土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

口呼吸が及ぼす悪影響

いつの間にか、口で呼吸をする「口呼吸」になっている事はありませんか?
本来、人間は鼻で呼吸をするのが、自然な呼吸法です。
それが、風邪や鼻炎などがきっかけで、いつの間にか「口呼吸」が癖になってしまう事があります。
「口呼吸」は、お口の中や身体に様々な悪影響がありますので、鼻呼吸なるように改善していくのが望ましいです。
<口呼吸による悪影響>
・ 虫歯や歯周病のリスクが高まる
口の中が乾燥し、虫歯菌や歯周病菌が繁殖しやすくなります。そのため、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
・ 口臭が強くなる
お口の中の細菌が増殖するのに伴い、口臭が強くなります。
・ 歯並びが悪くなる
口が開けたままになっていると、唇が歯を内側に押し込む力が弱くなり、歯が前方に出るような歯並びになりやすくなります。
・ いびきや睡眠障害の原因になる
口呼吸は、口を開ける事により、上気道の喉の部分が狭くなり、いびきを引き起こします。また睡眠障害にもつながります。
・ 風邪などのウイルスが身体に入りやすくなる
口呼吸では、風邪などのウイルスが直接体内に侵入しやすくなります。そのため、口呼吸がある人は、風邪を引きやすい傾向にあります。
このように、お口の中だけでなく身体の健康にとっても、様々な悪影響があります。口呼吸が癖になっている方は、鼻呼吸に戻していけるようにしたいものです。歯科的な問題があり、口呼吸になっている場合もありますので、ご相談ください。
当院では、一般歯科治療、様々なお口に関わる相談をお受けしています。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp/

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。