«  2021年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2021年4月28日

インプラント治療はあごの骨に人工の歯根であるインプラントを埋め込み、そこに人工の歯を設置する治療です。

治療後は天然の歯と同じような見た目と機能を得られ、歯を失う以前と同じように生活することができるので、歯を失った場合におすすめしたい治療と言えます。

しかしそんなインプラント治療も失敗することがありますので、その原因を紹介しましょう。

・あごの骨が死んでしまう
あごの骨に穴をあけるドリルが摩擦熱で高温になることで、接しているあごの骨の細胞が死んでしまうことがあります。
そうなると埋め込まれたインプラントがあごの骨と結合せず、すぐに抜け落ちてしまいます。

・治療部を押す
手術後すぐに治療したところを舌で押すなどしていると、うまくインプラントと骨が結合できません。

・埋め込む角度や深さが違う
治療計画とは違う角度や深さでインプラントを埋め込むことで、力のかかり方が違ったり骨が治癒しきれなくなったりします。

・持病などで骨が結合できない
骨粗しょう症や糖尿病などの持病、喫煙や貧血などがあると骨が結合しきれないことがあります。

これらの失敗を防ぐために歯科医院がどんなふうに対応しているのかを確認すれば、その歯科医に安心してインプラント治療を任せられるかが判断できることでしょう。

当院では、インプラント治療や審美歯科治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2021年4月21日

インプラント治療は失われた歯とほぼ同じ見た目と機能を取り戻すことができるため、歯を失った場合のベストな治療法と言えます。

しかし残念ながら天然の歯とは違いますので、生活するうえで注意しなければいけないことがあるんです。

・画像診断への影響
インプラントの種類によってはMRIやCTといった画像診断時の写真に影響を及ぼす場合があります。
そのため、検査前に必ず医師へ報告してください。

・歯周病リスク
天然の歯に比べて、インプラントは歯周病によって抜け落ちてしまうリスクが高くなっています。
インプラントの場合、歯の根と歯を支えるあごの骨の間にある「歯根膜」という膜がないため、細菌があごの骨にまで容易に辿り着いて骨を溶かしてしまうんです。
そのため、お口の健康を保つために患者様自身によるこまめな歯みがきなどや定期的な検診などのメンテナンスが重要になります。

・義歯が欠けたり、緩んで脱落することがある
人工の歯といっても天然の歯以上に硬いわけではありませんので、欠けることはあります。
またインプラントに固定している義歯が緩んで抜け落ちることもゼロではありません。
何か違和感を覚えたら、すぐに歯科医へ相談してください。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2021年4月14日

失われた歯を取り戻す最適な治療法の1つインプラントですが、すべての患者様に適用できるわけではありません。
次のような患者様の場合、インプラントが「できない」もしくは「難しい」とされることが多いのです。

・妊娠中、妊娠の可能性がある
インプラントは外科手術が必要な治療です。そのための投薬なども行いますので、母子の安全のためにもできれば他の方法を選ぶべきでしょう。

・全身疾患のある人
高血圧や糖尿病など心疾患のある人は手術による思わぬトラブルを避ける意味でインプラント治療を控えたほうが安全です。

また、骨粗しょう症の人の場合は、インプラントがうまく骨と結合できないなどのトラブルが起こりやすいので断られることが多いです。

・子供
未成年などであごの骨が成長中の人にインプラント治療をすると、あごの成長によってかみ合わせがずれたりインプラントが外れたりするなどのトラブルが起こりやすいです。
そのため未成年者へのインプラント治療は断られることがほとんどです。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

2021年4月 7日

入れ歯は、失われた歯の代わりとなるものですが、ただ噛むためにあるのではありません。

部分入れ歯まであっても、お顔の審美性にとても重要なものなんです。

お口を少し開くと見える部分の歯がイメージしやすいもしれません。
歯が抜けたままでは、どうしてもみすぼらしくて老けた印象を受けませんか?。

また、大きく口を開かないと分からない部分でも、お顔のバランスが崩れて違和感を与えます。
なにより、あったものがなくなるわけですから、余計な皮膚が弛んでシワの元になるんです。

お顔はすべてのパーツがバランスよく配置されて初めてその美しさを発揮します。
だからこそ、歯を失うことで美しさが損なわれてしまうわけです。
そうなると、今までと同じような生活もできなくなってしまうかもしれません。

虫歯や歯周病は、そうやって快適な食事だけではなく生活そのものを変えてしまう恐ろしい病気なんです。

だからまずは予防する。
治療する。
そして、不幸にも歯を失ってしまったら、入れ歯やインプラントで補完する。
後ろになればなるほど、お金や時間などの負担が大きくなるんです。

日々の歯みがきや定期的な歯科検診で、最悪の場合を最低の負担で防ぎましょう。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

« 2021年3月 | メイン | 2021年5月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/