土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

妊娠性歯肉炎とは

妊娠中は、身体に様々な変化が起こりますが、それは口の中も同様です。
お口の中も、妊娠によってホルモンバランスの影響を受け、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
その中でも、「妊娠性歯肉炎」という妊娠中に起こりやすい歯ぐきの症状について詳しく解説したいと思います。
妊娠性歯肉炎とは、妊娠中に増加するエストロゲンというホルモンの影響で、エストロゲンを好む種類の歯周病菌が増加する事で起こる歯ぐきの炎症です。
妊娠中、歯みがきをした時に出血するようになる事が多いのは、このためです。
妊娠性歯肉炎の多くは、出産後次第に治まってきますが、清掃状態が悪い事が続くなどして、歯周炎に移行してしまうと危険です。
「歯肉炎」は、炎症が歯ぐきに限局しているのに対し、「歯周炎」は歯を支えている骨(歯槽骨)まで侵されてしまう状態です。歯周炎は、放っておくと、歯は支えきれなくなって抜け落ちてしまいます。
胎児にも影響があります。妊婦の歯周病は、早産・低体重児出産のリスクが7倍も高くなると言われています。
妊娠中は、丁寧な歯みがきでお口の中の清潔を保つと共に、妊婦歯科検診を受けるようにしましょう。
つわり中で、歯みがきができない場合などもあると思います。
つわりがひどい時期は、口を頻繁にゆすいだり、出来る範囲で歯を磨くなどして乗り切りましょう。
当院では、妊娠中の歯科治療や歯周病治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.tdc.gr.jp/0525periodontitis/

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。