土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※最終受付時間:午前診療12:00、午後診療18:00までです。
※当院は、「予約制」です。来院時はご予約下さい。
※水曜・土曜:午前診療のみ

columnblog

金属床義歯のメリットとデメリット

  • X
  • Facebook
  • Hatena
  • Pocket
  • RSS
  • feedly
  • Pin it

歯を失った時の治療法に「入れ歯治療」があります。
入れ歯は、保険内で作製する方法と、自費で作製する方法があります。保険内の場合は、決められた材料・作製方法でしか、入れ歯を作る事が出来ませんが、自費の入れ歯の場合は、ご自分の希望に合った材料・作製方法を選ぶ事ができます。
自費の入れ歯には、様々な種類がありますが、代表的なものの一つに「金属床義歯」があります。今日は、金属床義歯の特徴をメリットとデメリットを混じえて解説します。
<金属床義歯とは>
金属床義歯とは、粘膜の上ののせる土台部分である床(しょう)が、金属でできた入れ歯です。口を開けた時に見えやすい部分は、歯ぐきと似たピンク色の材料でできているので、金属がギラギラと目立てしまうことはありません。金属は丈夫なため、プラスチック製の保険の入れ歯と比較して、薄く作ることができます。
メリットとデメリットをまとめると次のようになります。
1. 金属床義歯のメリット
・ 装着時の違和感が少ない
・ 割れにくく丈夫
・ 食べ物の温度を感じ取りやすい
2. 金属床義歯のデメリット
・ 修理がなかなかできない場合がある
・ 自費のため費用が高価
保険の入れ歯で、装着時の違和感が強い場合などは、このように、金属床義歯など、自費の入れ歯を検討するのも一つの方法です。

自費診療なら、またバネが歯肉の色に近く自然な見た目を演出できるノンクラスプ義歯など、豊富な素材からお選びいただけます。
強度が高く長期間の使用でも劣化しにくいタイプが多いですが、破損すると修理が難しく作り直しになることがあります。当クリニックでは、患者様のご要望内容や費用感に合わせた入れ歯のご提案が可能ですので、ぜひご相談ください。

入れ歯(義歯)

  • X
  • Facebook
  • Hatena
  • Pocket
  • RSS
  • feedly
  • Pin it
電話 Web問診 お問い合わせ
ホーム 電話予約 Web問診 アクセス
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:00、午後診療18:00迄となります。
※当院は、「予約制」です。来院時はご予約下さい。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
インプラントネット
クレジットカードでもお支払い可能です。