土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

抜歯が必要になってしまうケース

歯は、一度失ってしまったら、元には戻りませんので、なるべく歯を抜かないようにするのが歯科治療の基本です。
しかし、虫歯や歯周病の進行が重度の場合は、抜かざるを得ない事があります。
また、放っておくと、他の健康な歯に、悪い影響がある場合は、抜歯の治療になります。
●重度の虫歯
虫歯の進行が進んでいる場合、抜かざるを得ない事があります。
例えば、虫歯が、歯の根っこ部分まで大きく広がっている場合は、治療が不可能な場合があります。
逆に、見た目は大きな虫歯に見えても、根っこの方まで進行していない場合には、歯を保存出来る場合もあります。
●重度の歯周病
歯周病が進行すると、歯を支えている骨が侵され歯を支えきれなくなり、ぐらぐらと動く状態になります。
歯が傾くほど動く場合には、歯周病がかなり進行している可能性が高く、抜歯になる事があります。
また、進行が中程度でも、隣在する歯にまで悪い影響を与えてしまう可能性が高い場合、抜歯をする事もあります。
●歯が割れてしまっている場合
特に、歯の根っこ部分まで縦方向に割れてしまっている場合には、抜歯せざるを得ない事があります。
ただし、歯ぐきから上の部分だけが割れている場合には、歯を残せる事が多いです。
いずれにしても、状態によっては歯を残せる場合もありますので、症状が悪化しないうちに歯科医院へ相談してみることをおススメします。
また、どうしても抜歯がに必要になってしまった場合の手段として、状態にもよりますが、インプラント治療という手段もございますので、もう駄目だとあきらめずに、一度ご相談にいらしてください。
当院のインプラント治療はこちら
http://www.tdc.gr.jp/0510implant/

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。