«  2021年5月12日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2021年5月12日

虫歯や歯周病を予防し、お口の中を健康に保つ秘訣とも言える日々の歯みがきですが、間違ったやり方で行っていると効果がないばかりか逆効果になることすらあります。

今回は歯のみがき方の中でも、「間違ったやり方」を紹介しましょう。

・歯磨き粉をたっぷりと付けて歯みがきする
歯磨き粉のCMなどで、歯ブラシの端から端まで歯磨き粉を載せている映像がよくあります。
あの量は多すぎるんです。
歯磨き粉が多いと、すぐにお口の中が泡だらけになって全体的に歯みがきした気になってしまい、みがき残しができてしまいます。
本来、歯磨き粉なしでも構わないくらいですので、歯磨き粉の量は少量にしておきましょう。

・ゴシゴシと強くみがく
男性に多いのですが、力一杯ゴシゴシと歯をみがく人がいます。
そんなことをすると、歯の表面のエナメル質を傷つけることになりますし、歯茎にも余計な力がかかって歯茎が下がってしまいます。
歯茎が下がるのは知覚過敏のもとになりますし、プラークや歯石も溜まりやすくなってしまうんです。

・大きく動かしてみがく
歯みがきを面倒がる人に多いのですが、大きめのヘッドの歯ブラシを使って大きく動かして一気に歯みがきする人がいます。
そのようなみがき方をするとどうしてもみがき残しができてしまいますので、あまりおすすめできません。
1本1本丁寧に、細かく動かしてみがくのが理想です。

当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.tdc.gr.jp

« 2021年5月 5日 | メイン | 2021年5月19日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
タバタデンタルクリニック

タバタデンタルクリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

タバタデンタルクリニック
http://www.tdc.gr.jp/