土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

親から子への虫歯菌感染

親のお口の中の虫歯菌は、子供に感染する可能性があります。
「虫歯菌の母子感染」というのを聞いた事がある人も居るかもしれません。
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は存在しません。そのまま歯が生えてきても、虫歯になる事はありません。
ところが、生活を共にするうちに、周囲の大人のお口の中の虫歯菌が、子供に感染していくのです。
虫歯菌の感染を完全に防ぐ事は無理ですし、そこまで神経室になる必要はありません。しかし、虫歯菌が感染しやすい”歯の生え始めの時期”から”乳歯が生えそろうまでの時期”に、虫歯菌の感染を防ぐ事は、その後の虫歯予防に非常に効果的です。具体的には、2歳半〜3歳くらいまでの間、大人からたくさんの虫歯菌が感染しないように注意することが大切です。
虫歯菌の感染を防ぐために、次の2点について、特に注意しましょう。
1. 食器の共用をしない
特に口をつけるコップやお椀などの食器や、お箸やスプーンを共用しないようにしましょう。また、一度大人が口の中に入れたものを、子供に与えないように注意しましょう。一昔前は、離乳食の時期に、大人が噛み砕いたものを子供に与えていた事もあります。今の祖父母世代の方は、まだそのような認識がある場合もあるので、身近な大人の間で確認しておくと良いでしょう。
2. 親子共にデンタルケアに注意する
虫歯菌の感染を恐れて、スキンシップを過剰に恐れる必要はありません。それよりも、親子共に毎日の歯磨きや定期検診をしっかりと行い、虫歯菌の少ないお口の中にする事が大切です。
治していない虫歯がある場合は、赤ちゃんが生まれる前に治療を済ませておくのがベストです。
当院では、小児歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp/0553child/

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。