土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

麻酔が効かない時とは

歯の治療の時に痛みが伴わないようにする麻酔。しかし中には麻酔が効かなくて治療に苦労した経験があると思います。
体質や飲酒が原因だと言われますが麻酔に使う局所麻酔薬は体質や飲酒により、効き目が左右されることはありません。しかし麻酔が効きにくい状況は存在します。
歯の治療のためする麻酔薬は、歯ぐきから注入し骨の内部に浸透してから、歯根周囲と歯の内部に繋がる神経をブロックします。
その麻酔薬が歯の神経に到達しないと麻酔が効きづらくなるのです。
それでは麻酔が効きづらい状況とはどんな時なのでしょうか?
1、ズキズキと痛みが激しく、炎症が強い時。
2、下の奥歯の治療の時(骨が厚く緻密なため麻酔が浸透しづらい)
3、骨格の太い男性(麻酔が浸透しづらい)
4、骨が固くなっている時(長い間虫歯を放置したり根の先に炎症が起きている場合、体が防御反応を起こし骨が硬くなると麻酔が効きづらい)
麻酔が効かないときは麻酔を追加しますが、効きづらい時は何本うっても本当に効かないんです。その場合は治療を中断したり我慢して治療するようになります。痛みがひどくなる前に治療することをおすすめします。
当院ではできるだけ痛みの少ない治療を心がけております。
当院の紹介はこちら
http:/www.tdc.gr.jp/

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。