土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

喫煙が口へ及ぼす悪影響

タバコの有害物質が体に悪影響を及ぼすことは有名ですが、お口の健康も奪っていくことはご存知でしょうか?タバコによる口腔内の悪影響についてお話します。
1、味覚感覚を麻痺する。
ニコチンやタールが味覚感覚を麻痺させ味の感覚を感じにくくします。そのせいで喫煙者は濃い味を好むのです。
2、ひどい口臭に。
喫煙者の口腔内は、歯磨きでは取れない独有な口臭があります。ニコチンが口腔内の血管を収縮し唾液量が減少します。唾液量が減少すると自浄作用が低下し口腔内の細菌が繁殖。その細菌が口臭の原因になるのです。
3、歯周病の進行。
タバコに含まれるニコチンのせいで、口腔内の細菌が増殖するため、歯を支えている周辺組織(歯ぐき・骨)を破壊する歯周病の進行を早めてしまいます。
4、口腔がんの危険性
口腔がんの中でも舌癌が最も多く、非喫煙者の6倍もリスクが高まると言われています。初期症状は口内炎のようなものなので、見落としがちですが放置すると身体中に転移している場合もあります。
5、歯の黄ばみの原因に。
タバコのヤニは、きれいな白い歯を黄ばんだ歯にしてしまいます。一度付着したヤニは歯ブラシでなかなか落とすのが難しいです。ヤニとり用の歯磨き粉を使用しても一時的に落とせる場合もありますがすぐに付着してしまいます。また、黄ばんだ歯はその人の印象を変えてしまいます。
健康面だけでなく美容面にまで影響を及ぼす喫煙。上記の中でお心当たりのある方はまず禁煙を決断してください。その後は歯科医院へご相談いただきお口の中の健康を取り戻していきましょう。
当院の紹介はこちら
/http:/www.tdc.gr.jp/

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。