土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

神経を失うということ

歯に激痛があり、歯科を受診された場合。
多くの場合が、歯の神経、もしくはその付近にまで虫歯が進行しており、歯の神経を取る処置をしなくてはいけなくなります。
歯の神経を取る。
これは、歯にとって大きなダメージです。
たとえ、同じくらいの大きさの虫歯であっても、神経を取るか、取らなくて済むかは、今後のその歯の寿命を大きく左右します。
歯は、根管と呼ばれる神経を通す管が中央部分にあります。
神経を取る治療とは、この根幹から神経を取り除き、洗浄消毒し、空洞になった根幹に専用のセメントを詰める治療になります。
この治療は非常に難しく、細菌が少しでも残っていたり、空気が入ってしまうと、そこから虫歯が再発したり、新しく「根尖病巣」という病気を引き起こす原因になります。
根管内での虫歯の再発、根尖病巣は、再度根管治療をやり直すことになり、その分歯の根はダメージを受けます。
そのようなことが繰り返されていると、歯の根はだんだんともろくなっていってしまい、いずれ咬合力によってひびが入ったり、割れてしまう原因になります。
歯の根は、割れてしまったら最後。
よっぽど運が良くない限り、抜歯になってしまいます。
そのようなことを引き起こさないためには、虫歯は痛くなる前に早期発見することが重要です。
しばらく歯科に行っていない、しみる歯があるなどと言う方は、お電話ください。
当院の紹介はこちら
/http://www.tdc.gr.jp/0540laser/

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。