«  2021年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« インプラントができない人 | メイン | インプラント治療が失敗しないために »

2021年4月21日

インプラント治療は失われた歯とほぼ同じ見た目と機能を取り戻すことができるため、歯を失った場合のベストな治療法と言えます。

しかし残念ながら天然の歯とは違いますので、生活するうえで注意しなければいけないことがあるんです。

・画像診断への影響
インプラントの種類によってはMRIやCTといった画像診断時の写真に影響を及ぼす場合があります。
そのため、検査前に必ず医師へ報告してください。

・歯周病リスク
天然の歯に比べて、インプラントは歯周病によって抜け落ちてしまうリスクが高くなっています。
インプラントの場合、歯の根と歯を支えるあごの骨の間にある「歯根膜」という膜がないため、細菌があごの骨にまで容易に辿り着いて骨を溶かしてしまうんです。
そのため、お口の健康を保つために患者様自身によるこまめな歯みがきなどや定期的な検診などのメンテナンスが重要になります。

・義歯が欠けたり、緩んで脱落することがある
人工の歯といっても天然の歯以上に硬いわけではありませんので、欠けることはあります。
またインプラントに固定している義歯が緩んで抜け落ちることもゼロではありません。
何か違和感を覚えたら、すぐに歯科医へ相談してください。

当院では、インプラント治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.tdc.gr.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1324

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/