土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

歯科治療の麻酔

歯医者さんの麻酔と聞くと、いやな顔をする人が多いかもしれません。
麻酔をするために歯茎に注射針を刺すあの痛みは、一度受けたら忘れられません。
でも、今ではその麻酔をするための痛みも抑えるような工夫がされているのです。
今回は歯科医で行われる麻酔の仕方について紹介しましょう。
・表面麻酔法
歯茎の表面に塗ったり吹き付けたりする麻酔薬で、表面的な感覚をなくすものです。
冒頭でお話しした「麻酔をするための痛み」を軽減するために使われています。
表面の感覚をなくす麻酔ですので、麻酔注射の感覚が完全になくなるわけではありませんが、十分に耐えられる程度にしてくれる効果があります。
また、歯石を取ったり抜歯したりするときにも使われることがあります。
・浸潤麻酔法
一般的な麻酔です。
歯茎に注射して、患部の感覚を局所的になくしてしまいます。
現在では、前述の表面麻酔を使用し、極細の注射針や麻酔薬の温度を体温に合わせるなどの工夫をすることで痛みを軽減しています。
・伝達麻酔法
麻酔薬自体は潤滑麻酔と同じものですが、患部ではなく下あごの奥あたりに注射する方法です。
この部分には下あごの感覚を脳に伝える神経が走っており、その神経を麻痺させることで下あごの広い範囲の感覚をなくすことができます。
・吸入鎮静法
笑気という鎮静効果と鎮痛効果のある麻酔ガスを吸入することで、リラックスして痛みを感じにくい状態にする方法です。眠ってしまうわけではありませんが、恐怖心や緊張を和らげることができます。
・静脈内鎮静法
静脈に鎮静剤を注入する麻酔です。
完全に眠ってしまうわけではありませんが、半分眠ったような状態で治療を受けるため、ほぼ何も感じません。
・全身麻酔
麻酔薬を投与して完全に眠った状態で治療を行います。
効果は高いですが、安全性を担保するため麻酔科の専門医とともに麻酔計画を策定した上で実施しなければいけません。
歯科治療についてご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。