«  2021年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2021年1月27日

根管治療は、歯の根の中にある神経(歯髄)を抜き取り、中を殺菌消毒して薬を詰める治療です。

神経を抜いてしまうので痛みがなくなってしまうと思いがちですが、じつはしばらく痛み続けることがあるんです。

根管治療を行ってすぐならそれも理解できるかもしれませんが、長く続くと治療ミスを疑ってしまうかもしれませんので、その仕組みを説明しましょう。

根管治療の治療部位である歯の根(根管)は、単純な形ではありません。
人によって、歯によって形は違っていますし、あちこちで枝分かれしていることも少なくないんです。
その中にある細い神経をすべて完璧に除去するのは、根管を削って歯の根を脆くすることにもなりかねません。
そのため、歯髄の中心部や細菌感染した部分は細かく除去しますが、そうではない細部はあえて残すことがあるのです。

神経が残っているということは、痛みを感じることもあるということです。
ただし、中心部が除去されているということは、時間が経てば末端は死んでいきますので痛みもなくなっていくことでしょう。
きちんと薬剤を詰めていれば、神経が死んでも問題になることはありませんのでご安心ください。
それで治療完了になります。

以上のように根管治療後にはしばらく痛み続けることがありますが、ご安心ください。
もちろん、心配であればすぐに歯科医へ相談しましょう。丁寧に説明してくれるはずです。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2021年1月20日

「一般歯科では虫歯を治療するけど、審美歯科では治療しない」という勘違いをしている患者様がときどきいらっしゃいます。

それは大きな勘違いです。
虫歯や歯周病の治療ができなければ、当然ながら審美歯科の歯科医にはなれません。

そもそも審美歯科治療では、多くの患者様がイメージしているホワイトニングやクラウン、インプラントの治療を行う前に虫歯や歯周病などの治療を行わなければいけないことがほとんどなのです。

むしろ審美歯科治療は、一般歯科治療に加えて行う治療だと言っても良いでしょう。

患者様が望まれるということもありますが、審美歯科治療は患者様の虫歯や歯周病などお口の治療を行うだけでなく、患者様の生活そのものを改善する治療を行っているんです。

虫歯を治療するだけでは被せ物などの治療痕が目立ち、お口を開きたくないという人も少なくありません。
審美歯科治療ではそういったことがないように、お口を開いても治療痕が目立たないようにすることができるのです。

もちろん一般歯科だけを標榜している歯科医でも、患者様の生活の質の向上を目指したいと考えています。
でも、保険適用内ではできることが限られてしまいますし、設備などにも限界があります。

その点、そもそも患者様の生活の質の向上を目指している審美歯科では治療の選択肢が多く設備も整っています。
だから、より患者様の望む結果を出しやすいと言えるわけです。

当院では、審美歯科治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2021年1月13日

インプラント治療は外科手術ですので、治療後、麻酔が切れると痛み始めます。

ただし処方される痛み止めを飲めばほとんどの場合は痛みが引きますので、ご安心ください。

でも、痛みがなかなか引かない場合など、歯科医へ相談したほうが良い痛みもありますので紹介しましょう。

1.痛み止めが効かない
痛み止めを飲んでも痛みがまったく引かない場合は、薬が合っていないのかもしれません。
中には、痛みは引いても下痢や便秘になってしまう人もいます。
そんな場合は歯科医へ相談して痛み止めの種類を換えてもらいましょう。
もし痛み止めの種類を換えても痛みが止まらなければ、手術をしたインプラントの周囲の組織に何らかの問題が起こっているのかもしれません。

2.痛みがひどくなる(傷みが1週間以上続く)
痛みが引くどころかひどくなる場合は、組織に問題が発生していると思われます。

3.上顎のインプラントの場合で、鼻から臭いや膿が出る
治療の影響で蓄膿症になってしまっている恐れがあります。

4.顎がしびれたり頻繁によだれをこぼす
治療の影響で神経に問題が起こっているのかもしれません。

これらの症状に心当たりのある人は、すぐに歯科医へ相談してください。

当院では、審美歯科治療やインプラント治療を数多く行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2021年1月 6日

インプラントは失った歯と同じように機能し、快適な生活を取り戻すベストな治療の1つです。

ですが、治療中にはどうしても食事や生活を制限しなければいけないことがあります。

インプラント治療は、歯茎を切開して人工の歯の根を埋め込む治療です。
そのため、その傷口が塞がるまでの間は、次のことに注意する必要があるんです。

・刺激物や硬いものは食べない
・歯みがきは優しくする
・激しい運動はしない
・湯船に入らない
・お酒は飲まない

すべては「傷口を広げたり、余計な出血を起こしたりしないようにする」ための制限ですので、無茶はしないようにしてください。

特に硬いものを食べたりいつも通りに歯みがきしたりするなどすると、で傷口が開いて治りが遅くなってしまいます。
絶対にやめてください。

制限する期間は患者様の体質や制限するものによりますが、それほど長くはありません。
インプラント治療が終われば、歯を失う前と同じように食べることができます。
それまでの間、少しの辛抱です。

当院では、インプラント治療の他、一般歯科診療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

« 2020年12月 | メイン | 2021年2月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/