土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

間違った歯のみがき方

虫歯や歯周病を予防し、お口の中を健康に保つ秘訣とも言える日々の歯みがきですが、間違ったやり方で行っていると効果がないばかりか逆効果になることすらあります。
今回は歯のみがき方の中でも、「間違ったやり方」を紹介しましょう。
・歯磨き粉をたっぷりと付けて歯みがきする
歯磨き粉のCMなどで、歯ブラシの端から端まで歯磨き粉を載せている映像がよくあります。
あの量は多すぎるんです。
歯磨き粉が多いと、すぐにお口の中が泡だらけになって全体的に歯みがきした気になってしまい、みがき残しができてしまいます。
本来、歯磨き粉なしでも構わないくらいですので、歯磨き粉の量は少量にしておきましょう。
・ゴシゴシと強くみがく
男性に多いのですが、力一杯ゴシゴシと歯をみがく人がいます。
そんなことをすると、歯の表面のエナメル質を傷つけることになりますし、歯茎にも余計な力がかかって歯茎が下がってしまいます。
歯茎が下がるのは知覚過敏のもとになりますし、プラークや歯石も溜まりやすくなってしまうんです。
・大きく動かしてみがく
歯みがきを面倒がる人に多いのですが、大きめのヘッドの歯ブラシを使って大きく動かして一気に歯みがきする人がいます。
そのようなみがき方をするとどうしてもみがき残しができてしまいますので、あまりおすすめできません。
1本1本丁寧に、細かく動かしてみがくのが理想です。
当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。