土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

インプラント前に骨を「補填」する方法と「再生」する方法

失われた骨を代替するために、近年ではその審美性と耐久性の良さからインプラントをご希望される患者様も増えてきました。
しかし、全ての患者様に問題なくインプラントが適応できるというわけではなく、やはり難しい症例の場合もあります。
その代表的な例が、歯槽骨が足りないケースです。
インプラントでは土台となるチタン(合金)製のインプラント体を歯槽骨に埋め込み、インプラント体と骨を融合させることで人工の歯を固定化します。この時、そもそもインプラント体を受け入れる骨自体が少ない場合は、インプラント体を埋め込むことが物理的に不可能です。
そのような場合の処置として、骨再生と一般に呼ばれる方法で骨を人工的に造成することが検討される場合があります。
人工骨の材料としては、自分の骨、他者の骨、動物の骨、その他の骨補填材があり、どの材料を用いるかは患者様の口腔内の状態によって異なります。ここで注意したいことは、「再生」という名称で表現されることがありますが、多くの場合、ご自身の残された骨が増殖して再生されるという意味ではありません。人工の骨で「補填」するという意味です。
ただし、近年では組織自体を再生する方法も研究が進められてきています。
例えば、ハイドロキシアパタイト製骨補填材である「ネオボーン」は、従来の施術のように補填するというよりは、骨となる部分の「再生」を誘発させる原理になります。
また、「エムドゲイン」という薬剤もあり、こちらは歯周病等で破壊された歯根膜の再生を促します。本来、歯周組織を構成する歯根膜周辺の骨は、歯根膜以外で生成されることはないとされています。そこで、エムドゲインにより歯根膜を再生することで、骨自体の再生の誘発を試みます。その他、「GTR法」や「GEM21」と呼ばれる再生方法もあり、これらは総称して「歯周組織再生療法」と呼ばれています。
ただし、以上の骨再生を促す方法は一長一短であり、また適応できる症例も限られる場合があります。さらに、術者の技量によって得意不得意な施術があることも事実です。
したがって、骨が足りない場合も含めてインプラント治療全般をご検討される場合は、どの治療法が良いかというよりは、結局はインプラント実績が豊富な信頼できる歯科医院を選択することがベストであると言えます。
当院では、インプラント治療を受けられた患者様の声を公開しております。インプラント治療ご検討の際にご参考頂けましたらと思います。
http://www.tdc.gr.jp/

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。