土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

歯周病の自覚症状

歯周病は、初期の段階では自覚症状がとても少ない病気です。「サイレント・ディシーズ(静かなる病気)」と言われ、症状が少ないまま、いつのまにか進行していく怖い側面を持っています。
日本人の成人の約7割が、歯周病罹患している、もしくはその予備軍だと言われています。
それだけ多い人数の人が罹患する病気にも関わらず、自分が歯周病だと自覚がある人は少ないように思います。
歯周病は放っておくと、歯を支える顎の骨(歯槽骨)を溶かしてしまい、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。
歯周病は自然に治る事はありませんので、歯周病から歯を守るためには、早い段階で歯周病に気がつき、適切な治療・予防をしていく事が大切だと言えます。
痛みがでる頃には、歯周病は重度にまで進行してしまっている事があります。
症状の少ない初期の段階で、早めに気がつき、受診をするようにしましょう。
歯周病の自覚症状には、次のものがあります。
<歯周病の自覚症状>
・ 歯ぐきからの出血
歯みがきの時に、歯ブラシの毛に血が付いたり、吐き出した水に血が混じっていたら、歯ぐきから出血している可能性があります。
・ 歯ぐきの腫れ
健康な歯ぐきはピンク色に引き締まっています。
赤くブヨブヨとしている場合は、歯ぐきに炎症が起きています。前歯の歯と歯の間部分の歯ぐきを見るとチェックがしやすいです。
健康な場合は三角形をしていますが、炎症が起きている場合には、赤く丸くなっています。
・ 硬い物を噛む時に痛む
硬い物や、噛み応えがあるものを噛んだ時に痛む場合には、歯の周りの組織に炎症が起きている可能性があります。
これらは、割と初期の段階でも現れる症状ですが、歯周病が進行してくると、次のような症状も現れるようになります。
・ 歯ぐきから膿がでる
歯ぐきを押さえると膿が出る場合には、歯周病がかなり進行している可能性があります。口臭もひどくなっている可能性が高いでしょう。
・ 歯がぐらぐらと動く
歯を指で押した時にぐらぐらと動く場合には、歯を支える歯槽骨がかなり溶かされてしまっているという事です。歯を残せなくなる可能性もあります。早めの受診が必要です。
自分で気がつく症状が合った場合には、できるだけ早めに受診をし、歯周病から歯を守っていきましょう。
当院では、歯周病治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.tdc.gr.jp/0525periodontitis/

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。