土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

親知らずの痛み

「親知らず」が生えている人は、「痛くならないか?」「抜いた方が良いのか?」という不安をお持ちの方が多いでしょう。
親知らずは、前から数えて8番目にある歯で、もともとある人と無い人がいます。
個人差がありますが、20歳前後で生えてくることが多いので、「親知らず」というように言われています。
大昔は、親知らずはしっかりと噛み合って機能していたとされていますが、次第に人類の顎は退化して小さくなり、現在は親知らずが生えるスペースが足りなくなる事が増えてきました。
そのため、横や斜めに生えてきたり、手前の歯を押すなどのトラブル起こしやすくなっています。
親知らずが痛むのには、どのような原因が考えられるのか、まとめると次のようになります。
【親知らずの痛みの原因】
・ 智歯周囲炎
親知らずに起こりやすいトラブルの一つです。親知らずが斜めに生えていたり、半分歯ぐきにかぶっているなどするために、親知らず周囲が不衛生になることで、局所的な歯周病「智歯周囲炎」になる事があります。
・ 周囲の歯を押す事による痛み
斜めや横向きに生えてくる事によって、手前の歯などを押してしまい痛みが生じる事があります。
・ 親知らずが生えてくる痛み
親知らずが生えてくる時に生じる痛みです。生えてきたら痛みは治まります。まっすぐに生えてきていれば、問題ありません。
・ 親知らずによる噛み合わせの歪みから生じる顎関節の痛み
親知らずが片側だけ生えてくるなどすると、噛み合わせが歪むことがあります。その結果、スムーズな顎の動きができなくなり顎関節が痛むことがあります。
このように痛みなどのトラブルを起こしやすい状況になっている親知らずは、「抜歯」を勧めることが多いです。
ただし、顎の中にしっかり埋まっていてトラブルを起こす可能性が低い親知らずや、反対側の歯としっかり噛み合っている親知らずは無理に抜く必要はありません。
親知らずに痛みが起きないか、不安を感じている場合には、20歳頃の親知らずが生えてくる時期が近づいたら、歯科医院を受診して、親知らずの状況を検査してもらうようにすると良いでしょう。
当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。