土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

噛み合わせに影響する悪い癖

日常生活で自然に行っている”癖”は、もしかしたら噛み合わせに悪い影響を与えているかもしれません。
次のような”癖”がある場合は、噛み合わせに悪影響を及ぼす可能性があるので、注意が必要です。
1. 口呼吸
口呼吸が癖になっていると、口を開いている事が多くなり、舌や顎の位置が下がってしまい、歯並びが悪くなる事があります。
また、逆に歯並びや噛み合わせが悪い事が原因で、口呼吸になってしまう事があります。口呼吸→歯並び悪化→口呼吸の悪循環に陥ってしまう事があるので、注意が必要です。
2. 指しゃぶり
赤ちゃんの頃の指しゃぶりは、身体の発達上、誰でもある事ですので、気にする事はありません。しかし、4〜5歳過ぎても、指しゃぶりが癖として残っている場合には、歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼす事があります。
3. 頬杖
頬杖が癖になっていると、顎関節に負担をかけ、顎の骨のゆがみを招きます。子供の場合は、顎の成長の妨げになり、歯並びに影響する事もあります。
4. 舌癖
口を閉じている時は、舌の先が、上の前歯の付け根あたりについているのが正常です。
しかし、舌を動かす癖があり、歯を外側に押すように力を入れているなどがあると、知らず知らずのうちに歯を動かしてしまい、歯並びが悪くなる事があります。
5. 猫背などの悪い姿勢
猫背などの悪い姿勢を続けていると、身体にゆがみを生じ、噛み合わせが悪くなってしまう事があります。
6. 片方の歯でばかり噛む
片方の歯でばかり噛んでいると、左右アンバランスとなり、顎に歪みを生じてしまう事があります。顎の歪みは悪い噛み合わせの原因になります。
いかがでしたでしょうか。思い当たる”癖”がある場合には、止めていけるようにしましょう。
なかなか止められない場合には、歯科医院で癖を止めるための指導や治療を行うので、ご相談ください。
当院では、矯正治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.tdc.gr.jp/0545orthodontics/

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。