土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

妊娠中の歯科治療について

妊娠中でも歯科治療は受ける事ができます。
生まれてくる赤ちゃんの歯を健康に保つためにも、まずはお母さんのお口の中を健康にしていただきたいと考えています。
ただし、妊娠中歯科治療を受ける時には、注意するべきポイントがいくつかあります。
順番に説明していきたいと思います。
1. 治療内容
一般的な虫歯の治療や、歯石除去やPMTCといった歯のクリーニングは、受けても問題ありません。
虫歯治療では、レントゲン撮影や麻酔を使用する事があります。レントゲンは防護エプロンをし、X線照射はお口の周囲に限定しているので、問題ありません。
気になる場合には、レントゲン撮影はせずに可能な治療のみをする事もできます。
麻酔は、局所麻酔を使用しており、お腹の赤ちゃんへの影響はありません。
ただし、薬を服用する必要があるような抜歯等の外科治療はできるだけ避けた方が良いでしょう。
妊娠中は服用できる薬に制限があります。抗生物質や鎮痛剤を服用する必要がありそうな治療は、出産後の方が良いでしょう。
2. 治療時期
体調が安定している妊娠中期がおすすめです。
前期はつわりの影響で、歯科治療が苦痛になる事があります。
また、後期はお腹が大きくなり、歯科治療中の姿勢を保つのが辛くなってしまう事があります。
3. 定期検診
妊娠中は、できるだけ定期検診を受けるようにしましょう。
妊娠中は、身体に様々な変化が起きるように、お口の中にも変化が起きます。虫歯や歯周病になりやすい環境を作りやすいので、妊娠中に歯や歯ぐきがボロボロになってしまう事がないよう、定期検診を受け、必要な治療は出産前に受けておくようにしましょう。
出産前後の時期になって、歯の痛みがでてしまうと、出産時のコンディションにも影響します。
当院では、一般歯科治療を行っております。妊娠中の歯科治療などで、ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.tdc.gr.jp/

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。