土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

インプラントと喫煙

インプラント治療中は、多くの歯科医院で禁煙を勧めます。
喫煙は、インプラント治療に悪影響があるのです。インプラントに与える影響をまとめると次のようになります。
【喫煙がインプラントに与える影響】
・ 手術で切開した傷が開いたり、治りが遅くなることがある
煙草に含まれるニコチンの作用により、治りかけの傷が開いてしまったり、傷の治りが遅くなってしまう事があります。傷の治りが悪いと、傷口が細菌感染してしまうリスクもあります。
・ インプラントが骨に結合しづらくなる
インプラントと顎の骨がしっかりと結合するには、十分な酸素と栄養が必要です。しかし、喫煙していると、ニコチンの作用により血管が収縮し、酸素や栄養が行き渡りづらくなります。その結果、インプラントと骨がうまく結合しないというトラブルを招く事があります。
・ インプラント周囲炎のリスクが高くなる
インプラント周囲炎とは、インプラントの周囲の粘膜・歯槽骨が炎症を起こす、いわばインプラントの歯周病です。喫煙していると、免疫力の低下、唾液分泌量の減少、組織への酸素や栄養の不足により、インプラント周囲炎のリスクが高くなります。
このように喫煙は、インプラントに悪影響を与えます。場合によっては、インプラントが骨と結合しないという失敗を招く事や、インプラントの寿命を短くしてしまう事があります。
インプラントを希望する場合には、とにかく禁煙をお勧めします。インプラントを禁煙にきっかけにしてみてはいかがでしょうか。
当院では、インプラント治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp/0510implant/

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。