«  2021年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2021年2月24日

歯科クリーニングというのは、歯と歯の間や歯と歯茎の隙間に溜まった歯垢や歯石を除去する治療のことです。

歯垢や歯石は虫歯や歯周病の原因になるだけでなく、口臭の原因にもなりますのでこまめに除去することが重要です。

そんな歯科クリーニングですが、「痛いのでやりたくない」という人が少なからずいらっしゃいます。

確かにクリーニングで痛みを伴うことは少なくありません。
しかし、多くの場合は歯石の量が多かったり、歯石が歯と歯茎の隙間の奥に溜まったりなど、長い間歯石を貯めこんだ場合に痛みが起きるんです。
だから、こまめに除去していればそれほど痛みを感じることはありません。

なお、歯茎が炎症を起こしていると敏感になって痛みを伴うことがありますが、それは歯周病が進行している証拠です。

歯科医によっては麻酔などの処置をしてくれる場合がありますので、耐えられないような痛みがあれば遠慮なく申し出てください。

クリーニングは虫歯や歯周病の治療前に行うことが一般的です。
でも歯垢や歯石が虫歯や歯周病の原因ですから、虫歯になる前にクリーニングしておけば、虫歯で痛い思いをすることはないんです。

できれば定期的に歯科医を訪れて、虫歯や歯周病のない健康なお口を維持していきましょう。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2021年2月17日

歯みがきの時などに「歯が黄色い」と感じたことはありませんか?

毎日歯を磨いていても歯が黄色くなってきている人は、じつは間違った歯みがきをしているのかもしれません。

歯の白さというのは、歯に表面にあるエナメル質の厚さに関係があります。
歯の大部分を占める象牙質は黄色味を帯びていて、その表面を覆っているエナメル質は透明なんです。
そのため何もしなければ黄色く見えますが、エナメル質に厚さがあれば、光がその中を乱反射して白く見えます。
これが本来の歯の白さの仕組みです。

でも、間違った歯みがきや加齢によってエナメル質は薄くなります。
特に歯みがきは毎日やることなので影響が大きいんです。
研磨剤が入っている歯みがき粉を使っている場合は、正しい歯みがきを行わなければエナメル質を薄くする大きな原因となります。
こうして起こってしまった歯の黄ばみは、「ホワイトニング」で象牙質を白くすることで取り除くことが可能です。

他にも食べ物による着色汚れによって歯が黄ばむことも少なくありません。
この場合は歯のクリーニングで白くすることができます。

このように歯の黄ばみの原因によって対処法が違ってきますので歯の黄ばみが気になったら、まずは歯科医へ相談してみましょう。

当院では、審美歯科治療を中心に一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2021年2月10日

歯が痛いわけではないけれど、ムズムズして不快な感じが続く、ということはありませんか?

「我慢できる程度だし、食事で困ることもないから大したことない」と思っているのなら気を付けてください。
歯がムズムズするのは、虫歯や歯周病が進行しているせいかもしれません。

そもそも、虫歯や歯周病は自覚症状もなく進行し気が付いた時には重症化していることが多い恐ろしい病気です。
ただし、人によっては軽症の段階から違和感を覚えて、それをムズムズと表現される場合があります。
軽症の段階であれば虫歯や歯周病の治療も簡単で痛みもありませんので、その時にすぐ治療を始めることをおすすめします。

中には、ムズムズするようになった程度でも、すでに重症化している場合もあります。
でも痛くなった段階よりはよっぽど早いので、歯がムズムズしたらすぐに歯科医を受診してください。

虫歯や歯周病は早く治療を始めれば始めるほど、治療も早く痛みがありません。
歯がムズムズしたら、すぐに歯科医へ相談しましょう。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2021年2月 3日

「歯がしみる」程度では歯医者に行かないという患者様は少なくないかもしれません。
でも「歯がしみる」のは、歯に問題が起こっている証拠なんです。

「歯がしみる」具体的な原因は、大きく分けて次の3種類があります。

・金属のかぶせものの影響
・歯茎が下がっている
・虫歯

・金属のかぶせものの影響
幸いにも神経を抜かずに虫歯の治療をして、金属のかぶせものをしている場合です。
熱いものを食べると、その熱がかぶせものを通して神経を刺激することで起きます。
冷たいものではほぼ起きませんので安心しがちですが、治療直後でもない場合はかぶせものの中で虫歯が進行している可能性があります。

・歯茎が下がっている
歯茎が下がって敏感な部分が表に出ている場合に起きます。こちらは熱いものではあまり起きません。
日々の歯みがきの力が強すぎることが原因の場合が多いですが、歯周病が進行している可能性もあります。

・虫歯
熱いものでも冷たいものでも歯がしみる場合、虫歯が原因のことが多いです。
特に熱いもののほうがしみる場合は重度の虫歯になっている可能性があります。


当院では、審美歯科治療を主に一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

« 2021年1月 | メイン | 2021年3月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/