トップへ » 院長あいさつ » 院内ツアー

外観

外観総合歯科クリニックであるタバタデンタルクリニックは、兵庫県芦屋市の閑静な住宅街にあり、プライバシーの保護を確立し、ゆっくりと安心して治療を受けて頂くことが出来ます。
南側には4台の専用駐車場もご用意しております。またJR芦屋駅からも徒歩3分となっております。

受付

受付

受付では、患者様に安心して治療を受けていただけるよう笑顔で対応致しております。ご予約の相談はもちろん、治療中の疑問・質問なども承っております。どうぞお気軽にお尋ねください。

待合室

待合室

治療の都合上、チェアーで長時間お待ちいただくような場合がありますが、このような時は静かで落ち着いた雰囲気のウェイティングルームでおくつろぎいただけます。

診療室・オペ室

診療室

院内全体のスペースにゆとりを持たせておりますので、あまり時間を気にしないで、ゆったりとした気持ちで治療を受けていただけるようにしております。

個々のユニットはパーテーションで仕切られており、患者様のプライベートな空間を保っています。
治療器具も最新のものを使用し、万全の体制で治療に臨んでいます。

通常の診療室以外にも、完全な個室となっているオペ室と特別診療室もご用意しております。

カウンセリングルーム

カウンセリングルーム
カウンセリングルーム

治療前のカウンセリングや、治療計画などのご説明をおこなうスペースです。完全個室ですので、悩みはもちろん、費用や期間のことなど、どうぞお気軽にご相談ください。

ブラッシングスペース

ブラッシングスペース

診療前、時間がなくて家でブラッシングできなかった、という方も大丈夫。当院ではブラッシングスペースを完備しています。どうぞ、診療前にご利用ください。

歯科技工室

歯科技工室

院内に24時間稼働できる歯科技工室を設置し、2人の技工士が常勤しています。通常の歯科医院の場合、診察や治療を院内で行い、制作物は外部の歯科技工士に依頼するため、時間がかかってしまうことが多いのです。
院内に技工室がある一番のメリットは、近くに技工士がいること。即座にかぶせ物の色や形の調整を行うことが可能になります。また、遠方よりお越しいただいた患者様に対しても、短時間で高品質の被せ物や仮歯をご提供することができます。
当院では、充実した精密機器を完備しています。さらに院内だけでなく、隣接した第2技工室もあり、患者様に国内最高レベルの歯科技工物をフルオーダーメイドで提供させていただけます。

CT

CT

当院では、患者様の安全・安心第一を考え、世界最高品質のKAVO社より最新のCTを導入し、コンピューター解析が可能となっております。

1.治療の安全性を飛躍的に高めます
一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになり、さらに正確な診断を行うことができるようになりました。

CT

さらに、コンピューター解析機能により、あらかじめコンピューター上にてインプラント手術をシュミレーションすることも可能です。また、それらのデータを使用して、患者様へよりわかりやすく説明することもできます。

CT

2.安心して検査を受けることができます
世界一被曝線量が少なく、撮影時間がとても短い(8~9秒)ハイパフォーマンスの機械です。医科用CTの10~20分の1の被曝線量で歯科治療に必要な画像取得が可能なので安心して撮影が出来ます。

CT

3.遠方の検査機関に行かなくてもいい
現在多くの歯科医院では、CT撮影を必要とする際には専門とする検査機関に行かなくてはいけません。しかし、当院ではCT撮影が必要とあらば、すぐに撮影ができその場で見ることも可能です。また、服を着たまま座っての撮影なので、横になることもなく、狭い空間に入ることもありませんので患者様への負担は最小限に抑えることができます。

ご不明な点がございましたら、当院スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

参考までに...
X線画像とは影絵の様なものなので、下の絵の人の影がX線画像だと思ってください。左手のバナナは見えますが右手のパイナップルは体と重なっていて、影では有るのか無いのか分かりません。

そこで、ライトを違う方向から当てて見るとどうなるでしょう?パイナップルが人の前にあるのが分かる影が写りました。CTはこの原理を使用し2DX線写真で見えなかった病巣やインプラントの埋入方向などを色々な角度から見る事が出来るのです。その画像をもとに診断し患者様に分かりやすくご説明します。
CT

院内感染対策と治療器具の滅菌について

治療において、忘れてはならないのが感染対策です。

昨今、病院などでの院内感染が問題になっています。残念ながら日本は、ヨーロッパなどの欧米圏に比べ感染への意識がまだまだ低いのが現状です。

当院ではコップやエプロンまで、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)を徹底しています。使用するミラーやピンセットは、滅菌パックに入れて、患者様の前で開封いたします。また、高圧蒸気滅菌器、薬液滅菌、ガス滅菌などの各種滅菌機器を取り揃えています。安心して治療を受けさせることができるでしょう。

読売新聞に「歯科治療において過半数の歯科医院で器具が十分な滅菌をされずに使われている」との記事がありました。当院ではこのような院内感染を懸念するような内容ではなく、むしろ非常に高いレベルで衛生面に配慮していますのでどうぞご安心ください。

感染対策感染対策感染対策当院の特徴として衛生面では特別な配慮を施しており、器具の洗浄、滅菌には専門のクリーンスタッフを3名配置しています。


①処置に用いる基本的な器具について
専門のクリーンスタッフが洗浄した後、個別に滅菌パックしオートクレーブで滅菌しています。

感染対策感染対策


歯科用高速滅菌器(ドイツKAVO社製)だけではなく医科用オートクレーブを2台配備

感染対策感染対策感染対策

②外科処置について

器具の滅菌は勿論の事、特別な手洗いをし、術者が触れる場所全て滅菌を施しています。また、高温をかける事が出来ない器具類はエチレンガス滅菌にかけています。

感染対策感染対策


③治療の際の切削器具類(歯を削る機器)について


感染対策毎回薬液消毒を行い、診療後オートクレーブで(高温加熱滅菌)滅菌にかけています。
直接口腔内に入る部品については毎回洗浄後オートクレーブで滅菌しています。また、熱に不適で高圧蒸気滅菌がかけられないものに関しては薬液消毒にて対応しています。


④根管治療に用いる器具について
感染対策また、根管治療に用いる器具は個別に滅菌を施し、他院では一種類しか使用しないバキュームも当院では通常用・根管治療用・外科用と使い分けています。


感染対策※この根管治療システムは根管治療分野で全米トップレベルと言われるペンシルバニア大学のシステムに準じて衛生面(感染対策)に配慮しています。

⑤唾液の侵入を防ぐため、ゴム製の器具と樹脂で更に隙間を埋めています感染対策
その他治療に際して、唾液中の細菌が感染を及ぼすような事柄についてはラバーダム防湿(ゴムのダム)を使用し唾液からの細菌侵入を防ぐよう細心の注意を払っています。

感染対策この様に当院では器具は勿論の事、治療中の細菌感染にも細心の注意を払っており、唾液に含まれる口腔常在菌の侵入を防止するよう努めていますのでご安心ください。


トップへ » 院長あいさつ » 院内ツアー


コールバック予約

PAGE TOP