に保つことができるわけです。

・歯科矯正を検討する
歯並びが悪い人は、歯科矯正を検討してください。
歯並びか悪いというのは、審美的な問題よりも歯みがきがしにくいという問題があります。
みがき残しは虫歯や歯周病の原因となりますので、根本的な治療となる歯科矯正が効果的なのです。

・歯ぎしりや噛み締めの癖を治す
歯ぎしりやかみしめの癖がある人は、その影響で歯が動き、歯並びが悪くなることがあります。
これらの癖は早めに治すようにしましょう。

予防歯科について興味のある方は、お気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年9月16日

虫歯の治療は、基本的に歯を削ります。
そのため、削った跡を何らかの方法で埋めなければいけません。
感染箇所が大きい場合や細菌が神経にまで達している場合は、歯に大きな穴が開いたり半分程度しか残らなかったりする場合もあるでしょう。

そういった欠損した歯を補うのが補綴と呼ばれる治療です。
これらは保険適用内であれば、樹脂や金属が使われます。一般的に銀歯と呼ばれるモノがそれです。

しかし銀歯では強度や耐用年数がそれほど長くありません。
なにより、銀歯は治療したことがすぐに分かる状態になっていますし、樹脂でも着色汚れなどで見た目があまりよくありません。
そのための選択肢の1つとしてあるのが、審美歯科治療なのです。
審美歯科治療は保険適用外になってしまうことがほとんどですが、セラミックなどの高機能な材質を使って補綴治療を行うことで、機能性と審美性の両方を兼ね備えた治療を行うことができます。
一般的に耐用年数も長いことから、患者様の負担も小さくなることが少なくありません。

特に前歯の治療の場合は、治療跡がとてもよく見えてしまいますので、虫歯は治ったが人前で口を開けることができずに生活の質が下がるようなことも少なくありません。
そんな場合は、審美歯科治療を選択していただくことで、患者様のお口の機能だけではなく生活の質という点も考慮した治療を行うことができるでしょう。

当院では、一般歯科治療だけではなく審美歯科治療も行っております。ご不明点がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年9月 9日

一般的にお子様は虫歯になりやすいものです。
その理由は乳歯そのものが弱いということもありますが、食事をだらだらとしてしまったり、甘いものを多く食べたり、なにより歯みがきがきちんとできないということです。

そのため、お子様の虫歯予防には定期的な歯科検診をおすすめします。

定期的に検診していただくと、虫歯の早期発見早期治療ができます。
早期治療は痛みもなく1度で終わることがほとんどなので、お子様が虫歯で苦しむことがなくなるでしょう。

また、うまく歯みがきができていない部分のクリーニングを行ってお口の中をきれいにし、虫歯を予防できます。

歯みがき指導を受ければ、歯みがきでのみがき残しが少なくすることができるでしょう。
そうすれば、虫歯のリスクを小さくできます。

それに加えて、「痛くない」歯医者さんを何度も経験することで、お子様が歯医者嫌いになってしまうことを防ぎ、予防歯科についての知識を身につけることができます。
この点はとても大きなポイントなんです。
日頃からお口の健康を心がける習慣ができれば、大人になっても虫歯や歯周病で苦しむ可能性が低くなります。

お子様のお口の健康を考えるのであれば、ぜひ定期歯科検診をご検討ください。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2020年9月 2日

歯科矯正治療は、歯並びを良くして見た目やかみ合わせなどのお口の機能を改善させる治療です。

ただし、歯科矯正治療では歯に矯正器具を付けたままで長い間生活していただく必要があります。
また、じつは歯科矯正治療によってそれまで気にならなかった口臭が気になりはじめることがあるのです。

口臭の原因の1つは、矯正器具です。
歯科矯正治療に使用する矯正器具は複雑な形をしており、矯正する歯にしっかりと接着されています。
そのため、いままできちんと歯みがきができていた人でも、うまくみがけなくなってしまうことがあるのです。

また、矯正器具のせいで口が少し開いた状態になって口の中が乾燥してしまう場合もあります。お口が乾燥すると唾液による洗浄や殺菌の効果が薄れてしまいます。

つまり、矯正器具を付けていることでお口の中で細菌が増えやすい環境になってしまっているわけです。

この状態は、虫歯や歯周病になりやすくなっている状態でもありますので、気がついたらすぐに対処しなければいけません。

歯みがきの回数を増やしたり、より丁寧にみがいたりするだけでなく、歯科医で定期的にクリーニングを行うのも良いでしょう。
また、食事中の咀嚼回数を意識的に増やしたり、うがいなどでお口の乾燥を防いだりするのも効果的です。

なにより、まずは歯科医へご相談ください。症状に合わせて適切な処置を施してもらえます。

当院では、歯科矯正だけでなく一般歯科診療も行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

« 2020年8月 | メイン | 2020年10月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/