土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

虫歯の進行度ごとの治療の違い

歯科検診などで聞いたことがある人もいると思いますが、
虫歯の進行度を表す方法にCOからC4というものがあります。
表面に感染が見られるだけだけのCOから、歯の根だけが残っている状態のC4まで虫歯のひどさを表す指標です。
この指標ごとに虫歯治療の手順に違いがありますので、目安として知っておくのも良いかもしれません。
CO
歯の表面のエナメル質が薄く冒されている状態で、ほとんど治療することなく、歯みがきとフッ素コートで対処することが多くなっています。
C1
歯の表面のエナメル質の奥まで侵されている状態で、穴が開き始めています。
この段階になると患部を削る必要が出てきます。削ったあとにレジンと呼ばれる詰め物をして終わります。
C2
エナメル質の奥にある象牙質まで侵されてしまっている状態で、冷たいものがしみるなどの自覚症状が出てくる段階です。
患部を削る治療に違いはありませんが、削る範囲が広いため、詰め物も大きくなり、型どりしなければいけません。
C3
虫歯が神経まで達し、激しい痛みを伴ってしまう状態です。
この段階までくると、削るだけではなく神経を抜く治療(根管治療)が必要になってきます。治療後も詰め物ではなく被せものを作らなければいけません。
C4
神経は完全に壊死し、ひどい時には歯の根本だけ残っているような状態です。一時的に痛みはおさまりますが、歯の根の奥で炎症は続いていますので、膿がたまるなどしてより激しい痛みが戻ってきます。
歯が残っていれば被せものを作る時もありますが、抜歯を勧められることも多いです。
当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。