土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

妊娠中の歯周病予防

歯周病の原因はお口の中の細菌です。
ほとんどの場合、歯周病は細菌が歯周ポケットにたまることで始まります。
そのため、歯みがきなどで歯周ポケットにたまった細菌や歯垢を除去することで歯周病予防することができます。
じつは、妊娠中の女性は歯周病になりやすいということが分かっています。
妊娠中に多く分泌されるエストロゲンというホルモンが一部の歯周病菌の増殖を促してしまいますし、他にも炎症を増長するホルモンも分泌されるからです。
特に妊娠中期から後期にはエストロゲンの分泌が通常時の30倍にもなることがあるため、「妊娠性歯肉炎」と呼ばれる歯周病になりやすくなってしまいます。
また、血管に侵入した歯周病菌が胎盤を通して赤ちゃんに感染してしまうことで、低体重児や早産の恐れがあることも指摘されています。
冒頭で書いたように歯周病の原因は細菌です。
どれだけ増殖を促すホルモンがあろうが、そもそも細菌がいなければ増えようがありません。
そのため、妊娠中は通常時にも増して口内環境を整えることを心がけ、定期的に歯科検診を受けてこまめに確認することで、十分に予防することができます。
産婦人科医からも勧められるかと思いますが、妊娠中は必ず歯科検診を受けるようにしましょう。
歯周病だけではなくお口の中でご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。